定岡正二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
定岡 正二
薩摩 総監督 #3
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿児島市
生年月日 (1956-11-29) 1956年11月29日(65歳)
身長
体重
184 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1974年 ドラフト1位
初出場 1977年5月18日
最終出場 1985年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

定岡 正二(さだおか しょうじ、1956年11月29日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身の元プロ野球選手投手)で現在はタレント野球解説者、野球指導者。愛称は「サダ」。あるいは「サダさん」「サダ坊」。(株)エストゥー所属。「定岡三兄弟」の次男であり、兄の定岡智秋、弟の定岡徹久、甥の定岡卓摩も元プロ野球選手である。義理の妹は元女優の斉藤浩子(徹久の妻)。

経歴[編集]

高校時代[編集]

鹿児島実高在学中、2年生と3年生の夏にそれぞれ全国高等学校野球選手権大会に出場。

2年生の時は日大山形高相手に代打でわずか1打席の出場にとどまったが、3年生になるとエースとして鹿児島県勢初のベスト4進出を果たす。準々決勝では原辰徳が在籍していた東海大相模高との延長15回にわたる熱戦を勝ち抜いた。準決勝の防府商高戦では、3回に右の手首を負傷。交代を余儀なくされた上、チームはサヨナラ負けを喫するが、その悲劇性と甘いマスク、高い実力が相まって女子中高生から絶大な人気を得た[1]

巨人時代[編集]

1974年プロ野球ドラフト会議で、読売ジャイアンツから1位指名を受け入団。しかし、本人は後年、「阪神タイガースへ入団したかった」と述べている。

入団後は二軍暮らしが続き、腰痛もあって1979年オフの地獄の伊東キャンプは不参加となったが、それに奮起して長嶋茂雄監督最終年の1980年にプロ入り初勝利を含む9勝を挙げた[2]

藤田元司監督就任の最初のシーズンである1981年、4月11日の阪神タイガース戦で初回先頭打者北村照文二塁打を打たれた後、打者27人連続でアウトを奪い準完全試合となる完封を達成した。最終的にはプロ入り初の2桁勝利(11勝)を挙げ、同年の4年ぶりのリーグ優勝や1981年の日本シリーズ制覇に貢献した。

1982年にはオールスターにも出場、自己最多の15勝を挙げ、同年代の江川卓西本聖とともに3本柱として活躍する。

1983年は春先から好調を維持し、開幕2か月で6連勝を含む7勝1敗とハーラートップを走っていた。しかし、牽制球の際に持病の腰痛を発症し、以降は調子を落とす。先発とリリーフの併用が続き、8月に二軍落ち。二軍で2試合連続完投勝利を挙げ、9月に一軍復帰するも調子は戻らず、6月以降は1勝も挙げることができないままシーズン終了、結局、この年は7勝7敗に終わる。

1984年に入ってもなかなか復調せず、この年の9月以降はリリーフに回る。シーズンでは自己ワーストの10敗を記録。

1985年には、槙原寛己斎藤雅樹が先発で台頭したことを背景に、一軍定着後初めてリリーフへ専念。自己最多の47試合登板で、4勝3敗2セーブ、防御率3.87という成績を残した。一軍のシーズン最終戦であった10月24日の対阪神戦(後楽園球場)では、チームが8点差を付けられていた8回表一死一塁から登板すると、打者1人を併殺打に打ち取ってマウンドを降りた。しかし、翌25日に球団関係者から突然呼び出され、近鉄バファローズへのトレードを通告される[3]

巨人は当初、前年(1984年)のセントラル・リーグ首位打者だった篠塚利夫との交換を条件に、正二塁手の大石大二郎を獲得することを近鉄に打診。近鉄側がこの打診を断ったため、定岡とベテラン捕手・有田修三の交換を軸に、3対3のトレードを改めて持ち掛けていた。しかし、このような事情をよそに、定岡はトレードの通告を拒否。本人が後に明かしたところによれば、通告された時点では「『(直近数シーズンの実績を考えれば)通告を拒否しても巨人に残留できる』と思っていた」という。これに対して、巨人では定岡が近鉄への移籍を承諾することを想定していたため、翌1986年の戦力構想へ定岡を入れていなかった。そのことが後の話し合いで判明した結果、定岡は球団幹部から「近鉄への移籍」か「巨人での引退」を迫られた末に、29歳の若さで任意引退を決断[4][5]。巨人でも人気の高かった定岡による突然の引退表明は、野球界以外にも大きな波紋を呼んだ(詳細後述)。ただし、引退会見では、芸能界へ転じる意向がないことを明かしていた。なお、巨人と近鉄は、定岡の引退表明後も交換トレードを模索。その結果、有田と淡口憲治山岡勝による1対2の交換トレードが1985年内に成立した。

