森安敏明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森安 敏明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県玉野市
生年月日 (1947-12-18) 1947年12月18日
没年月日 (1998-07-29) 1998年7月29日(50歳没)
身長
体重
175 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年 ドラフト1位
初出場 1966年4月13日
最終出場 1970年6月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

森安 敏明(もりやす としあき、1947年12月18日 - 1998年7月29日)は、岡山県玉野市出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

関西高校在学中には平松政次岡山東商大洋)、松岡弘倉敷商ヤクルト)とともに岡山三羽ガラスと呼ばれた。

1965年の春季中国地区高等学校野球大会で優勝。夏の甲子園予選では、倉敷商を引き分け再試合で下した岡山東商と東中国大会決勝で対決。平松との投手戦の末、延長11回1-2xでサヨナラ負けを喫し甲子園出場の途を絶たれる。

1965年のドラフト1位で東映フライヤーズに入団。1966年のプロ入り初登板で初完封を挙げた。デビューから4年連続二桁勝利をあげ、尾崎行雄の次代のエースとして期待される。サイドスローから非常に速い球を投げた投手で、親友だった江夏豊や「スカウトの神様」木庭教ら多くのプロ野球OBが山口高志と共に史上最速の投手として挙げている。ただ豪速球と共にシュートも速かったが、制球力に難があるいわゆる「荒れ球」投手であり、1968年のシーズン与死球22個は日本記録。また、左打者を苦手としていた。

1970年7月、黒い霧事件により永久追放。本人は無実を主張した。その後は演歌歌手(1972年レコード発売)としても活動。北海道札幌市永易将之のやっていたスナックを手伝ったり、リッカー自動車整備工場で働き10年暮らした後、大阪に移り健康機器の営業トラック運送会社に勤務した。また、少年野球の指導にもあたっていた。

1998年7月29日、心不全のため死去。満50歳没。

故郷・岡山では、森安の活躍を顕彰した少年野球大会「森安敏明旗争奪野球大会」(通称:森安杯)が毎年秋に開催されている。また、少年野球の教え子の中には元・千葉ロッテマリーンズ大村三郎(サブロー)がいる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1966 東映 44 29 7 4 0 11 11 -- -- .500 858 207.2 167 16 75 1 7 160 2 1 87 70 3.03 1.17
1967 59 35 15 2 3 15 17 -- -- .469 1201 294.2 249 25 85 3 10 213 6 0 120 113 3.45 1.13
1968 67 39 16 2 0 16 23 -- -- .410 1436 341.2 309 33 111 11 22 250 0 0 149 128 3.37 1.23
1969 58 24 5 1 1 11 15 -- -- .423 993 236.0 231 34 51 1 17 156 4 0 112 104 3.97 1.19
1970 14 9 3 0 0 5 3 -- -- .625 309 74.0 54 9 27 1 10 35 0 0 33 31 3.77 1.09
通算:5年 242 136 46 9 4 58 69 -- -- .457 4797 1154.0 1010 117 349 17 66 814 12 1 501 446 3.48 1.18
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPB歴代最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 26 (1966年 - 1970年)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]