尾崎行雄 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
尾崎 行雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府泉大津市
生年月日 1944年9月11日
没年月日 (2013-06-13) 2013年6月13日(68歳没)
身長
体重
176 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1962年
初出場 1962年4月8日
最終出場 1973年6月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

尾崎 行雄(おざき ゆきお、1944年9月11日 - 2013年6月13日)は、大阪府泉大津市出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

同姓の政治家である尾崎行雄にあやかって同じ名を付けられた[1]。元々左利きだったが、小学5年生の時に父親の命令により(あるいは左投げ用のグローブが入手困難で右投げ用のものしか持っていなかったためともされる)右投げに転じた。右投げから左投げへの転向はよくあるが、左投げから右投げに転向は珍しい事例だった[2]。しかし、尾崎の握力は右80㎏、左65㎏であったことから、のちの速球はこの転向によって生まれたとする向きもある[3]浪商高校(現・大阪体育大学浪商高)2年時に1961年第43回全国高等学校野球選手権大会で優勝投手となり、怪童と呼ばれた[4]。前年夏の甲子園から三度にわたる法政大学第二高等学校のエース柴田勲との対決は名勝負として知られる[5][6]

1960年に1年生ながら1学年上の大塚弥寿男バッテリーを組み、夏の甲子園に出場。2回戦で法政二高と当たるが、柴田勲との最初の対決は0-4で完封負けに終わった。法政二高はこの大会で優勝。翌1961年は春夏の甲子園に連続出場。春の選抜では準々決勝でまたも法政二高と対戦、3回に先制するが1-3で逆転負け。法政二高は夏春連続優勝を飾る。夏の甲子園は準決勝で法政二高と三度目の対決。9回に2点差を追いつき、延長11回の熱戦の末2-4で初勝利、決勝に進出する。決勝では左腕エース森川勝年(慶大松下電器)を擁する桐蔭高に苦戦するが、1-0で降し優勝。1年上のチームメートには、大塚のほか、三塁手大熊忠義二塁手住友平、1年下には外野手高田繁がいた。高田は「今まで実際に見た投手の中で、真っすぐは誰がすごいの、って言ったら尾崎さんだね」と後年語っている[7][8]

同年10月に2年生ながら、複数のプロ野球球団のスカウトから勧誘を受ける。阪急ブレーブスは職員が5,000万円の現金を抱えて入団交渉に現れるが、尾崎の父親は断りを入れ、契約金手取り3,000万円に引退後の面倒を見る条件が付いた東映フライヤーズに入団を決める[9]。同年の秋季近畿大会府予選もエース・四番打者として出場、決勝で中塚政幸のいたPL学園を破る。しかし、直後の11月6日に高校を中退し[10]、11月14日に東映への入団を表明した[11]

現役時代[編集]

1年目の1962年には4月8日の開幕第2戦の対大毎オリオンズ戦で10回表からリリーフとして初登板、全て直球で二番・葛城隆雄をピッチャーゴロ、三番・榎本喜八と四番・山内一弘を連続三振に打ち取ると、その裏にサヨナラ勝ちで、尾崎はわずか15球で初勝利を挙げる[12]4月22日には初先発で近鉄久保征弘と投げ合い、12三振を奪い完封勝利を飾った。その後は順調に勝ち星を重ねて、オールスター前までに18勝を挙げる[13]オールスターゲームにも出場し、第2戦で勝利投手となる。その後、暑い8月に疲労のピークが重なり、約2ヶ月間勝ち星に見放されるが[13]、最終的に20勝9敗、防御率2.42(リーグ5位)の成績で東映のリーグ初優勝に貢献、新人王に選出された[14]。18歳での新人王は現在に至るまで史上最年少である。しかし同年の阪神タイガースとの日本シリーズでは、第1戦でリリーフ登板するものの、延長10回に吉田義男からサヨナラ二塁打を喫して敗戦投手となり、その後は登板機会はなかった。

1963年は4月に2完封勝利の後、故障もあって不調が続き7勝に終わる。しかし、1964年には20勝18敗、防御率2.55(リーグ6位)と復活、またリーグ最多の197奪三振を記録した。1965年にはナックルボールを覚え、これまでいつも速球で三振を取っていたところ、ナックルで遊びながら三振を取ってみようか、と余裕のようなものが生まれるようになる[15]。この年はリーグ最多の61試合に登板、27勝(12敗)で最多勝を獲得、さらに防御率は1.88でリーグ2位、奪三振はリーグ最多の259個と好成績を挙げ、ベストナインも獲得した。1966年も24勝、防御率2.62(リーグ8位)と、3年連続20勝を記録した。

