1972年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1972年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ2位
64勝60敗6分 勝率.516[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 岩本尭
« 1971
1973 »

1972年の近鉄バファローズでは、1972年シーズンについての近鉄バファローズの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローズは、岩本尭監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 小川亨
2 安井智規
3 永淵洋三
4 土井正博
5 伊勢孝夫
6 佐々木恭介
7 一枝修平
8 辻佳紀
9 鈴木啓示
1972年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 阪急 0.5 南海 3.0 南海 7.0 南海 6.5 南海 13.0 南海 13.0 近鉄 14.0
3位 近鉄 1.5 東映 4.5 東映 8.5 東映 11.5 東映 16.0 東映 15.0 南海 14.0
4位 ロッテ 2.0 近鉄 7.5 ロッテ 8.5 ロッテ 12.5 ロッテ 17.0 近鉄 東映 15.0
5位 東映 3.0 ロッテ 8.5 近鉄 14.5 近鉄 13.5 近鉄 20.5 ロッテ 16.0 ロッテ 20.5
6位 西鉄 5.0 西鉄 12.5 西鉄 20.5 西鉄 22.0 西鉄 26.5 西鉄 31.0 西鉄 32.5
1972年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 80 48 2 .625 -
2位 近鉄バファローズ 64 60 6 .5161 14.0
3位 南海ホークス 65 61 4 .5158 14.0
4位 東映フライヤーズ 63 61 6 .508 15.0
5位 ロッテオリオンズ 59 68 3 .465 20.5
6位 西鉄ライオンズ 47 80 3 .370 32.5

[1]

オールスターゲーム1972[編集]

コーチ 岩本尭
ファン投票 太田幸司
監督推薦 神部年男 鈴木啓示 土井正博
補充選手 永淵洋三
  • 取り消し線は出場辞退

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
清俊彦 最優秀防御率 2.36 初受賞
鈴木啓示 最多奪三振 180個 6年連続6度目
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞(新設)
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 仲根正広 投手 日本大学櫻丘高 入団
2位 有田修三 捕手 新日本製鐵八幡 入団
3位 井本隆 投手 鐘淵化学 入団
4位 吉田昌義 外野手 天理高 拒否・明治大学進学
5位 伊藤文比古 投手 龍野実業高 拒否・倉敷レーヨン入社
6位 佐々木正行 外野手 初芝高 拒否・法政大学進学
7位 高木孝治 投手 日本鉱業日立 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1972年 パシフィック・リーグ”. 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 138