江藤晴康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
江藤 晴康
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市
生年月日 (1922-05-09) 1922年5月9日
没年月日 (2016-02-21) 2016年2月21日(93歳没)
身長
体重
179 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1949年
初出場 1950年
最終出場 1955年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

江藤 晴康(えとう はるやす、1922年5月9日 - 2016年2月21日[1])は、福岡県出身のプロ野球選手投手1949年から1954年は「江藤 正(えとう ただし)」の名前でプレーした。

経歴[編集]

八幡中(現:八幡高)・法政大学でエース投手として活躍。在学中に学徒出陣で召集され、台湾で終戦を迎える。大学卒業後は社会人野球門司鉄道局大洋漁業でプレー。1949年南海ホークスに入団した。

プロ入りに際し、大阪タイガースと南海ホークスとの二重契約が発覚。これには、以下のような事情がある。以前に武末悉昌の獲得を巡って両球団が争い、武末が南海に入ったことを「奪われた」と考えた大阪の若林忠志監督が南海の山本一人監督に抗議したところ、山本が「武末は南海、江藤は大阪ということにしよう」と口にした。この時点で既に江藤は南海と仮契約を済ませていたが、若林の話を聞いた大阪の富樫興一代表が下関の江藤の元に赴き、「山本が君をうちに譲ると約束してくれたので」と契約書を差し出した。江藤は「山本監督に電話をしてから」と話したものの、富樫は「私から契約したと伝えておく」と押し切って契約した。新聞報道で二重契約を知った南海側は江藤を直ちに大阪に呼び寄せたが、大阪側もこれを察知。大阪駅で両球団の関係者が身柄の確保を争う事態となる。結局南海側が江藤を確保し、そのまま潜伏させた。大阪側は「一年間だけ大阪に在籍」という妥協案を示したが南海側は拒否し、連盟に提訴した。形式的にタイガースに入団したのち、すぐにホークスにトレード移籍する裁定で解決が図られたが、この問題により江藤には1949年シーズン1年間の出場停止処分が課された。

処分の解けた2年目の1950年に14勝。3年目には24勝を挙げ、最多勝利ベストナインのタイトルを獲得。4年目にも11勝するが、この年を境に成績が下降していく。翌1953年は1勝もできず、高橋ユニオンズへ移籍。高橋でも1勝しかできず、1955年には東映フライヤーズへまたも移籍。名前を本名の「江藤晴康」に戻しプレーするが成績を残せず、わずか7年で引退した。引退後は電電公社に入社。社会人野球の電電近畿でコーチも務めた。

2016年2月21日老衰のため福岡県行橋市の自宅で死去[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1950 南海 47 29 13 3 2 14 9 -- -- .609 968 236.2 218 17 62 -- 2 78 0 0 92 77 2.92 1.18
1951 45 24 17 1 3 24 5 -- -- .828 1065 268.2 227 16 47 -- 2 100 0 1 81 68 2.28 1.02
1952 32 22 7 0 0 11 10 -- -- .524 691 163.2 159 6 47 -- 0 58 0 1 73 61 3.35 1.26
1953 9 5 0 0 0 0 2 -- -- .000 149 33.2 44 2 7 -- 0 9 0 0 18 15 3.97 1.51
1954 高橋 21 10 1 0 0 1 8 -- -- .111 371 82.0 103 6 23 -- 0 31 0 0 60 50 5.49 1.54
1955 東映 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 11 2.2 3 2 0 0 0 0 0 0 2 2 6.00 1.13
通算:6年 155 90 38 4 5 50 34 -- -- .595 3255 787.1 754 49 186 0 4 276 0 2 326 273 3.12 1.19
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 22 (1949年)
  • 10 (1949年 - 1953年、1955年)
  • 19 (1954年)

登録名[編集]

  • 江藤 正(えとう ただし、1949年 - 1954年)
  • 江藤 晴康(えとう はるやす、1955年)

脚注[編集]

  1. ^ a b スポーツニッポン』2016年2月22日、4面。

参考文献[編集]

  • 『さらば!南海ホークス』ベースボール・マガジン社、1988年。

関連項目[編集]