1967年には夏頃よりに引っかかりを感じるようになる。それでも、時間をかけてウォーミングアップをすることで、何とか試合で速い球を投げることができ、8月25日の対西鉄ライオンズ戦では6勝目を完封で飾った[16]。しかし無理は続かず、9月中旬の山形遠征の頃には、右肩痛で1mも投げられない状態になっていた。その後はサウナマッサージなど、よいとされる所にはどこへでも出かけて治療を試みたが、肩の状態は元に戻らなかった[15]1968年に復帰するも故障以降は球速が上がらず、変化球主体にスタイルを変えたが、勝ち星から遠ざかる[5]1971年オフの契約更改では、球団から肩が治るまで打撃投手をするように通告を受け、いったん引退を決意。しかし、引退届を持参して球団事務所に行ったところ、監督の田宮謙次郎に「ここで投げ出したら今までの苦労が水の泡だぞ。男だったら、もう一度やってみろ」と諭され引退を撤回する。

1972年は5月以降にリリーフ登板した6試合すべて無失点に抑えると、6月25日近鉄を相手に同季初先発、7回を投げ3安打2失点と好投、5年ぶりに勝利投手となる[16]。同年は3勝を記録しわずかに復活の兆しを見せる。しかし、翌1973年6月に練習をしていた所、めまいや冷や汗といった症状が発生。病院で診察を受けると肝臓が悪いと診断されて1ヵ月寝たきりになり、同年オフに29歳で現役を引退[17]。プロ通算107勝を挙げ、夏の甲子園の優勝投手としては戦後初のプロ通算100勝投手となった。

引退後[編集]

引退後は、1974年より東京都台東区柳橋で和風ステーキハウス「高尾」を経営する。ただし、尾崎は料理ができないため、開店当時は尾崎自身で出前の配達などもやっていたという[18]1976年からは捕手辻佳紀内野手荒川堯とともにフジテレビの「欽ドン!野球」に出演し、軟式野球で中学生と対決した。しかし、1球投げる度に痛めた右肩に激痛が走ったという[19]

のち、スポーツ関係の会社に勤務し、少年野球の指導を行っていた[5]。2001年にマスターズリーグがスタートすると東京ドリームスに参加[20]

2013年6月13日に肺がんのため死去。68歳没。通夜には、高田繁張本勲柴田勲など球界関係者をはじめとする500名近くが参列して別れを惜しんだ[21]

選手としての特徴[編集]

スリークオーターよりやや下方から投げ込む速球を武器とし、そのほかカーブシュートナックルなどを投げた[15]。非常に球の速かった投手で、右肩痛を発症するまでは球種のほとんどがストレートであった。プロ野球史上における速球投手の話題では、必ずと言ってよいほど名前が挙がる選手である[22]湯浅景元の計算によると、尾崎の全力投球の球速は156.7キロを計測していた[23]

一方で、制球力はあまりなく、狙ったコースに決まるのは10球のうち3球ほどだった。そのため、データを集めたりやメモを付けたことはなく、せいぜい大づかみに打者の欠点を頭に入れておく程度で、マウンドに登った時の感覚を大切にした。また、投球がどこへ行くかわからないので、打者も狙い球を絞りにくかったという[15]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 東映
日拓
49 19 9 4 1 20 9 -- -- .690 851 207.2 170 10 63 4 9 196 5 0 72 56 2.42 1.12
1963 17 13 4 3 0 7 5 -- -- .583 380 93.0 83 13 29 0 1 60 0 0 34 30 2.90 1.20
1964 55 33 11 4 1 20 18 -- -- .526 1167 286.0 233 23 90 2 9 197 1 0 93 81 2.55 1.13
1965 61 37 26 6 5 27 12 -- -- .692 1444 378.0 261 23 63 4 11 259 1 0 91 79 1.88 0.86
1966 65 29 15 2 6 24 17 -- -- .585 1162 292.0 268 23 40 4 2 122 4 1 100 85 2.62 1.05
1967 28 21 7 2 1 6 14 -- -- .300 531 126.2 132 16 25 3 3 67 0 0 58 43 3.05 1.24
1968 14 4 0 0 0 0 0 -- -- ---- 88 19.0 27 5 5 0 2 4 0 0 15 13 6.16 1.68
1969 7 1 1 0 1 0 2 -- -- .000 75 17.1 22 5 2 0 0 6 0 0 14 11 5.82 1.38
1970 24 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 193 43.0 56 11 11 0 0 41 0 0 30 28 5.86 1.56
1971 24 2 0 0 0 0 3 -- -- .000 170 40.1 46 6 12 0 1 26 1 1 22 20 4.50 1.44
1972 17 2 0 0 0 3 1 -- -- .750 151 39.2 27 4 7 1 2 29 0 0 12 10 2.25 0.86
1973 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 32 6.0 12 4 2 0 0 3 0 1 9 9 13.50 2.33
通算:12年 364 163 73 21 15 107 83 -- -- .563 6244 1548.2 1337 143 349 18 40 1010 12 3 550 465 2.70 1.09
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

