ジェイソン・スタンリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェイソン・スタンリッジ
Jason Standridge
千葉ロッテマリーンズ #55
HAWKS55-Jason Wayne Standridge.jpg
ソフトバンク時代
(2014年10月19日 福岡ヤフオク!ドーム)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州バーミングハム
生年月日 1978年11月9日(37歳)
身長
体重
191 cm
110 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 MLBドラフト1巡目(全体31位)でタンパベイ・デビルレイズから指名
初出場 MLB / 2001年7月29日
NPB / 2007年6月23日
年俸 1億4,000万円(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェイソン・ウェイン・スタンリッジJason Wayne Standridge, 1978年11月9日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州バーミングハム出身のプロ野球選手投手)。千葉ロッテマリーンズ所属。

2007年から2008年まで、福岡ソフトバンクホークスでの登録名は「スタンドリッジ」であった。

経歴[編集]

ソフトバンクへの在籍期間のうち、2007年・2008年は便宜上「第1期」、2014年・2015年は「第2期」と表記する。

デビルレイズ時代[編集]

1997年MLBドラフト1巡目(全体31位)で、翌年に設立される新球団タンパベイ・デビルレイズから指名され契約。

1998年に、ルーキーアドバンスドクラスのプリンストン・レイズアパラチアンリーグ)で、61失点[1]を喫し、シーズン最多失点のリーグワースト記録を塗り替えた[2]

1999年はA級チャールストン・リバードッグスサウス・アトランティックリーグ)で最優秀防御率を争ったが、シーズン中にA+級セントピーターズバーグ・デビルレイズフロリダ・ステートリーグ)に昇格したため、受賞を逃している[2]

2001年7月29日の対テキサス・レンジャーズ戦でメジャーデビュー。

2004年10月15日にFAとなった。

レンジャーズ時代[編集]

2004年11月19日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ[3]

2005年はAAA級オクラホマシティ・レッドホークスで開幕を迎え、6月17日にレンジャーズとメジャー契約を結んだ[4]が、2試合(2.1回)で7安打3失点と結果を残せず、6月24日にDFAとなった[5]。6月30日にマイナー契約を拒否したためFAとなった。

レッズ時代[編集]

2005年7月1日にシンシナティ・レッズとマイナー契約を結び、7月5日にレッズとメジャー契約を結んだ[6]。レッズでは32試合に登板し、2勝2敗5ホールド、防御率4.06だった。

2006年はスプリングトレーニングで7試合に登板したが、防御率が11.57と落ち込み、3月21日にDFAとなった[7]。3月23日にAAA級ルイビル・バッツへ降格。6月19日に再びレッズとメジャー契約を結んだ[8]が、8月7日に腰の故障で15日間の故障者リスト入りとなった[9]。9月1日に故障者リストから外れ、その後は5試合に登板。この年は21試合に登板し、1勝1敗1ホールド、防御率4.82だった。

ロイヤルズ時代[編集]

2006年11月14日にウェーバーニューヨーク・メッツへ移籍した[10]

2007年1月25日にDFAとなり、1月31日にマイナー契約を拒否したためFAとなった。2月6日にカンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結び[11]、4月4日にオクタビオ・ドーテルが故障者リスト入りしたため、ロイヤルズとメジャー契約を結んだ[12]。昇格後は3試合に登板したが、合計6.2回で10失点(自責点7)を記録し、4月20日にDFAとなった[13]。4月24日にAAA級オマハ・ロイヤルズへ降格[14]。5月10日にロイヤルズと再びメジャー契約を結び[15]、5月19日のコロラド・ロッキーズ戦では1回を無安打無失点2奪三振に抑えたが、その後登板機会はなく、5月22日にDFAとなった[16]。5月25日にマイナー契約を拒否したためFAとなった。

ソフトバンク時代・第1期(2007 - 2008年)[編集]

ソフトバンク時代・第1期(2008年)

2007年6月3日に福岡ソフトバンクホークスと3000万円で契約。同年6月23日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)に初登板。リリーフとして5回裏に登板し、四球2つを出したものの無失点に抑えた。直後の6回表にチームが逆転し、そのまま勝利したため、初登板初勝利をマークした。当初はリリーフとして起用されていたが、先発投手陣に故障が相次いだこともあり8月から先発に転向。これが功を奏し、新外国人では史上3人目の先発5連勝を記録するなど、2007年は7勝を挙げた。

