柳原隆弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳原 隆弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県吉野郡大淀町
生年月日 (1955-06-12) 1955年6月12日(64歳)
身長
体重
175 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1977年 ドラフト1位
初出場 1978年4月4日
最終出場 1988年7月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

柳原 隆弘(やなぎはら たかひろ、1955年6月12日 - )は、奈良県吉野郡大淀町出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

智弁学園から大阪商業大へ進学。関西六大学リーグでは1年上のエース齊藤明雄を擁し、高校の1年先輩である田中昌宏とともに打線の主軸となって、1975年春季のリーグ初優勝に貢献。その後も2回の優勝を飾る。全日本大学野球選手権大会では準優勝2回。リーグ通算92試合出場、319打数75安打、打率.235、12本塁打、39打点、ベストナイン2回。優勝した1977年秋季リーグで首位打者になり、記者クラブ賞を受賞。

1977年ドラフト1位でヤクルト入団。1年目の1978年から一軍に上り、主に代打として起用される。同年の阪急ブレーブスとの日本シリーズでは、第6戦の3回裏に代打として起用されるが、白石静生の前に遊ゴロに終わる。同年から3年連続でジュニアオールスターに出場。右の長距離打者として期待されたが一軍での打撃成績は低迷し、層の厚いヤクルトの外野陣ではレギュラーに届かなかった。

1982年オフに鈴木康二朗と共に井本隆との2対1の交換トレードで近鉄へ移籍、1984年6月11日の対南海ホークス戦(藤井寺球場)において山内和宏から日本プロ野球史上4人目、パ・リーグでは初となる代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放っている。近鉄は前試合の南海戦においても加藤英司が逆転サヨナラ満塁本塁打で勝利しており、2試合続けての逆転サヨナラ満塁本塁打による勝利となった[1]1985年にはリチャード・デービス一塁手に回り、右翼手の定位置を得て68試合に先発出場。しかし翌年には新井宏昌淡口憲治が移籍してきたこともあり、段々と出場機会が減る。

1988年オフ、金銭トレードで日本ハムに移るも一軍出場は無く、翌年のシーズン途中で現役を引退した。

1984年、朝日放送が彼を題材としたドキュメンタリーを製作した。ナレーターは近鉄ファンで、『必殺仕事人』の中村主水役だった藤田まこと

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1978 ヤクルト 20 24 20 2 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 4 0 0 9 1 .150 .292 .200 .492
1979 23 32 30 4 4 0 0 2 10 4 0 0 0 0 1 0 1 16 0 .133 .188 .333 .521
1980 47 80 77 10 15 6 0 2 27 8 0 1 0 0 3 0 0 19 1 .195 .225 .351 .576
1981 45 83 73 7 10 2 0 0 12 3 0 0 1 1 8 0 0 18 0 .137 .220 .164 .384
1982 17 13 9 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 3 0 1 4 1 .111 .385 .111 .496
1983 近鉄 7 13 12 2 1 0 0 1 4 2 1 0 0 0 1 0 0 5 0 .083 .154 .333 .487
1984 29 65 62 10 24 8 1 2 40 10 0 0 0 1 2 0 0 16 0 .387 .400 .645 1.045
1985 95 284 249 28 62 10 0 8 96 34 0 1 5 2 26 0 2 54 13 .249 .323 .386 .708
1986 53 109 102 12 21 4 0 4 37 9 0 1 2 0 3 0 2 28 2 .206 .243 .363 .606
1987 7 10 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .000 .000 .000 .000
1988 8 9 8 0 1 1 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .125 .125 .250 .375
通算:11年 351 722 652 76 142 32 1 19 233 71 1 3 9 4 51 0 6 176 18 .218 .279 .357 .636

記録[編集]


背番号[編集]

  • 23 (1978年 - 1982年、1989年)
  • 35 (1983年 - 1988年)

脚注[編集]

関連項目[編集]