森安敏明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森安 敏明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県玉野市
生年月日 (1947-12-18) 1947年12月18日
没年月日 (1998-07-29) 1998年7月29日(50歳没)
身長
体重
177 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年 ドラフト1位
初出場 1966年4月13日
最終出場 1970年6月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

森安 敏明(もりやす としあき、1947年12月18日 - 1998年7月29日)は、岡山県玉野市出身のプロ野球選手投手)。

シーズン最多与死球の日本記録保持者(22与死球)

経歴[編集]

関西高校在学中には、平松政次岡山東商大洋)、松岡弘倉敷商ヤクルト)とともに岡山三羽ガラスと呼ばれた。同年代では堀内恒夫鈴木啓示木樽正明ら速球派投手らが名を連ねている[1]

1965年の春季中国地区高等学校野球大会で優勝。夏の甲子園予選では、倉敷商を引き分け再試合で下した岡山東商と東中国大会決勝で対決。平松との投手戦の末、延長11回1-2xでサヨナラ負けを喫し甲子園出場の途を絶たれる。

1965年のドラフト1位で東映フライヤーズに入団。1966年のプロ入り初登板で初完封を挙げた[2]。デビューから4年連続二桁勝利を挙げ、尾崎行雄の次代のエースとして期待される。サイドスローから非常に速い球を投げた投手であり、豪速球と共にシュートも速かったが、制球力に難があるいわゆる「荒れ球」投手であり、1968年のシーズン与死球22個は日本記録。また、左打者を苦手としていた。

1970年7月、黒い霧事件により永久追放。本人は無実を主張した[3]。その後は演歌歌手(1972年レコード発売)としても活動。北海道札幌市永易将之が経営していたスナックを手伝ったり、リッカー自動車整備工場で働き10年暮らした後、大阪に移り健康機器の営業などに勤務した。1986年に郷里岡山に戻った後はトラック運送会社で働く傍ら、少年野球の指導にもあたっていた[2]

1998年7月29日、心不全のため死去。満50歳であった[2]。永久追放の解除申請は本人からの申請が必要な為、森安の追放は解除されることなく終わった[2]

故郷の岡山では、森安の活躍を顕彰した少年野球大会「森安敏明旗争奪野球大会」(通称:森安杯)が毎年秋に開催されている。また、少年野球の教え子には元千葉ロッテマリーンズ大村三郎(サブロー)がいる[2]

選手としての特徴[編集]

森安のサイドスローは、ワインドアップの後に左膝を胸元まで高く掲げて抱え込んだ後、腰を十分に捻りながら非常に大きなテイクバックを取りつつ[4]、右肘を撓らせながら勢いよく投げ込むというもの[5][6]で、非常に速い速球と切れの良い高速シュートを武器とした[7]本格派投手英語版であった。

森安の球速については、親友であった江夏豊[2]や「スカウトの神様」と呼ばれた木庭教[8]ら多くのプロ野球OBが、山口高志尾崎行雄らと共に史上最速の投手の一人として名を挙げた。

プロボクサー出身のプロ野球審判員であった露崎元弥も、森安の球速を評して「米田哲也、尾崎、村山実らも凌いでおり、特に永久追放直前の最後の登板時の直球は凄まじいものであった」と回想していた[9]。なお、森安の球速についての評価は本人の死後に特に名高くなり[7]、永久追放対象者という経歴に配慮してか、生前に表立って評価していたのは露崎と金田留広[10]位であった。

森安のもう一つの武器は、制球の悪さとシュート回転気味に放たれる癖のある直球であった。時にビーンボール気味に右打者に襲いかかる荒れ球は、多くの対戦打者から「一番怖い投手だったのは間違いない」と評され、有藤通世に至っては「ぶつける時の方が制球が良かった」とまで述べた程であった[11]。デビュー戦となった66年4月13日の南海ホークス戦で対戦した野村克也も「手が痺れた、恐ろしい球だ」と評していた[2]

しかし、打者の内角を抉る軌道ではなく、外角に放った直球やシュートがど真ん中に動いてしまう事もしばしばで、69年には被本塁打王に甘んじるなど、不名誉な記録も多かった[11]好きが祟って現役後半の3年間はスタミナ面にも課題を抱え、集中力が切れると直球の球威が無くなり、5回位から連打を浴びて敗戦する事も多かったという[2]。結局、シーズン中の好不調の波が激しい特性に付け込まれる形で、黒い霧事件に巻き込まれる事となってしまった[12]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1966 東映 44 29 7 4 0 11 11 -- -- .500 858 207.2 167 16 75 1 7 160 2 1 87 70 3.03 1.17
1967 59 35 15 2 3 15 17 -- -- .469 1201 294.2 249 25 85 3 10 213 6 0 120 113 3.45 1.13
1968 67 39 16 2 0 16 23 -- -- .410 1436 341.2 309 33 111 11 22 250 0 0 149 128 3.37 1.23
1969 58 24 5 1 1 11 15 -- -- .423 993 236.0 231 34 51 1 17 156 4 0 112 104 3.97 1.19
1970 14 9 3 0 0 5 3 -- -- .625 309 74.0 54 9 27 1 10 35 0 0 33 31 3.77 1.09
通算:5年 242 136 46 9 4 58 69 -- -- .457 4797 1154.0 1010 117 349 17 66 814 12 1 501 446 3.48 1.18
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPB歴代最高

記録[編集]

初記録
  • 初登板・初先発登板・初完投・初勝利・初先発勝利・初完投勝利・初完封勝利:1966年4月13日、対南海ホークス2回戦(後楽園球場
  • 初奪三振:同上、1回表に広瀬叔功から
その他の記録

背番号[編集]

  • 26 (1966年 - 1970年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和22,23年生まれの快速球投手 - 3388 野球ブログ
  2. ^ a b c d e f g h 【3月14日】1967年(昭42) 江夏が「オレより速い」と認めた男 直接対決で完投勝ち - Sponichi Annex 野球
  3. ^ 「いや、甲子園の改札は出ていたんだ」/星野仙一1
  4. ^ ほぼ全盛期に引退した投手(森安敏明) - 3388 野球ブログ
  5. ^ 東映の森安敏明投手=1969年5月【時事通信社】…:歴代快速球投手 写真特集 - 時事ドットコム
  6. ^ 時空甲子園 森安敏明 - 時事ドットコム
  7. ^ a b 森安敏明(7) - 3388 野球ブログ。原出典は『週刊プロ野球 データファイル 98号』2013年3月27日。
  8. ^ 『不屈者』 - ハイカイ式。原出典は後藤正治『不屈者』新潮社、2005年12月。
  9. ^ 森安敏明投手(1) - 3388 野球ブログ。原出典は露崎元弥『審判気分でプロ野球を見よう―いろいろあるぜプロ野球のウラ』実業之日本社、1983年8月。
  10. ^ 日本で一番速い球を投げた男、森安敏明。 - 平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ。原出典は金田留広『金田留広のオレは金田ファミリーの駄々っ子だ』都市と生活社、1983年6月1日。
  11. ^ a b 真の速球投手は誰だ!? 球速ではなく球威、独断的速球投手論 荒れ球シュートを操った森安敏明氏 - 週刊ベースボールONLINE、2014年6月10日。
  12. ^ 森安敏明投手(5) - 3388 野球ブログ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]