久保田治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
久保田 治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊川市
島根県浜田市生まれ)
生年月日 (1934-12-19) 1934年12月19日(82歳)
身長
体重
177 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1966年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

久保田 治(くぼた おさむ、1934年12月19日 - )は、愛知県豊川市出身の元プロ野球選手投手)、プロ野球審判員

経歴[編集]

島根県立浜田高等学校から豊川高等学校に移る。高校の同級生には中日ドラゴンズで投手として活躍した伊奈努、同じく中日に入団する外野手足木敏郎がいた。1952年夏の甲子園県予選で準決勝に進むが豊橋時習館高に敗退、甲子園には出場できなかった。卒業後は駒澤大学へ進学。東都大学野球リーグでは優勝に届かず、1954年春季リーグの2位が最高成績だった。リーグ通算10勝13敗を記録。

1955年、大学を中退して東映フライヤーズ投手として入団。1年目から先発として起用され、同年は3勝を挙げるがその後は伸び悩む。1960年に頭角を現し9勝、1961年には土橋正幸と並ぶ東映のエース格として25勝を挙げた。翌1962年にも16勝を挙げ、防御率2.12と最優秀防御率に輝く。東映のパシフィック・リーグ初優勝に貢献し、同年の阪神タイガースとの日本シリーズでも3試合に先発。最終第7戦では9回を無得点に抑え土橋につなぐ。シリーズで勝利投手にはなれなかったが、日本一に大きく力を添えた。翌1963年にも15勝を記録するが、その後は登板機会が減少。1966年読売ジャイアンツに移籍するも、1勝挙げたのみで引退した。サイドスローからのスライダー、カーブ、シュートが武器。

引退後セントラル・リーグ審判部に入局。審判員になった年齢は遅いが、ファームでは最優秀審判賞を受賞、早い時期から巨人戦の球審も任され、1974年日本シリーズ初出場を果たし、1978年ヤクルトスワローズがリーグ初優勝決定試合での球審など順調にキャリアを積み重ね、2852試合に出場、日本シリーズ・オールスターゲームはともに7回出場した。1995年の日本シリーズを最後に引退、審判指導員として後任の指導に当たっていたが2001年に退職した。現在はプロ野球マスターズリーグで審判を務めている。

審判員袖番号は121988年初採用から2001年引退まで。専任指導員に転じた1996年以降もつけていた。その後2007年新採用の坂井遼太郎が引き継いだ)。1992年には湯舟敏郎ノーヒットノーランを達成した試合や、八木裕が放った「幻のホームラン」で公式戦では最長の6時間26分となった試合の球審を務めている。また、公式戦ではないが、1975年川上哲治引退試合(巨人の監督勇退時)に球審を務めていた。

プロ野球選手として一流の成績を残した後に審判に転進した、最後の人物といえるだろう(タイトルホルダーの現役審判としては、1990年ゴールデングラブ賞受賞経験のある柳田浩一がいる)。平光清三浦真一郎とともに早くからインサイドプロテクターを採用していた。やや打者の内角寄りに身体を傾けて構え、ストライクのコールはその状態から右腕を真上に上げていた。また、打者が見逃し三振をした時のポーズも特徴的であった(真上に手を挙げた後、打者と反対側の方を向いてストライクアウトのポーズを取る)。性格は温厚で、多芸多才、動物好きである。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1955 東映 16 12 0 0 0 3 4 -- -- .429 285 68.0 62 3 23 1 0 26 2 0 32 30 3.97 1.25
1956 11 5 0 0 0 1 1 -- -- .500 124 27.1 35 3 14 0 0 5 1 0 21 20 6.43 1.79
1957 16 3 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 135 31.0 25 1 22 0 1 7 0 0 14 12 3.48 1.52
1958 14 5 0 0 0 0 2 -- -- .000 178 41.1 45 5 13 0 0 21 1 0 18 17 3.64 1.40
1959 24 3 1 1 1 3 3 -- -- .500 275 68.0 64 5 14 0 0 29 1 0 26 25 3.31 1.15
1960 48 16 4 2 0 9 10 -- -- .474 670 169.1 148 13 26 4 5 76 1 0 59 47 2.49 1.03
1961 55 34 18 5 5 25 11 -- -- .694 1230 313.0 257 12 47 6 0 137 2 0 96 75 2.16 0.97
1962 43 25 5 4 3 16 7 -- -- .696 739 190.2 164 10 25 1 2 54 1 0 65 45 2.12 0.99
1963 36 27 7 2 2 15 10 -- -- .600 840 206.2 218 20 26 2 1 61 0 0 67 62 2.70 1.18
1964 24 9 1 0 0 3 4 -- -- .429 342 82.2 82 6 16 1 1 17 2 0 38 34 3.69 1.19
1965 15 4 1 0 0 3 5 -- -- .375 191 44.1 50 5 9 0 1 16 1 0 29 20 4.09 1.33
1966 巨人 5 5 1 0 0 1 1 -- -- .500 96 22.0 21 4 9 3 2 4 0 0 12 11 4.50 1.36
通算:12年 307 148 38 14 11 80 58 -- -- .580 5105 1264.1 1171 87 244 18 13 453 12 0 477 398 2.83 1.12
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 62 (1955年)
  • 26 (1956年 - 1965年)
  • 19 (1966年)

関連項目[編集]