西崎幸広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西崎 幸広
埼玉武蔵ヒートベアーズ 監督 #21
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県大津市
生年月日 (1964-04-13) 1964年4月13日(58歳)
身長
体重
181 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1986年 ドラフト1位
初出場 1987年4月11日
最終出場 2001年9月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
西崎 幸広
人物
国籍 日本の旗 日本
職業 野球評論家
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年2月17日 -
ジャンル 野球
登録者数 3970人
総再生回数 389,219回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年10月25日時点。
テンプレートを表示

西崎 幸広(にしざき ゆきひろ、1964年4月13日 - )は、滋賀県大津市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。現在は野球解説者タレント埼玉武蔵ヒートベアーズ監督。長女は女優西崎あや、次女はタレント西崎莉麻

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

滋賀県立瀬田工業高等学校に入学し、1年夏にチームは第62回全国高等学校野球選手権大会に出場。県大会ではベンチ入りするが、本大会ではメンバー外となっている。この時、2学年先輩には橘高淳(元阪神捕手、現プロ野球審判員)がいた。3年の時に第54回選抜高等学校野球大会に出場し、この大会は背番号「10」ながらも投手の2本柱としてマウンドを踏んでいる。

当初は就職(社会人野球)を希望していたが愛知工業大学へ進学。夜間部に在籍しながらアジア航測CAD操作のアルバイトをし、パートさんのアイドル的存在となる。当時の愛知大学野球リーグの通算最多勝利(37勝)、シーズン最多奪三振(1986年春季95個)、1試合最多奪三振(1986年春季23個対名院大)などの記録を作る。1985年明治神宮野球大会で3年生ながら愛工大のエースとして投げ、準優勝という好成績を収めると翌1986年の明治神宮野球大会では愛工大を優勝に導いた。大学の2学年後輩には平井光親がいた。

1986年のドラフト会議にて日本ハムファイターズ近藤真一を1位指名したがクジを外したため、外れ1位で西崎が1位指名を受けた。[1]。ドラフト会議の際は、系列の愛工大名電高校山崎武司(中日2位指名)と同席し、指名を待っていた。入団決定後は球団のエースナンバーである21を用意される。

日本ハム時代[編集]

1年目の1987年からキレのいい140km/h後半のストレートと鋭いスライダーを武器に活躍。近鉄バファローズ阿波野秀幸新人王の座を争う。勝利数は同じ15で防御率もほぼ同じ、負け数は西崎の方が5つ少なかったが、投球イニングと奪三振で両リーグ最多を記録した阿波野が選出された。しかし通常の年なら新人王に値する成績を残したことが評価され、パ・リーグ会長特別賞を受賞した。尚、この年の9月27日対南海ホークス25回戦の練習中に左太腿(内転筋)を肉離れをし、マウンドに上ったが初回で降板。この太腿(内転筋)肉離れが現役時代故障癖となり苦しむ。

1988年は、松浦宏明(日本ハム)・渡辺久信(西武)と並んで最多勝を獲得し、エースの座を不動のものにした。ファン投票選出された1988年のオールスターゲームでは開場間もない本拠地・東京ドームにおける第3戦で同僚の田村藤夫と先発し、打者9人をパーフェクトに抑えた。

実績だけではなく、長身に細身の体型、甘いマスク、お洒落な私服という、そのルックスの良さでも注目を集めるようになり、当時流行していたトレンディドラマになぞらえ、阿波野、西武の渡辺久信、阪急・オリックスの星野伸之と共に「トレンディエース」というニックネームで呼ばれるなど、従来の野球選手像を覆すアイドル的存在として女性を中心に圧倒的な支持を受けた[2]。球団の公式グッズとして、センサー内蔵の「近づくと声の出るポスター」が発売されたり、ファッション雑誌MEN'S NON-NO』では表紙を飾り特集も組まれるなど、プロ野球選手の枠を超えた活躍も見せた。

阿波野秀幸と比べると、1987年から1990年の合計勝利数はぴったり同じ58勝で、まさにライバルと呼ぶにふさわしい数字が残っている[3]