2008年は開幕から2試合連続で打ち込まれ、その後故障もあって二軍降格。8月にいったん一軍に復帰したものの4回3失点で敗戦投手となり、再び二軍降格となった。結局このシーズンは1勝も挙げられず、10月12日に解雇された[17]

マーリンズ傘下時代[編集]

2009年1月29日にフロリダ・マーリンズとマイナー契約を結んだ[18]。AAA級ニューオーリンズ・ゼファーズで開幕を迎え、リリーフとして6試合に登板したが、防御率7.82と振るわず、4月29日に契約を解除された。

マーリンズ退団後はアトランティックリーグサマセット・ペイトリオッツに加入。18試合に登板し、4勝4敗、防御率5.13だった。

阪神時代[編集]

2010年1月7日にフィラデルフィア・フィリーズと契約したが、スプリングトレーニング中にロースターから外れた。

同年4月5日に阪神タイガースと契約。2シーズン振りにNPBへ復帰した。これを機に、NPBでの登録名をスタンリッジに改めている。阪神がスタンリッジの緊急獲得に踏み切った背景には、岩田稔の故障離脱や新外国人ケーシー・フォッサムの不振などで、先発投手陣が手薄になっていた[19]ことが挙げられる。そのためチームへの合流直後から一軍先発陣の一角を担った。当初は投球内容が安定しなかったが、7月6日の対東京ヤクルトスワローズ戦(倉敷マスカットスタジアム)でNPBでの初完投、同月19日の対広島東洋カープ戦(阪神甲子園球場)でNPBでの初完封を記録。8月上旬に腰の張りで一時離脱したものの、9月7日には自身初のシーズン2桁勝利を記録した。

2011年の6月は1完封含む3勝0敗・防御率1.24の成績を挙げて阪神の外国人投手で初の月間MVPに選ばれた[20]。翌7月も3勝0敗、防御率0.55の好成績で、6月に続いて月間MVPを受賞し、セ・リーグの外国人投手で初の連続受賞となった[21]。8月以降は1勝どまりで、9勝7敗でシーズンを終えた。

2012年は引き続き開幕から先発ローテーションに入り、年間を通して安定した投球を続けた。しかし規定投球回を投げて防御率2.69・WHIP1.19など2011年を上回る好成績を残すも打線の援護に恵まれず、最終的に7勝12敗と大きく負け越した。

2013年は先発陣の一員として26試合に登板。投球回は160回以上で、セ・リーグ3位の防御率2.74を記録。しかし、先発した試合で打線の援護に恵まれないことが多く、8勝12敗でシーズンを終えた[22]。さらに、球団ではシーズン終了後に、投打の柱であるマット・マートンおよびランディ・メッセンジャーの残留を内定。その一方で、新外国人選手として投手の呉昇桓と内野手のマウロ・ゴメスの獲得に動いた。このため、同時に一軍へ登録できる外国人選手数の上限(最大4人)との兼ね合いで、11月中旬にスタンリッジの退団が決まった。スタンリッジは、退団決定の直後に、自身のTwitterを通じてファンへの感謝の言葉を綴っている[23][24]。阪神からの退団を受けて、複数球団がスタンリッジの獲得に動いた[25]

ソフトバンク時代・第2期(2014 - 2015年)[編集]

2013年12月17日に古巣のソフトバンクが2年契約を結んだことを発表した[26]。同球団への所属は6年振りだが、第1期から一転して、阪神時代の登録名「スタンリッジ」と背番号「55」を引き継いでいる[27]

