釧路市民球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
釧路市民球場
Kushiro citizen Stadium2006-8.jpg
内野グラウンド(2006年8月)
施設データ
所在地 北海道釧路市広里6
座標 北緯43度01分35秒 東経144度24分56秒 / 北緯43.02639度 東経144.41556度 / 43.02639; 144.41556座標: 北緯43度01分35秒 東経144度24分56秒 / 北緯43.02639度 東経144.41556度 / 43.02639; 144.41556
開場 1983年7月25日[1]
修繕 2014年 - 2016年
所有者 釧路市
管理・運用者 釧路市スポーツ振興財団(指定管理者
グラウンド 野球専用人工芝「MS Craft Baseball Turf」
スコアボード 発光ダイオード(LED)[2]
使用チーム • 開催試合
使用チーム
亜細亜大学硬式野球部(夏合宿)[3][4]
大会・試合
日本プロ野球公式戦[5]
日本ソフトボールリーグ(女子1部)公式戦[6][7]
イースタン・リーグ公式戦[8][9]
収容能力
17,988人(内野スタンド5,988人、外野スタンド12,000人)
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:14,021m²
両翼 97.6m・センター 122.0m
外野グラウンド(2006年8月)

釧路市民球場(くしろしみんきゅうじょう)は、北海道釧路市にある野球場

概要[編集]

東北海道の拠点となる総合運動公園を目指して整備している釧路大規模運動公園にあり、附属球場・屋内練習場を併設している。

屋内練習場は雨天時や冬期間の練習施設として市民球場と附属球場の間に建設[3]。地元産カラマツ材を生かした木造平屋建ての内部は人工芝で覆われており、投球練習のほかトスバッティングのような打撃練習も可能[3]。硬式・軟式野球とソフトボールで利用することができ、マウンドの距離も少年・大人問わず対応可能で、通年利用できる有料施設となっている[3]

施設の老朽化による大規模な改修工事を2014年(平成26年)から3年間行われ[10][11]、屋外球場では北海道内初となる全面人工芝を導入した[12]。人工芝はすでにメットライフドームでも導入されていた野球専用人工芝「MS Craft Baseball Turf」を使用した[13]。改修後の2017年7月25日北海道日本ハムファイターズ千葉ロッテマリーンズのプロ野球公式戦が開催された[14]。ダッグアウトの割り振りは札幌ドーム同様、ホームチームであるファイターズが3塁側ベンチとなった。改修後も照明設備がないため、平日開催でもデーゲームで試合が開催され、2019年8月28日の日本ハム対西武戦では濃霧注意報が発令されていた影響もあり[15]8回表無死で日没コールドゲームとなる事態が発生した。プロ野球公式戦での日没によるコールドゲームは1999年6月20日オリックス近鉄戦(札幌市円山球場)以来20年ぶりとされる[16]

過去プロ野球開催[編集]

北海道日本ハムファイターズ[編集]

  • (1992、2005、2007-2008、2017-)

横浜DeNAベイスターズ[編集]

  • (1995、1997-1998、2001、2003)

当時の横浜ベイスターズはマルハ(現:マルハニチロ)が親会社として保有していた時代に水産事業で釧路と深い結びつきがあり、道東シリーズとして数試合開催された。また、釧路での主催試合は引き分けを挟み全て白星。

千葉ロッテマリーンズ[編集]

  • (1985、1987-1991)

ロッテオリオンズ時代に釧路での主催試合。

東京ヤクルトスワローズ[編集]

  • (2006)

施設[編集]

釧路市民球場
利用期間:5月1日から10月10日
釧路市民球場附属球場
利用期間:5月1日から10月10日
グラウンド面積:10,290m²
両翼 92m・センター 110m
夜間照明設備完備
屋内練習場
室内床面積:324.6m²
マウンド5ヶ所(人工芝)
照明14基

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “円山抜いて全道一 釧路市民球場オープン”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1983年7月25日)
  2. ^ “電光掲示板、姿現す/釧路市民球場”. 釧路新聞 (釧路新聞社). (2015年11月28日). http://www.news-kushiro.jp/news/20151128/201511283.html 2015年12月19日閲覧。 
  3. ^ a b c d “釧路市民球場屋内練習場が完成”. 釧路新聞 (全国郷土紙連合). (2010年7月30日). http://www.kyodoshi.com/news/5015/ 2015年12月18日閲覧。 
  4. ^ “亜細亜大学野球部5年連続夏合宿”. 釧路新聞 (釧路新聞社). (2014年8月7日). http://www.news-kushiro.jp/news/20140807/201408075.html 2015年12月19日閲覧。 
  5. ^ 試合日程・結果 2008年7月”. 北海道日本ハムファイターズ. 2015年12月19日閲覧。
  6. ^ 1部リーグ試合日程・結果”. 日本女子ソフトボールリーグ機構. 2015年12月19日閲覧。
  7. ^ “釧路でソフト日本女子リーグ公式戦”. 釧路新聞 (釧路新聞社). (2014年6月8日). http://www.news-kushiro.jp/news/20140608/201406081.html 2015年12月19日閲覧。 
  8. ^ ファーム試合日程・結果 2014年7月”. 北海道日本ハムファイターズ. 2015年12月19日閲覧。
  9. ^ ファーム試合日程・結果 2015年6月”. 北海道日本ハムファイターズ. 2015年12月19日閲覧。
  10. ^ “釧路市が市民球場を大規模改修へ-6億円投じ14年度から3カ年で”. 北海道建設新聞 (北海道建設新聞社). (2013年2月7日). http://e-kensin.net/news/article/7498.html 2015年12月18日閲覧。 
  11. ^ “市民球場大改修スタート”. 釧路新聞 (釧路新聞社). (2014年8月28日). http://www.news-kushiro.jp/news/20140828/201408285.html 2015年12月19日閲覧。 
  12. ^ “釧路市民球場を総人工芝化”. 釧路新聞 (釧路新聞社). (2015年9月11日). http://www.news-kushiro.jp/news/20150911/201509111.html 2015年12月18日閲覧。 
  13. ^ “全面人工芝フィールドがお目見え 釧路市民球場 道内の屋外野球場で初”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2017年7月20日). https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/movies/detail/5513673946001 2019年8月29日閲覧。 
  14. ^ 2017年7月25日(火)北海道日本ハム vs 千葉ロッテマリーンズ インタビュー”. 北海道日本ハムファイターズ. 2019年8月28日閲覧。
  15. ^ “痛恨の日没コールド 釧路で日ハム”. 中日スポーツ. (2019年8月28日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/npb/news/CK2019082802100044.html 2019年8月28日閲覧。 
  16. ^ “日本ハム-西武が日没コールド、20年ぶり珍事 森審判員「初めての経験」”. SANSPO.COM. (2019年8月28日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20190828/npb19082819590005-n1.html 2019年8月28日閲覧。 

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]