  • 最多勝利:1回 (1965年)
  • 最多奪三振(当時連盟表彰なし):2回 (1964年、1965年) ※パシフィック・リーグでは、1989年より表彰

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 19 (1962年 - 1973年)

脚注[編集]

  1. ^ 『背番号の消えた人生』251頁
  2. ^ 甲子園高校野球人名事典68P、森岡浩、東京堂出版、2004年、ISBN 978-4490106503
  3. ^ 『背番号の消えた人生』252頁
  4. ^ 【11月11日】1961年(昭36) みんな踊らされた?怪童・尾崎行雄、1日12時間6球団と交渉”. SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. 2011年6月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月4日閲覧。
  5. ^ a b c 「時代」を彩った男と女 元東映フライヤーズ投手尾崎行雄編 29歳で引退した元凶はボウリングの“剛球” - リアルライブ” (2009年9月14日). 2012年5月4日閲覧。
  6. ^ 尾崎行雄死去 柴田勲が語る浪商VS法政二高 伝説の名勝負秘話(1)
  7. ^ 高田繁、浪商エースで甲子園立てず…投手断念
  8. ^ 二宮清純「珠玉で豪胆 尾崎行雄の野球人生」
  9. ^ 『背番号の消えた人生』255頁
  10. ^ 『朝日新聞』1961年11月8日付朝刊 (12版、7面)
  11. ^ 『朝日新聞』1961年11月15日付朝刊 (12版、7面)
  12. ^ 『豪球列伝-プロ野球不滅のヒーローたち』90頁
  13. ^ a b 『豪球列伝-プロ野球不滅のヒーローたち』94頁
  14. ^ 年度別成績 1962年 パシフィック・リーグ
  15. ^ a b c d 『豪球列伝-プロ野球不滅のヒーローたち』96頁
  16. ^ a b 週べ60周年記念 怪童・尾崎行雄、5年ぶり涙の勝利/週べ回顧1972年編 2021年2月24日 週刊ベースボールONLINE
  17. ^ ベースボールマガジン別冊夏祭号 1954-1972東映フライヤーズ暴れん坊伝説 ベースボール・マガジン社.2020年.P19
  18. ^ 『背番号の消えた人生』251,257頁
  19. ^ 『背番号の消えた人生』261頁
  20. ^ プロ野球マスターズリーグ ウェブサイト-Professional Baseball Masters League Web Site-”. 2012年5月4日閲覧。
  21. ^ “尾崎行雄氏 しめやかに通夜 張本、高田氏ら500人が参列”. スポーツニッポン. (2013年6月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/18/kiji/K20130618006041010.html 2016年11月12日閲覧。 
  22. ^ 東映の尾崎行雄投手=1967年6月【時事通信社】
  23. ^ NHKスペシャル 18歳 松坂大輔 ~スーパールーキーの心技体~1998.8.27 放送。沢村栄治は160キロ超? 往年の名投手の球速は… - 日本経済新聞” (2014年5月12日). 2015年3月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『豪球列伝-プロ野球不滅のヒーローたち』文藝春秋〈文春文庫ビジュアル版〉、1986年
  • 近藤唯之『背番号の消えた人生』新潮文庫、1985年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]