現役引退後[編集]

引退翌年の1986年2月に、アイク生原(当時はMLBロサンゼルス・ドジャースのオーナー補佐)の紹介によって、ドジャースのスプリングトレーニング(春季キャンプ)へ打撃投手として参加している。定岡本人によれば、「ジャイアンツを辞めた後にミスター(現役時代の監督だった長嶋茂雄)がアイク(生原)さんに連絡してくれたおかげで、ドジャースの(春季)キャンプに参加できた。そのおかげで、現役生活への未練をきっぱり切れたばかりか、引退後も野球を嫌いにならずに済んだ」とのことである。キャンプ中には、当時の主力投手(フェルナンド・バレンズエラオーレル・ハーシュハイザー)と同等の待遇を受けていて、ゲーム形式の打撃練習にも登板。自分の思った以上にスライダーが通用した結果、5イニングほど抑えられたため、ラソーダ監督から「サダオカ、お前、アメリカに残れ」という言葉を掛けられたという[6]

ドジャースのキャンプから日本への帰国を経て、1986年4月から『JNNスポーツチャンネル』(TBS)のスポーツキャスターに転身。野球解説者として同局のプロ野球中継へ出演するかたわら、2001年までは、イザワオフィス所属のタレントとして活動の場をバラエティ番組にも広げていた。日本テレビ制作の『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(『生ダラ』)では、ゲストとしてへ出演した際に「おちゃのこさいさい」を「へなちょこさいさい」と言い間違えたことから、「へなちょこサダ」という異名を取ると共に準レギュラーへ起用。この頃から一時、非スポーツ系のタレント活動が主体になっていた。1997年には『生ダラ』の企画で、石橋貴明とんねるず)、デビット伊東B21スペシャル)と共に“ANDY'S”という音楽ユニットを結成。「FREEDOM」というシングルCDのリリースに至った[注 1]

1990年には、「チームサダオカwithゼンリンTS九州」の監督として、鈴鹿バイクレースに参戦していた。その一方で、故郷の鹿児島県から国鉄鹿児島鉄道管理局野球部の廃部(1987年)以降社会人野球へ参加するチームが途絶えていたことを背景に、2005年からは県内で社会人野球クラブチームの創設に尽力。県内最初のクラブチームとして同年に結成された鹿児島ドリームウェーブの監督(詳細後述)を経て、2006年には薩摩(県内2チーム目のクラブチーム)を自ら創設するとともに、監督を兼務した。なお、薩摩の監督就任に際しては、任意引退扱いで退団した巨人を通じてNPBに自由契約扱いへの変更を申請。同年8月15日付で、自由契約選手としてNPBから公示された[7]。NPBによる1999年の規約変更に伴って、定岡のようにNPB加盟の球団へ選手として所属した者がアマチュア野球の選手・指導者へ転身するためには、NPBで最後に所属した球団を通じて自由契約の手続きを要することによる(当該項に詳述)。なお、薩摩は2006年9月19日に日本野球連盟への新規登録が認められたが、2019年2月28日付で活動を休止している。

さらに、『生ダラ』の終了やイザワオフィスとのマネジメント契約満了が重なった2001年から、バラエティ番組への出演の頻度が減少。「FNSの日」の2007年放送分では鹿児島テレビからの生中継でプレゼンターを務めていたが、自身の希望や上記の監督職などとの兼ね合いで、スポーツ関連の活動に重点を移している。

TBSとは引退翌年(1986年)から野球解説者としての契約を結んでいたものの、テレビ・ラジオのプロ野球中継には「リポーター」という肩書で数年間出演していた。その背景には、巨人時代の先輩選手で1982年から解説者契約を結んでいた張本勲が、日本プロ野球公式戦における通算最多安打(3085安打)を樹立していた現役時代の実績を楯に、「(公式戦通算51勝で自分より若い)定岡へ自分と同じ『解説者』を名乗らせるのはなぜか?」と異議を唱えたことによる影響が関係者から指摘されている[8]

なお、「野球解説者」としては2000年までテレビ・ラジオとも中継に出演していたが、2001年からはTBSとの契約をラジオ中継(TBSラジオ制作分)に限定。テレビについては、『スポーツTODAY』(テレビ東京)の週末版でメインキャスターを務めていた期間(2001年 - 2004年)に、同局制作の中継で解説を担当していた。TBSラジオによる自社向け中継制作業務の撤退(2018年)の数年前からは、裏送り向けに制作する関東圏の球場での試合(主に横浜スタジアムでの横浜DeNAベイスターズ主催試合)中継を随時解説する程度にとどめている。2021年現在はTBSラジオ製作分の裏送りで野球解説者として引き続き出演している。