1990年代に入ると、長年の登板過多により新人時代に痛めた内転筋の状態も悪化を辿り、成績にも影響しだす。

1991年オフの契約更改交渉後、持っていたセカンドバッグを投げ出し「評価が低すぎる、一歩も引かない」と、日ハム球団の辛口査定と対立した[4][5]

1993年には、チームが優勝争いする中、好成績を挙げたが終盤に内転筋を痛め、戦線離脱。あと一歩のとこで優勝を逃す。

1995年には、7月5日の西武ライオンズ戦でノーヒットノーランを達成。

1996年には、最多勝争い・最優秀防御率争いに加わりチームの優勝争いに貢献した。

1997年は、2年ぶりに開幕投手として登板したものの4回を終えたところで内転筋を痛め、降板。翌日には一軍登録を抹消。7月に復帰し、約1ヶ月先発ローテーションに入り3勝を挙げたが8月に寝違えで予告先発を回避し、代わりに芝草宇宙が先発登板した(尚この寝違いは実際は頚椎ヘルニアの重症だったことを後に本人が語っている[6])。一軍登録を抹消されその後も首脳陣との対立もあり一軍登板することなくシーズンが終了、入団最低の成績で終わる。

西武時代[編集]

1997年オフにFA交渉を控えた矢先に球団から突如実質戦力外通告とも言える扱いを受け(本人は成績不振もありFA権を行使せずに残留を予定しマスコミにも行使はしないと明言したが、10月3日に日本ハムからFA宣言をしない場合はトレード要員もしくは自由契約にすると通告を受けた[7])、石井丈裕奈良原浩との1対2の交換トレード西武ライオンズへ移籍。日ハム球団は移籍先についてはこれまでの貢献を考慮し、西崎の要望を聞く姿勢であり、西崎は「何とか見返してやりたい」という考えで日ハムと同じパの在京球団であった西武ライオンズを希望した。この話を受けて当時の西武監督であった東尾修は西崎に「オレのところでやれば再起できるぞ」と呼びかけ、半ば球団から戦力外扱いを受けた西崎に対して石井・奈良原両名を出してまで獲得に動いた[8]。東尾は現役時代の自らの背番号である21を与え、翌年オフ入団の期待の新人・松坂大輔にエースの心得を授けるべく、「西崎を手本としろ」と松坂に言っている。

1998年には、頚椎ヘルニアのリハビリもあり、キャンプから別メニューだったが脇腹痛などの故障で更に二軍調整が長引き、満足な働きができず自己ワーストの成績に終わる。しかし同年のシーズンに初出場した横浜ベイスターズとの日本シリーズ第3戦・第4戦でのリリーフ登板での好投[注 1]がきっかけで1999年には、抑えへ転向し、20セーブを挙げる。松坂のプロ初勝利の際も抑えとして登板し、セーブを記録した(マスコミ注目の松坂の初登板・初勝利がかかった試合だった為プロでも1.2を争う程の緊張したと後に語っている)。

2000年には、主に先発が早々にノックアウトされた際に登板する機会が増え、3勝0敗を記録し、7月からは先発にも復帰する等6勝1敗、防御率も3点台と好成績を残したが、この頃から再び故障がちになる。

2001年は、開幕3試合目に登板したがわずか0回1/3で故障降板、6月末に復帰し、初勝利を記録したがそれが現役最後の勝利に終わり、その後は3連敗を記録したが内容は決して悪いわけでもなく球速は140kmはまだ出ていたので本人は現役続行を考えていたが、この年に監督の東尾が退任。以前東尾が辞める時は自分も辞めると公言してした為、それを守る形でこの年のシーズン限りで現役を引退[9][10]

引退後[編集]

2002年から2004年NHK2005年からは東北放送北海道放送2006年まで)、スカイ・A sports+(主に楽天戦の解説、2012年よりJ SPORTSに放映権が移行。その後、日テレプラスに放映権が移行した後、J SPORTSが、再び放映権が移行)、テレビ埼玉などのプロ野球中継で野球解説を担当し、2007年からは、札幌テレビSTVラジオの解説を務める傍ら、日本ハムOB会副会長を務め、2008年より木田勇に代わり、会長に就任する。

