田中毅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 毅彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県土浦市
生年月日 (1959-08-27) 1959年8月27日(59歳)
身長
体重
174 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1977年 ドラフト6位
初出場 1980年
最終出場 1980年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 毅彦(たなか たけひこ、1959年8月27日 - )は、茨城県出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

茨城・土浦日大高では、三塁手として1977年春の選抜に出場。1回戦で智辯学園山口哲治に抑えられ敗退[1]。同年夏の甲子園県予選でも決勝に進むが、大野久のいた取手二高に敗れる。

同年ドラフト6位でヤクルト入団。1982年限りで現役引退。

県予選、関東大会にてホームランを連発、高校通算25本塁打、打率471という成績を残す。元西鉄の怪童にあやかり「中西二世」と注目された県屈指のスラッガーだった。しかし高校時代に打球を眼に当て手術を受けた後遺症もあって、プロでは戦力と成り得なかった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1980 ヤクルト 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .000 .000 .000 .000
通算:1年 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .000 .000 .000 .000

背番号[編集]

  • 55 (1978年 - 1982年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]