小野正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小野 正一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県いわき市
生年月日 1933年9月30日
没年月日 (2003-03-19) 2003年3月19日(満69歳没)
身長
体重
185 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1956年
初出場 1956年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小野 正一(おの しょういち、1933年9月30日 - 2003年3月19日)は、福島県いわき市出身のプロ野球選手投手)。

日本プロ野球歴代13位(2013年終了時点)の通算2244奪三振を記録した、球史に名を残す速球投手。妻は元大映女優の仁木多鶴子

経歴[編集]

磐城高校を卒業、社会人野球の常磐炭鉱、清峰伸銅でプレーしたのち、1956年毎日オリオンズに入団する。入団当初は一塁手も兼ねていたが、野口二郎コーチの目に留まり投手に専念する。2年目の1957年に26勝を挙げ、一躍エース格にのし上がる。

制球の面でやや難があったものの、185cmの長身から振り下ろされる速球と大きなカーブで三振の山を築いていった。1960年には西本幸雄監督の意向によりリリーフを主体に起用され[1]最多勝利(33勝)、最優秀防御率(1.98)、最高勝率(.750)、最多完封勝利(5完封)の4冠に輝き、打の田宮謙次郎山内一弘榎本喜八らとともにリーグ優勝に貢献した。大毎はこの年、6月5日の対近鉄戦から6月29日の同じく対近鉄戦までプロ野球記録の18連勝を成し遂げているが、小野はこの間15試合に登板して6月22日からの東映3連戦3連勝を含む10勝をマークするなど、大車輪の活躍振りであった。

しかし、この年の酷使が尾を引いたためか、翌1961年以降緩やかに停滞期へと移行していく。1965年から大洋ホエールズで、1968年から中日ドラゴンズでそれぞれ3年間プレー。1970年、親分肌で若手から慕われていた小野に対し、マスコミは黒い霧事件への関与を疑い、セ・リーグ会長が小野の潔白を証明する事態にまで発展した。小野はこの騒動に嫌気がさし現役を引退。引退後は球界との関係を絶ち、鉄道ショップや運送会社等の経営に携わった。

2003年3月19日、胃癌のため逝去。69歳だった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1956 毎日
大毎
東京
37 16 0 0 0 4 1 -- -- .800 470 114.2 106 4 31 0 4 62 1 0 45 35 2.74 1.19
1957 55 32 15 7 0 26 9 -- -- .743 1159 296.1 202 12 90 0 5 245 2 0 73 57 1.73 0.99
1958 36 18 5 0 0 13 10 -- -- .565 731 182.2 132 5 66 2 1 191 1 0 42 36 1.77 1.08
1959 56 27 14 4 0 22 9 -- -- .710 1158 288.1 201 13 118 5 6 244 6 1 84 75 2.34 1.11
1960 67 22 13 5 0 33 11 -- -- .750 1226 304.0 231 11 101 2 2 258 3 0 81 67 1.98 1.09
1961 58 27 11 3 1 17 14 -- -- .548 1048 251.0 213 24 97 2 4 211 2 1 105 88 3.16 1.24
1962 44 20 6 1 0 9 15 -- -- .375 762 177.2 157 8 85 1 6 121 3 0 77 66 3.34 1.36
1963 47 31 9 1 1 13 17 -- -- .433 995 235.0 177 16 123 1 6 206 6 0 92 80 3.06 1.28
1964 46 23 5 0 0 5 9 -- -- .357 711 162.2 150 16 87 1 0 119 2 0 79 67 3.70 1.46
1965 大洋 37 21 5 1 1 9 13 -- -- .409 613 146.1 135 12 53 0 3 84 4 0 65 54 3.33 1.28
1966 41 9 3 0 0 5 7 -- -- .417 508 119.2 109 15 56 8 3 85 1 0 53 46 3.45 1.38
1967 24 9 0 0 0 2 7 -- -- .222 242 56.2 60 7 15 0 1 48 1 0 39 26 4.11 1.32
1968 中日 48 23 6 1 0 6 11 -- -- .353 822 195.0 168 19 83 9 4 145 0 0 82 77 3.55 1.29
1969 39 29 8 3 2 13 12 -- -- .520 874 218.0 182 20 65 1 5 141 0 4 75 64 2.64 1.13
1970 36 24 5 1 0 7 10 -- -- .412 672 161.0 161 17 46 2 3 84 2 1 74 67 3.75 1.29
通算:15年 671 331 105 27 5 184 155 -- -- .543 11991 2909.0 2384 199 1116 34 53 2244 34 7 1066 905 2.80 1.20
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 毎日(毎日オリオンズ)は、1958年に大毎(毎日大映オリオンズ)に、1964年に東京(東京オリオンズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

  • オールスターゲーム選出:6回 (1959年 - 1961年、1963年、1969年、1970年)
  • 13球団から勝利(古巣の後継球団であるロッテからは未勝利のため全球団勝利ではない)

背番号[編集]

  • 19 (1956年 - 1964年)
  • 27 (1965年 - 1967年)
  • 18 (1968年 - 1970年)

脚注[編集]

  1. ^ ベースボールマガジン、2011年11月号 P28

関連項目[編集]