第100回全国高等学校野球選手権記念大会が開催された2018年には、7月9日の鹿児島大会開会式後の始球式に登場。鹿児島実業高校でバッテリーを組んでいた尾堂栄一を相手に、内角へ速球を投げ込んだ[9]。さらに、甲子園球場での本大会で第1日から準々決勝開催日まで「レジェンド始球式」が第1試合に組まれたことを受けて、「高校野球100年の歴史に名を残したレジェンド」の1人として第3日(8月7日の1回戦・第1試合前)の始球式へ再び登場した[10]

選手としての特徴[編集]

ストレートカーブを投げ分けながら、勝負球にスライダーを用いたオーソドックスなオーバースロー右投手。巨人への入団後は、一軍公式戦での初勝利に6年を要したものの、広島東洋カープ打線との相性が良かった[11]。先発ローテーションに定着していた1981年には11勝のうち6勝、1982年には15勝のうち7勝を対広島戦で挙げている。入団当初から制球力の高さは評価されていたが、速球や変化球には特徴がなかったことから習得した決め球のスライダーは、現在でいうカットボールであったという[12]。しかし、かねてから右肘や腰に痛みを抱えていた影響で、1983年から先発登板の機会が徐々に減少。ロングリリーフに活路を見出していた。引退の2年後(1987年)に刊行された著書『OH!ジャイアンツ』(CBSソニー出版)によれば、右肘の痛みは深刻で、1985年にはシーズン中から引退を考えていたほど悪化していたという[3]

人物[編集]

高校時代から人気は絶大で、地元のバス会社が、当時住んでいた実家を観光バスで回るルートを設けたという[13]。巨人への入団後もその人気は衰えず、平日に先発が予告されていたイースタン・リーグのデーゲームに1万5,000人、当時の練習場だった多摩川グラウンドでの練習に2万人ものファンが詰めかけるほどだった[6]

西本聖沢村栄治賞を獲得した際、定岡だけは祝福してくれたと西本は語っている。

1985年のシーズン終了直後に巨人から近鉄へのトレード通告を拒否したあげく現役を引退した際には、「『野球を辞めるのは巨人のユニフォームを脱いだ時』と決めていたことを実行させてもらっただけ」と語ったこと[14]もあって、野球専門誌ではない『週刊ポスト』や『週刊明星』まで特集記事を組むほど大きな波紋を呼んだ[3]。引退後に『週刊ベースボール』の企画で篠塚・川口和久(いずれも巨人OB)との対談へ臨んだ際には、近鉄球団にはトレードを通告された時点で特別な感情がなかったものの、一軍公式戦で初勝利から6シーズンで51勝を挙げていた自分を他球団へ移籍させることへの疑問が高じて引退を決めたことを明かしている[6]

クイズダービー』『マジカル頭脳パワー!!』等のクイズバラエティ番組に出演すると、必ずとんちんかんなことを言ったり、理解に苦しむような的外れな解答などを担当するため「脳が筋肉」と当時は揶揄されていた。また『クイズダービー』では、2枠レギュラーの井森美幸が定岡の大ファンで、井森の解答が定岡と全く一緒だと井森は不正解でも大喜びしていたが、定岡はその度に困惑した表情を浮かべていた。しかし『マジカル頭脳パワー!!』では、記憶力や瞬発力を必要とするの問題は得意としており、ゲーム終盤まで残ったり優勝したときには共演者から驚かれることもあった。その一方で、表現力が必要となる問題は苦手としており、特にジェスチャー伝言ではそれ迄上手く伝わっていたものを壊すことが多く、客席からよくブーイングを食らっていた。

好きなタイプは八千草薫[注 2]で、1990年には、プロ野球関係者として初めてベストジーニスト(協会選出部門)に選ばれている。

46歳の時、『筋肉番付』のストラックアウトで冗談を言いながら投球、1球も外す事無くパーフェクトクリアしている。

2005年、アマチュア野球チーム「鹿児島ホワイトウェーブ」の監督に就任。8月16日には鹿児島県立鴨池球場で「茨城ゴールデンゴールズ」との試合を行い、初采配を白星で飾っている。定岡は鹿児島ホワイトウェーブの総監督に坂上二郎を招聘し、2006年5月6日に実現している。同年5月7日には県立鴨池球場でゴールデンゴールズと試合を行い、「コント55号対決」を実現させたことから、スポーツ紙などで大きく報じられた。

