梶間健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梶間 健一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県鹿島郡旭村(現:鉾田市
生年月日 (1952-08-30) 1952年8月30日(66歳)
身長
体重
173 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト2位
初出場 1977年4月16日
最終出場 1988年8月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ヤクルトスワローズ (1989 - 1999)

梶間 健一(かじま けんいち、1952年8月30日 - )は、茨城県鹿島郡旭村(現:鉾田市)出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

茨城県立鉾田第一高等学校では、エースとして1970年夏の甲子園予選東関東大会準決勝に進出するが、渡辺進遊撃手のいた銚子商に敗れ甲子園出場を逸する。卒業後は日本鋼管に入社。1974年都市対抗にリリーフ投手として初登板。1976年都市対抗では、樋野和寿三塁手前川善裕外野手などの強力打線にも助けられ順調に勝ち進む。決勝では先発投手として起用され、北海道拓殖銀行を破り優勝を飾った。

1977年ドラフト2位でヤクルトスワローズに入団。1年目より広岡達朗監督に積極的に起用され、先発・中継ぎで大活躍するが、新人王大洋斉藤明雄に輝いた。翌年、チーム初のリーグ優勝に貢献し、阪急との日本シリーズでも第5戦の先発を含めて、3試合に登板して防御率1.50の成績をあげ、日本一にも貢献した。

1979年以降、尾花高夫と共に先発陣の柱となり2ケタ勝利を5回記録、173cmと小柄ながら、左のサイドから繰り出す大きなカーブとスローカーブを駆使し、巧みな投球術で勝ち星を重ね、長期間低迷するチームを支え続けた。またコーナーの狙いすぎで与死球が多いのがピッチングの特徴だった。掛布雅之が現役時代のエピソードとして「梶間さんのカーブは背中から来るんで見えないんですよ、あれは怖かったですね」と語っている[1]安田猛とならぶ阪神キラーであった。安田の力が衰えると阪神戦で好投し「梶魔」と阪神ファンから嫌われたが、監督の広岡達朗は「梶間(火事場)の馬鹿力」と言って評価した。1983年5月7日、神宮球場での阪神戦の6回に、ランディ・バースに来日初本塁打を打たれた投手である。

1986年に故障して以降、投球回数が減少し、1988年に引退。その後は、主に2軍投手コーチ、ヤクルト合宿所戸田寮の寮長などを歴任。2014年より高仁秀治の後任としてNPB12球団ジュニアトーナメントのスワローズジュニア監督に就任した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1977 ヤクルト 44 15 3 1 0 7 7 1 -- .500 619 150.2 132 16 40 2 13 105 0 0 59 56 3.34 1.14
1978 47 9 1 0 0 3 8 2 -- .273 416 90.2 103 12 42 7 3 83 0 1 63 54 5.34 1.60
1979 43 21 1 0 0 10 12 0 -- .455 623 141.1 137 27 60 4 10 116 2 0 91 80 5.11 1.39
1980 33 25 11 2 1 15 8 0 -- .652 802 195.2 164 21 60 5 9 148 1 1 67 60 2.76 1.14
1981 39 22 3 0 0 6 10 1 -- .375 645 144.1 170 22 48 6 9 98 0 0 92 86 5.38 1.51
1982 43 13 3 0 0 6 10 2 -- .375 538 127.2 115 19 41 8 13 91 3 0 63 60 4.22 1.22
1983 43 27 12 3 0 14 12 3 -- .538 953 232.2 190 28 84 9 9 147 2 0 87 83 3.21 1.18
1984 35 28 6 1 2 12 11 2 -- .522 774 180.0 184 21 64 3 11 87 2 0 84 75 3.75 1.38
1985 38 29 8 0 0 11 17 0 -- .393 838 189.2 203 29 81 1 9 88 3 0 98 89 4.22 1.50
1986 8 6 0 0 0 0 3 0 -- .000 111 22.2 38 7 6 0 1 19 0 0 20 19 7.54 1.94
1987 37 1 0 0 0 0 3 2 -- .000 181 42.2 45 4 10 4 2 20 0 0 19 19 4.01 1.29
1988 18 2 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 127 29.1 27 2 14 1 1 14 1 0 9 9 2.76 1.40
通算:12年 428 198 48 7 3 85 101 13 -- .457 6627 1547.1 1508 208 550 50 90 1016 14 2 752 690 4.01 1.33
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000投球回数:1983年8月13日、対阪神タイガース15回戦(平和台球場)、6回裏2死目に達成
  • 1500投球回数:1987年7月11日、対読売ジャイアンツ16回戦(後楽園球場)、8回裏1死目に達成
  • 1000奪三振:1987年10月12日、対中日ドラゴンズ25回戦(ナゴヤ球場)、7回裏に平野謙から ※史上75人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 19 (1977年 - 1988年)
  • 72 (1989年 - 1990年)
  • 83 (1991年 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ 2009年6月11日の【こんちわコンちゃんお昼ですょ!】のゲストコーナーで語った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]