亀田忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
亀田 忠
Tadashi Kameda
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ハワイ準州オアフ島
生年月日 1912年9月8日
没年月日 (1976-09-22) 1976年9月22日(64歳没)
身長
体重
176 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1938年
初出場 1938年5月8日
最終出場 1941年5月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

亀田 忠(かめだ ただし、1912年9月8日 - 1976年9月22日)は、アメリカ合衆国ハワイ準州Territory of Hawaii)出身のプロ野球選手投手)。日系二世。大阪タイガースに所属した亀田敏夫は実弟。

来歴・人物[編集]

1938年にイーグルスに入団。速球と大きく落ちるカーブを武器に活躍した。反面、コントロールに難があり、「三振か四球か」という豪快なピッチングであった[1]。1940年と1941年の2度ノーヒットノーランを達成しているが、そのときもそれぞれ9個、6個の四死球を記録している。また、1939年にはノーヒットに抑えながら10四死球と2失策で失点(2-1で勝利)という試合も記録した。三振と四死球にまつわる記録には事欠かず、以下のようなものを残している。

  • 1938年9月16日、対巨人戦で延長14回を投げ、20奪三振。これは現在も延長戦も含めた場合の1試合最多奪三振記録である。ただし、この試合でも序盤は四球に苦しみ、結果は引き分け(5-5)であった。
  • 1940年のシーズンに297奪三振を記録。これは当時のプロ野球記録[2]で、戦後の1955年に金田正一が350個の記録を樹立するまで破られなかった。
  • 1939年のシーズンには283個の与四死球を記録し、こちらは現在もプロ野球記録。翌1940年も282個を記録した。在籍中の通算では一試合(9イニング)平均6.32個の与四死球を記録し、これは平均被安打(5.89本)より多い。押し出しも通算で34個という成績であった。

1941年6月、日米関係の悪化に伴い、アメリカ政府の命令により、実弟の敏夫や堀尾文人(阪神)・長谷川重一(黒鷲)とともに帰国した。 帰国した1941年を除きすべてチームの試合数の半分以上に登板した[1]。戦後1947年に来日して、後楽園球場でプロ野球観戦をしている。戦後はハワイ州政府に勤務した[3]

1976年、脳梗塞で死去した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1938 イーグルス
黒鷲軍
29 19 17 5 0 12 9 -- -- .571 788 187.2 105 3 143 -- 1 137 5 0 56 43 2.06 1.32
1938 23 19 15 1 0 7 10 -- -- .412 738 169.2 109 6 127 -- 0 131 4 0 70 48 2.54 1.39
1939 55 41 30 4 0 14 27 -- -- .341 1641 371.0 306 8 280 -- 3 208 14 2 184 127 3.08 1.58
1940 56 46 43 10 0 26 23 -- -- .531 1837 456.2 247 6 273 -- 9 297 6 0 127 90 1.77 1.14
1941 16 11 8 1 1 6 9 -- -- .400 490 113.0 82 5 75 -- 0 54 4 2 53 39 3.11 1.39
通算:4年 179 136 113 21 1 65 78 -- -- .455 5494 1298.0 849 28 898 -- 13 827 33 4 490 347 2.41 1.35
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤文字はNPBにおいて歴代最高。
  • イーグルスは、1940年に黒鷲(黒鷲軍)に球団名を変更

タイトル[編集]

  • 最多奪三振:2回 (1938年春、1940年) ※当時はタイトルではない

記録[編集]

  • ノーヒットノーラン:2回 ※史上5人目
    • 1940年3月18日、対ライオン戦、阪急西宮球場
    • 1941年4月14日、対阪神戦、後楽園球場
  • ノーヒット・失点試合
  • シーズン最多与四死球:280個(1939年)
  • 延長戦の1試合最多奪三振:20個 1938年9月16日、対巨人戦(甲子園

背番号[編集]

  • 25 (1938年 - 1941年)

脚注[編集]

  1. ^ a b ベースボールマガジン、2011年9月号 P90
  2. ^ 沢村栄治は1937年春に196個、同年秋に129個を記録しており合計では325個で亀田を上回るが、各々が独立したシーズンとして扱われているため、公式には亀田が当時の最多記録保持者であった。
  3. ^ 【3月18日】1940年(昭15) 伝説のノーコン右腕、9四死球でノーヒットノーラン達成 - 『スポーツニッポン』

参考文献[編集]

関連項目[編集]