西村貞朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西村 貞朗
Nishimura Sadaaki.JPG
ライオンズ時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県仲多度郡琴平町
生年月日 (1934-11-25) 1934年11月25日
没年月日 (2015-08-03) 2015年8月3日(80歳没)
身長
体重
178 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1953年
初出場 1953年3月21日
最終出場 1962年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

西村 貞朗(にしむら さだあき、1934年11月25日 - 2015年8月3日)は、香川県仲多度郡琴平町出身の元プロ野球選手投手)、野球解説者実業家

史上5人目の完全試合達成者。

来歴・人物[編集]

琴平高校ではエースとして活躍。1951年、2年生の時に秋季四国大会県予選決勝に進み、高松一高荒井健と投げ合うが完封を喫する。翌1952年夏は県予選決勝で高松一高を降し優勝、北四国大会に進出するが八幡浜高に敗退。春夏とも甲子園出場はならなかった。

1953年に西鉄ライオンズに入団。同期入団に豊田泰光高倉照幸河村久文がいる。また、同郷の中西太がいたためチームにすぐ溶け込むことができた[1]

本格派右腕として期待され、開幕直後から先発として起用されるが、結果を残せず同年は2勝に終わる。プロ初勝利まで6連敗しているが、これは高卒新人の1年目の記録としてはNPB記録である[2]。しかし翌1954年は河村に次ぐチーム2位の22勝、防御率1.77(宅和本司に次ぐリーグ2位)を記録。投手陣の中軸として初のリーグ優勝に貢献し、最高勝率のタイトルも獲得した。同年の中日ドラゴンズとの日本シリーズでは第1戦の先発に起用され、杉下茂と投げ合うが8回に崩れ敗退。チームも日本一には届かなかった。

その後も主力投手として活躍し1956年には21勝。読売ジャイアンツとの日本シリーズでも3試合に登板し、初のシリーズ制覇に貢献した。しかし翌1957年には肩の故障もあって低迷、変化球主体の投球への転換を余儀なくされる。

1958年7月19日駒澤野球場で行われた東映フライヤーズ戦で完全試合を達成[3]。豊田によると、西村は3回終了時に「さあ、完全試合じゃけんね。しっかり守らないかんよ」と話していた[1]

1962年限りで現役引退。その後は九州朝日放送のプロ野球解説者を長年にわたり務める。福岡市内でガソリンスタンドの経営を統括する会社(株式会社大森商事)の会長を務めていた。

また、同い年・同期入団の豊田、高倉とは引退後も親交があり、特に豊田は来福の際に度々西村宅を訪問している。2008年7月15日の福岡ソフトバンクホークス埼玉西武ライオンズ戦で、和田博実・高倉照幸と共に始球式に参加。久々に投手としての姿を見せた。

出身地にある金刀比羅宮の絵馬殿には、1954年のリーグ優勝時に奉納した写真入りの絵馬が飾られている。

2015年8月3日肝臓がんのため死去[4]。80歳没。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1953 西鉄 34 13 2 0 0 2 9 -- -- .182 525 119.2 96 2 83 -- 1 129 5 0 60 53 3.98 1.50
1954 46 26 14 8 2 22 5 -- -- .815 1043 275.0 167 10 72 -- 4 236 4 0 65 54 1.77 0.87
1955 57 22 6 0 1 19 6 -- -- .760 1066 268.1 229 15 71 4 1 191 1 1 93 72 2.41 1.12
1956 62 29 8 4 0 21 7 -- -- .750 935 246.1 162 6 61 6 3 163 3 0 60 47 1.71 0.91
1957 29 9 2 0 0 5 5 -- -- .500 355 87.0 80 2 26 1 0 52 4 0 33 26 2.69 1.22
1958 39 16 1 1 1 7 10 -- -- .412 472 113.2 96 6 42 2 1 69 2 0 41 35 2.76 1.21
1959 29 12 2 1 0 6 4 -- -- .600 366 91.2 80 2 22 1 3 58 2 0 31 25 2.45 1.11
1961 12 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 100 17.1 34 2 11 0 0 10 4 0 28 16 8.00 2.60
1962 4 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 33 7.1 8 1 3 0 0 3 0 0 5 4 4.50 1.50
通算:9年 312 130 35 14 4 82 47 -- -- .636 4895 1226.1 952 46 391 14 13 911 25 1 416 332 2.44 1.10
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初勝利までの6連敗は高卒新人のワースト記録

背番号[編集]

  • 20 (1953年 - 1962年)

関連情報[編集]

解説者としての出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b おんりい・いえすたでい2015年8月28日週刊ベースボールオンライン
  2. ^ 週刊ベースボール2014年7月7日号105ページ
  3. ^ 【7月19日】1958年(昭33) 元エース 西村貞朗 ローテの谷間が完全試合 日めくりプロ野球 スポーツニッポン
  4. ^ 元西鉄ライオンズ投手、西村貞朗さん死去 完全試合達成、黄金期支える 西日本新聞 2015年8月7日閲覧

関連項目[編集]