特技は利き水。番組で、7つの地域の天然水と日本の水道水を飲み比べ、パーフェクトまであと一歩のところまで行っている。また、女性と握手しただけで出身地や血液型、誕生月、家族構成を当てるという能力を持っており、披露した際には完璧に当てていた。本人いわく「イメージが降りてきて分かる」とのことだが、やった後は疲労が溜まるらしい。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1977 巨人 9 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 74 15.1 19 5 12 1 0 9 0 0 14 14 8.40 2.02
1978 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 11 2.0 5 1 0 0 0 1 0 0 2 1 4.50 2.50
1979 7 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 66 14.0 20 3 7 0 1 11 0 0 12 9 5.79 1.93
1980 28 22 5 1 0 9 8 0 -- .529 600 149.1 126 17 50 5 2 96 3 1 55 42 2.54 1.18
1981 31 30 5 3 1 11 7 0 -- .611 817 196.2 185 25 59 5 5 122 1 0 85 81 3.70 1.24
1982 30 27 10 3 0 15 6 0 -- .714 812 189.1 196 16 68 2 3 85 1 0 80 69 3.29 1.39
1983 29 21 2 0 0 7 7 0 -- .500 549 117.0 145 18 47 3 5 59 1 2 82 65 5.00 1.64
1984 32 17 0 0 0 5 10 1 -- .333 488 114.0 120 17 37 4 3 68 2 0 60 58 4.58 1.38
1985 47 0 0 0 0 4 3 2 -- .571 307 74.1 66 7 25 1 1 41 1 0 37 32 3.87 1.22
通算:9年 215 120 22 7 1 51 42 3 -- .548 3724 872.0 882 109 305 21 20 492 9 3 427 371 3.83 1.36

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 20 (1975年 - 1985年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

現在
過去

出演CM[編集]

音楽[編集]

  • ガラスの微笑み(1982年)
  • FREEDOM / ANDY'S(1997年)

出演映画[編集]

著書[編集]

  • 華麗なるこの一球―熱球悲願(1982年)

出演ドラマ

踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル(1998年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 定岡はベースを担当していたが、『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジテレビ)に「ANDY'S」として出演した際に、自身の役割(ベーシスト)を「ベーサー」と言い間違えたことで共演者の爆笑を呼んでしまった。
  2. ^ ねるとん紅鯨団に出演時に記載

出典[編集]

  1. ^ 鹿児島実(鹿児島) 定岡正二投手〔1〕”. 時事通信社. 2021年7月1日閲覧。
  2. ^ 【私の失敗(1)】定岡正二、腰痛で「伝説の伊東キャンプ」参加できず (1/2ページ)”. SANSPO.COM(サンスポ) (2015年6月9日). 2021年7月1日閲覧。
  3. ^ a b c トレード拒否、28歳で引退した元甲子園のアイドル【定岡正二・最後の1年】”. BASEBALL KING (2020年4月30日). 2021年7月1日閲覧。
  4. ^ 【トレード物語03】定岡正二、トレード拒否から即引退【85年】”. 週刊ベースボールONLINE (2017年11月9日). 2021年7月1日閲覧。
  5. ^ 空前のフィーバーを巻き起こした定岡正二氏が直面した光と影”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2015年4月15日). 2021年7月1日閲覧。
  6. ^ a b c 練習で2万人のファンが…トレード拒否し、29歳で現役引退 通算51勝挙げた巨人のドラ1右腕は”. 週刊ベースボールONLINE (2021年2月13日). 2021年4月7日閲覧。
  7. ^ 自由契約選手 2006年度公示”. 日本野球機構. 2018年10月1日閲覧。
  8. ^ 張本パワー全開 江川紹子問題に一喝「話を持ってくるな」”. ZAKZAK (2010年7月6日). 2010年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月13日閲覧。
  9. ^ 始球式で投げる定岡 高校野球県予選”. 南海日日新聞 (2018年7月10日). 2021年7月1日閲覧。
  10. ^ 定岡氏始球式「力入った」タイブレーク「良かった」”. 日刊スポーツ (2018年8月7日). 2021年7月1日閲覧。
  11. ^ 【衝撃】日本記録保持者が語る嫌だった投手について語ります! - YouTube
  12. ^ 定岡正二 スライダー習得で花開いた“アイドル投手”/プロ野球1980年代の名選手”. 週刊ベースボールONLINE (2018年9月20日). 2021年7月1日閲覧。
  13. ^ 江川と西本2巻 188p〜189p
  14. ^ 【トレード物語03】定岡正二、トレード拒否から即引退【85年】”. 週刊ベースボールONLINE (2017年11月9日). 2021年7月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]