2014年4月1日の対北海道日本ハムファイターズ戦で復帰後初の一軍公式戦登板を果たす[28]と、同月15日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(いずれも福岡ヤフオク!ドーム)で復帰後初勝利[29]。メッセンジャーと先発で投げ合った6月9日の対阪神戦(甲子園)では、被安打3でシーズン初完封勝利を挙げるとともに、NPB史上16人目(外国人投手では2人目)の全球団勝利を達成した[30]。7月14日の対千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリンフィールド)3回裏には、1イニング3与死球のNPBタイ記録に加えて、阪神時代のチームメイトであったクレイグ・ブラゼルへの死球によって来日初の危険球退場を経験[31]。それでも、レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦で阪神時代の2010年に並ぶ来日後自己最多の11勝を挙げた。なお、一軍のリーグ優勝で迎えたポストシーズンでは、日本ハムとのクライマックスシリーズ ファイナルステージ第5戦(10月20日・福岡ヤフオク!ドーム)での先発で6回無失点と好投[32]。古巣・阪神との日本シリーズ第1戦(同月26日・甲子園)では、外国人投手としてジョー・スタンカ南海ホークス時代の1964年)以来チーム50年振りのシリーズ開幕投手を任された[33]が、メッセンジャーとの先発対決に敗れた[34]

2015年は日本人を含めたチーム最年長投手として、ロッテとの開幕第2戦(3月28日・福岡ヤフオク!ドーム)に先発。7回2失点という内容でシーズン初勝利を挙げるとともに、新監督の工藤公康へ公式戦初勝利をもたらした[35]。5月には、パシフィック・リーグ投手部門の月間MVP候補に挙げられるほど好調だった[36]が、23日の対日本ハム戦(札幌ドーム)では2回裏に西川遥輝から来日初の満塁本塁打を浴びた[37]。6月のセ・パ交流戦期間中には、新外国人投手のリック・バンデンハークと入れ替わる格好で、14日から10日間二軍で調整[38]。この時を境に、他の外国人選手などとの兼ね合いで、出場選手登録と抹消を繰り返した。しかし、レギュラーシーズン全体では、自身初の2年連続2桁勝利を達成するなど一軍のリーグ連覇に貢献。ヤクルトとの日本シリーズでは、チームの3勝1敗で迎えた10月29日の第5戦(福岡ヤフオク!ドーム)に先発すると、6回無失点という内容でチームを勝利とシリーズ連覇に導いた。なお、この年で2年契約が満了したことから、球団では11月14日にスタンリッジとの契約を更新しないことを発表した[39]。ソフトバンク退団後もNPB他球団での現役続行を望んだ[40]ため、複数の球団が獲得を検討していた。

ロッテ時代[編集]

2015年12月25日に千葉ロッテマリーンズが獲得を発表[41]。年俸120万ドル(約1億4,200万円)の1年契約で、背番号は阪神・ソフトバンク第2期に続いて「55」を着用[42]。2年目の契約については球団が行使権を有する[43]

プレースタイル[編集]

長身からのスリー・クォーターで投げ込む平均球速145 km/h[44](最速は2011年7月12日甲子園での対読売ジャイアンツ戦で7回表に記録した154 km/h)の速球フォーシームツーシーム)が武器。変化球はカーブスライダーチェンジアップを投げる。スライダーはカウント球と決め球で異なる握りを用い、決め球に使う方はカットボールに近い。カーブの握りはナックルに近く、ナックルカーブと紹介されることも多いが、スタンリッジ本人は「スパイクカーブ」と称している。

阪神時代には、2点台の防御率を記録するほどナイトゲームで好調だったことから、「夜王」と呼ばれた[45]。その一方で、デーゲームには弱く、阪神時代の防御率は5点台であった[46]

阪神・ソフトバンク時代を通じて、地方球場の先発登板試合では、2015年シーズン終了の時点で8勝1敗という好成績を残している[47]。ソフトバンク第2期の2015年4月13日に熊本県藤崎台県営野球場で催された日本ハム戦に0-1のスコアで惜敗するまでは、7連勝を記録していた[48]

人物[編集]

クリスチャンである。甲子園球場や福岡ヤフオク!ドームでヒーローインタビューを受ける際に、日本語で「神様は、私の力です」というメッセージを送ることが多かった。阪神からの退団が決まった直後にも、退団後の去就について、自身のTwitterで「今、私は神の導く新しい場所へ向かいます」とのツイートを残している[23]

妻のジョイとの間に、息子一人と、2015年に養子に迎えた神戸児童養護施設出身の娘がいる[49]