2022年12月21日、埼玉武蔵ヒートベアーズの監督に就任したことが発表された[11]

選手としての特徴[編集]

140km/h台中盤から後半のキレの良いストレートを軸にスライダー、カーブ、フォークなどを投げる右の本格派としてプロ入りし、80年代末から90年代にかけて日ハムのエースピッチャーとして名を馳せた。

最大の武器であった変化球のスライダーは大学時代にレクリエーションでサイドハンドからカーブを投げてみた際に大きな変化をしたため、本来のフォームでも少し調整してスライダーとして試しに投げてみた所、これは使えると感じたという。そして、試行錯誤の末に右打者から三振を奪う用の大きめの変化をするスライダーと、中指でカットする動作を加える事で左打者のインコースに小さく切れ込み、凡打を誘うスライダー(現在で言うカットボール)の二種類を投げ分けることで大きく投球の幅が広がり、更に右打者が腰を引くような軌道からインコースで見逃しを取るスライダー(インスラ)も身に着けた事で明治神宮野球大会で優勝を飾り、「大学球界屈指の好投手」としてプロのスカウトから注目されるようになるまでに成長を遂げた[12]

また、ストレートは体がバランスよく投げられている時はわずかにスライダー回転をしており(いわゆる真っスラ)、バッティングピッチャーとして登板した西崎の球を実際に打った日ハムのチームメイトだった片岡篤史は左打者だったため「重い」と感じたという[13]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1987 日本ハム 30 28 16 4 1 15 7 0 -- .682 893 221.1 185 20 62 4 5 176 7 0 77 71 2.89 1.12
1988 29 29 21 4 4 15 11 0 -- .577 983 241.2 211 22 73 3 0 181 1 0 74 67 2.50 1.18
1989 27 27 17 2 2 16 9 0 -- .640 838 208.0 160 27 76 1 1 164 2 0 85 82 3.55 1.13
1990 28 27 10 2 0 12 13 0 -- .480 823 192.2 177 28 88 1 3 154 4 0 92 83 3.88 1.38
1991 19 15 7 1 0 10 6 1 -- .625 486 116.2 93 12 53 0 3 70 5 0 48 41 3.16 1.25
1992 21 16 9 2 1 6 10 0 -- .375 580 136.2 129 10 54 1 2 107 1 0 64 62 4.08 1.34
1993 23 22 17 3 4 11 9 1 -- .550 697 175.2 121 13 61 1 3 143 6 0 49 43 2.20 1.04
1994 25 24 12 2 2 8 14 0 -- .364 789 181.0 202 24 64 1 2 151 8 0 87 82 4.08 1.47
1995 27 27 3 1 0 7 8 0 -- .467 742 177.0 140 14 102 2 5 146 4 0 74 71 3.61 1.37
1996 26 26 5 1 0 14 7 0 -- .667 769 181.2 152 17 89 2 4 139 10 0 63 58 2.87 1.33
1997 8 8 0 0 0 3 3 0 -- .500 173 40.1 36 3 23 0 1 23 2 0 18 14 3.12 1.46
1998 西武 4 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 24 7.0 2 0 2 0 0 8 0 0 0 0 0.00 0.57
1999 33 0 0 0 0 2 1 20 -- .667 149 34.1 32 3 14 2 1 36 0 0 13 13 3.41 1.34
2000 22 8 0 0 0 6 1 0 -- .857 266 59.0 57 4 36 2 0 49 3 1 30 25 3.81 1.58
2001 8 8 0 0 0 1 3 0 -- .250 128 31.0 26 3 12 0 0 26 2 0 11 11 3.19 1.23
通算:15年 330 266 117 22 14 127 102 22 -- .555 8340 2004.0 1723 200 809 20 30 1573 55 1 785 723 3.25 1.26
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000投球回:1992年4月28日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦(千葉マリンスタジアム)、1回裏1死目に達成 ※史上245人目
  • 1000奪三振:1994年4月9日、対千葉ロッテマリーンズ1回戦(東京ドーム)、4回表に定詰雅彦から ※史上91人目
  • 1500投球回:1995年4月22日、対西武ライオンズ5回戦(東京ドーム)、2回表2死目に達成 ※史上140人目
  • 100勝:1995年8月18日、対千葉ロッテマリーンズ19回戦(千葉マリンスタジアム)、先発登板で6回1失点 ※史上113人目
  • 1500奪三振:2000年4月9日、対オリックス・ブルーウェーブ3回戦(西武ドーム)、7回表に田口壮から ※史上43人目
  • 2000投球回:2001年9月8日、対オリックス・ブルーウェーブ26回戦(西武ドーム)、5回表2死目に三輪隆を左飛で達成 ※史上80人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 21 (1987年 - 2001年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

