井本隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井本 隆
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県高岡郡宇佐町(現・土佐市宇佐町)
生年月日 1950年11月21日
没年月日 (2015-01-21) 2015年1月21日(64歳没)
身長
体重
179 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1972年 ドラフト3位
初出場 1973年4月14日
最終出場 1984年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

井本 隆(いもと たかし、1950年11月21日 - 2015年1月21日)は、高知県出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

高知県高岡郡宇佐町(現・土佐市宇佐町)に生れる[1]伊野商業高校(同期に、巨人や日本ハムでプレーした同じく投手の谷山高明がいる)を卒業後鐘淵化学に進む。実業団時代に速球投手として頭角を現し、1972年のドラフト会議で近鉄から3位指名され1973年入団[1]

打者の内角をえぐる鋭いシュートを有効に使う強気のピッチングで主戦級として活躍。特に1979年1980年パ・リーグ2連覇にはエースとして活躍。広島東洋カープとの2度の日本シリーズでは鈴木啓示を押しのけて第1戦に先発した。1979年の日本シリーズでは2勝(1敗)を挙げ敢闘賞に選出された。

その後タレント横山エミーとの不倫問題(エミーが妊娠するなどしたため、井本は最初の妻と離婚)が週刊誌の紙面を賑わすことが多くなり、心機一転の意味もあり在京チームへの移籍を希望し1982年オフに鈴木康二朗柳原隆弘とのトレードでヤクルトに移籍する[1]。しかしセ・リーグではシュートが通用せず1984年限りで引退したうえ、ヤクルト移籍を前後して正式に入籍したエミーともスピード離婚した[1]。交換トレードで近鉄に移籍した鈴木と柳原が、抑え投手と手薄な右の代打として活躍したのとは対照的だった。引退後にKKベストセラーズから出版した暴露本で、エミーと交際し始めた1981年のシーズン中は性交渉に体力・気力を消耗し、野球どころではなかったと告白している。

現役時代は宮尾すすむ似の顔でも知られた。[要出典]また近鉄時代、桂きん枝を見舞うため病院を訪れた際に受付で名前を聞かれ「近鉄の井本ですが」と答えると「ご苦労様です。そこに荷物を置いといて下さい」と近鉄百貨店の配送員と間違われたことがあるという。[要出典]

引退後[編集]

引退後は日音に入社・勤務(一時期役員待遇まで昇格歴あり)のかたわら、赤坂のクラブの支配人などをしていたことを公表していたが長い間公の場に姿をみせておらず、近況は不詳であったが、[要出典]2007年秋より少年野球「松戸ポニー」の総監督に就任したことが明らかになった[2]

また井本-エミーの子も当初井本が養育していたが、近年井本の元を離れエミーのもとで生活していることが明らかになった(2007年に入り、エミーがさる雑誌のインタビュー上で談話[要出典])。

2015年1月21日に、膵癌のため千葉県松戸市の病院で死去[3][4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1973 近鉄 19 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 120 23.1 33 4 21 1 0 15 1 2 21 19 7.43 2.31
1974 35 6 1 0 0 2 4 2 -- .333 300 72.1 71 9 19 0 2 23 0 2 37 31 3.88 1.24
1975 16 10 2 0 1 4 1 0 -- .800 283 68.2 65 4 19 0 1 30 0 0 27 19 2.48 1.22
1976 30 20 7 0 2 6 11 3 -- .353 647 155.1 161 23 36 0 4 68 1 0 68 63 3.66 1.27
1977 31 20 8 1 2 7 9 0 -- .438 599 141.2 161 17 33 3 3 49 2 0 64 59 3.74 1.37
1978 28 24 7 1 1 9 7 0 -- .563 692 167.0 176 20 41 5 6 58 3 0 83 76 4.10 1.30
1979 33 26 9 2 1 15 4 1 -- .789 793 192.0 194 29 49 0 7 93 4 0 91 77 3.61 1.27
1980 35 28 12 1 1 15 8 1 -- .652 878 205.2 217 42 59 2 5 94 3 0 118 100 4.37 1.34
1981 20 18 4 2 0 5 9 0 -- .357 505 115.1 124 19 40 2 4 55 1 0 64 54 4.23 1.42
1982 19 16 11 1 0 11 4 0 -- .733 524 131.0 109 19 39 1 0 39 2 0 53 49 3.37 1.13
1983 ヤクルト 27 23 5 1 1 6 14 0 -- .300 628 141.2 169 30 52 4 2 65 1 1 90 86 5.46 1.56
1984 27 14 1 1 0 1 4 1 -- .200 336 76.2 93 16 24 1 3 36 2 0 45 42 4.93 1.53
通算:12年 320 205 67 10 9 81 75 8 -- .519 6305 1490.2 1573 232 432 19 37 625 20 5 761 675 4.08 1.35
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000投球回:1980年9月13日、対阪急ブレーブス後期9回戦(日生球場)、5回表1死目に達成
その他の記録

背番号[編集]

  • 12 (1973年 - 1982年)
  • 21 (1983年 - 1984年)

関連情報[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、66ページ
  2. ^ [1]
  3. ^ 元近鉄エース井本隆氏が死去 64歳すい臓がんで スポニチアネックス 2015年 1月24日 2015年 1月24日閲覧。
  4. ^ 元近鉄エース井本氏が死去、64歳すい臓 スポーツ報知 2015年 1月24日 2015年 1月24日閲覧。

関連項目[編集]