西井哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西井 哲夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県延岡市
生年月日 (1951-07-07) 1951年7月7日(66歳)
身長
体重
182 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト2位
初出場 1970年
最終出場 1987年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

西井 哲夫(にしい てつお、1951年7月7日 - )は、宮崎県延岡市出身の元プロ野球選手である。ポジションは投手。右投右打。

来歴・人物[編集]

宮崎商業高校では、3年時の1969年にエースとして春の選抜に出場。1回戦で銚子商に敗退[1]。同年夏は県予選決勝で延岡商柳田豊に投げ勝ち、南九州大会に進む。ここでも首里高を降し、夏の選手権に出場を果たす。しかし同じく初戦で明星高(大阪)に敗れた[2]

同年秋のプロ野球ドラフト会議アトムズに2位指名され入団。1970年は新人ながら8月に初先発初完封勝利をあげる。同年は7試合に先発するが、力不足は否めず1勝にとどまった。しかし徐々に力をつけ、1972年には9勝を記録。1974年には11勝をあげ、松岡弘浅野啓司に次ぐ先発投手として、チームのAクラス入りに貢献した。しかし1976年には調子を崩し低迷、9月に先発の座を降りる。1977年は抑えとして起用され、1978年には中継ぎとしてリーグ優勝に貢献。同年の阪急ブレーブスとの日本シリーズでも3試合にリリーフとして登板、第4戦では勝利投手となり日本一に力を添えた。その後も抑えや中継ぎを中心に長く活躍する。

1982年オフに、倉持明投手との交換トレードでロッテオリオンズに移籍。主に抑え役を務め、1984年には6勝8セーブをあげた。在籍4年間で9勝11セーブをあげたが、1986年10月に戦力外通告を受ける。1987年中日ドラゴンズにテストで入団[3]。しかしここでは1勝もできず、同年オフに現役を引退した。

いわゆる剛速球投手ではないが、右の本格派で制球力に優れ、速球、カーブ、シュート、スライダー等をバランス良く投げ分けて打者を抑えた。

最近では、野球技術についての書籍に監修者として名を連ねている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 ヤクルト 20 7 1 1 1 1 3 -- -- .250 259 64.2 57 6 14 0 2 27 0 0 23 20 2.77 1.10
1971 26 12 6 2 1 5 7 -- -- .417 432 107.1 82 7 36 6 2 53 1 1 38 31 2.61 1.10
1972 32 21 5 1 0 9 5 -- -- .643 560 131.1 117 14 54 3 5 61 1 0 61 53 3.64 1.30
1973 30 12 1 0 0 2 3 -- -- .400 391 93.2 82 9 33 1 5 52 1 0 38 33 3.16 1.23
1974 35 25 3 0 0 11 6 1 -- .647 626 153.0 131 16 53 2 1 72 0 0 63 54 3.18 1.20
1975 43 21 1 0 0 9 15 0 -- .375 734 178.1 152 17 57 3 7 90 1 1 77 67 3.39 1.17
1976 32 11 0 0 0 0 7 0 -- .000 346 79.2 89 14 23 1 4 47 0 0 48 43 4.84 1.41
1977 30 3 0 0 0 3 2 2 -- .600 239 58.0 47 5 24 2 1 38 2 0 24 24 3.72 1.22
1978 30 8 0 0 0 1 0 1 -- 1.000 292 66.1 78 12 21 3 2 38 0 0 49 45 6.14 1.49
1979 43 0 0 0 0 3 2 0 -- .600 295 70.0 74 14 20 5 2 39 0 0 33 28 3.60 1.34
1980 29 6 2 1 0 5 1 0 -- .833 318 79.0 65 8 25 4 2 57 1 1 28 24 2.73 1.14
1981 47 3 0 0 0 5 5 4 -- .500 396 94.0 99 11 23 3 5 51 1 1 42 41 3.93 1.30
1982 22 0 0 0 0 0 3 1 -- .000 131 27.0 39 1 11 1 1 21 1 0 19 17 5.67 1.85
1983 ロッテ 34 1 0 0 0 3 4 0 -- .429 235 50.1 56 8 29 3 3 39 1 0 37 34 6.08 1.69
1984 37 0 0 0 0 6 3 8 -- .667 177 43.2 40 6 13 4 3 20 0 0 18 17 3.50 1.21
1985 25 0 0 0 0 0 0 3 -- ---- 183 39.2 48 7 17 1 0 22 0 0 31 26 5.90 1.64
1986 16 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 75 20.1 16 1 3 0 1 11 0 0 6 6 2.66 0.93
1987 中日 11 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 56 13.2 14 3 5 0 0 6 1 1 5 5 3.29 1.39
通算:18年 542 130 19 5 2 63 66 20 -- .488 5745 1370.0 1286 159 461 42 46 744 11 5 640 568 3.73 1.28
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号 [編集]

  • 11 (1970年 - 1978年)
  • 42 (1979年、1987年)
  • 16 (1980年 - 1982年)
  • 21 (1983年 - 1986年)

関連情報[編集]

出版物[編集]

出版元は、いずれも舵社

  • 野球技術 投手・捕手・内野手・外野手 目で見てマスターしよう野球技術 ポジション別技術指導と練習方法(2006年5月) ISBN 978-4-8072-6526-8
  • 野球技術 目で見てマスターしよう野球技術 打撃編(2006年7月) ISBN 978-4-8072-6528-2
  • 野球技術 目で見てマスターしよう野球技術 フォーメーション編(2007年2月) ISBN 978-4-8072-6529-9
  • 野球技術 目で見てマスターしよう野球技術 投手編(2007年6月) ISBN 978-4-8072-6530-5
  • 野球用語辞典 イラストと写真でよく分かる 野球用語を正しく理解しよう(2008年2月) ISBN 978-4-8072-6531-2
  • 野球技術 目で見てマスターしよう野球技術 練習方法&コーチング守備編(2008年4月) ISBN 978-4-8072-6532-9
  • 野球技術 目で見てマスターしよう野球技術 練習方法&コーチング攻撃と走塁(2008年7月) ISBN 978-4-8072-6533-6
  • 黄金期の野球 少年野球 守備編 一生のうちでいちばん野球が上手くなる(2009年3月) ISBN 978-4-8072-6534-3
  • 黄金期の野球 少年野球 打撃&走塁編 一生のうちでいちばん野球が上手くなる(2009年6月) ISBN 978-4-8072-6535-0
  • 野球技術 目で見てマスターしよう 実戦攻撃編(2009年10月) ISBN 978-4-8072-6536-7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 当時のドラゴンズは、落合博満を獲得すべく牛島和彦平沼定晴桑田茂と3人もの投手をオリオンズに放出したことで投手不足にあえいでおり、他球団を自由契約となった選手を相次いで入団させていた。西井の他にも、南海ホークスから森口益光阪急ブレーブスから小嶋正宣をそれぞれ入団させている。また、西武ライオンズからはトレードで村井一男川本智徳と2人の投手を獲得している。

関連項目[編集]