※特に表記のないものはSTVテレビ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同シリーズはライバルだった横浜・阿波野秀幸投手が中継ぎ登板していたこともあり投げ合いが展開されていた。
  2. ^ 2013年5月28日広島テレビ制作の広島 - 日本ハム戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島・解説:西崎・山本浩二池谷公二郎)で初めて札幌テレビ制作分以外の出演予定(『J SPORTS STADIUM』にも配信予定)であったが、当該試合が雨天中止となったため実現していない。なお、代替試合は放映権返上(J SPORTS独占)となった。その後、翌年の同カードで出演が実現した他、ミヤギテレビ制作の楽天 - 日本ハム戦にも出演した。

出典[編集]

  1. ^ OBが語るドラフト思い出話〜西崎幸広編〜「日本ハムって…本拠地どこ?(西崎)」指名直後に慌てて…
  2. ^ スペシャルインタビュー Vol.39「トレンディエースと呼ばれたノーヒッター 西崎幸広」”. プロ野球チームをつくろう!ONLINE2. 2013年10月13日閲覧。
  3. ^ 阿波野vs西崎
  4. ^ プロ野球契約公開事件簿 中村紀洋、西崎幸広、武田一浩の場合|NEWSポストセブン
  5. ^ 【ブチギレ契約更改】話題になったあのことについて西崎幸広本人に語っていただきました - YouTube
  6. ^ 【ブチギレ契約更改】話題になったあのことについて西崎幸広本人に語っていただきました 石毛宏典TVチャンネル
  7. ^ 【10月3日】1997年(平9) 西崎幸広 事実上の戦力外通告 ハム ベテラン大量解雇.スポニチ Sponichi Annex 野球 日めくりプロ野球 2011年10月.2016年11月9日閲覧。
  8. ^ 【トレード物語23】事実上の戦力外で日本ハムのエース西崎が西武へ【1997年】”. 週刊ベースボールonline (2017年12月3日). 2020年6月17日閲覧。
  9. ^ 【12月12日】2000年(平12) 史上最大の減額率 西崎幸広「文句言ったら切られるし…」
  10. ^ 【元日ハム・トレンディーエース西崎幸広さん(後編)松坂大輔やダルビッシュ有、大谷翔平なで日本人メジャーリーガーの凄さを解説してくれます IMOKEN-TV R40
  11. ^ 新監督決定及び就任記者会見のお知らせ” (日本語). 埼玉武蔵ヒートベアーズ (2022年12月21日). 2022年12月21日閲覧。
  12. ^ あのスライダーは教えてもらったものじゃなく、遊びで覚えた!?西崎さんのルーツを聞いてみたよ♪ - YouTube
  13. ^ コーチは何も教えてくれない?当時トレンディと言われることは嫌だった!? - YouTube
  14. ^ ベースボール・レコード・ブック1992(ベースボール・マガジン社 1991年12月発売)788p
  15. ^ “元トレンディーエース・西崎幸広氏、娘2人に無断で自宅を売りに出されていた”. スポーツ報知. (2017年5月14日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170514-OHT1T50259.html 2017年5月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]