ソフトバンク第2期の2015年公式戦開幕直後(3月30日)には、チームメイトのデニス・サファテとの連名で、東日本大震災復興支援財団に協力することを発表。スタンリッジ自身は、「1勝につき20万円」という単位で累積した金額を、シーズン終了後に同財団へ寄付することを表明した。ちなみに、この年には10勝を挙げたため、寄付金の総額は200万円に到達[50]。ソフトバンクからの退団発表直後(11月25日)には、全額の寄付が完了したことを、球団を通じて報告している[51]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2001 TB 9 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 87 19.1 19 5 14 1 0 9 0 0 10 10 4.66 1.71
2002 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 18 3.0 7 1 4 0 0 1 0 0 3 3 9.00 3.67
2003 8 7 1 0 0 0 5 0 0 .000 157 35.1 38 7 16 0 1 20 4 0 25 25 6.37 1.53
2004 3 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 48 10.0 14 5 4 0 0 7 1 0 10 10 9.00 1.80
2005 TEX 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 16 2.1 7 0 1 1 0 2 1 0 3 3 11.57 3.43
CIN 32 0 0 0 0 2 2 0 5 .500 140 31.0 38 3 16 7 1 17 1 0 14 14 4.06 1.74
'05計 34 0 0 0 0 2 2 0 5 .500 156 33.1 45 3 17 8 1 19 2 0 17 17 4.59 1.86
2006 21 0 0 0 0 1 1 0 1 .500 86 18.2 17 2 14 0 1 18 0 0 14 10 4.82 1.66
2007 KC 4 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 41 7.2 11 2 5 2 0 6 0 0 10 7 8.22 2.09
ソフトバンク 17 8 0 0 0 7 1 0 1 .875 233 54.0 51 0 23 2 1 35 2 2 22 18 3.00 1.37
2008 3 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 64 13.0 17 1 6 0 2 8 0 0 13 11 7.62 1.77
2010 阪神 23 21 2 1 1 11 5 0 0 .688 530 126.1 121 6 37 1 13 98 6 2 55 49 3.49 1.25
2011 25 25 3 2 0 9 7 0 0 .563 634 151.0 136 9 46 3 11 116 5 0 50 49 2.92 1.21
2012 25 25 1 0 0 7 12 0 0 .368 619 150.1 134 8 45 2 11 102 4 0 50 45 2.69 1.19
2013 26 26 2 2 1 8 12 0 0 .400 677 160.2 161 12 47 2 4 124 5 2 62 49 2.74 1.29
2014 ソフトバンク 26 26 2 1 0 11 8 0 0 .579 725 172.0 156 13 57 0 10 129 3 1 68 63 3.30 1.24
2015 23 23 1 1 0 10 7 0 0 .588 617 144.1 150 12 44 0 8 81 4 1 64 60 3.74 1.34
MLB:7年 80 9 1 0 0 3 9 0 6 .250 593 127.1 151 25 74 11 3 80 7 0 89 82 5.80 1.77
NPB:8年 168 157 11 7 2 63 54 0 1 .538 4099 971.2 926 61 305 10 60 693 29 8 384 344 3.19 1.27
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

  • 月間MVP:2回 (2011年6月、2011年7月)

記録[編集]

MLB[編集]

投手記録

NPB[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打:2010年7月6日、対東京ヤクルトスワローズ9回戦(倉敷マスカットスタジアム)、7回裏に増渕竜義から右前安打
その他の記録
  • 全球団から勝利:2014年6月9日、対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)、9回無失点3安打6奪三振で完封勝 ※史上16人目、外国人選手では2人目
  • 1イニング3与死球:2014年7月14日、対千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリンフィールド) ※パ・リーグタイ記録、史上5人目

背番号[編集]

  • 53 (2001年 - 2004年)
  • 44 (2005年 - 同年途中)
  • 35 (2005年途中 - 2006年)
  • 30 (2007年 - 同年途中)
  • 20 (2007年途中 - 2008年)
  • 55 (2010年 - )

登録名[編集]

  • ジェイソン・スタンドリッジ(2007年 - 2008年)
  • ジェイソン・スタンリッジ(2010年 - )

登場曲[編集]

登板用

打席用

  • Sexy And I Know It - LMFAO(2012年 - )

脚注[編集]

  1. ^ http://www.baseball-reference.com/minors/player.cgi?id=standr001jas 2013年8月3日閲覧。
  2. ^ a b “スタン虎救った! G斬り“歓”封ショーで6勝目”. サンケイスポーツ. (2013年8月3日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130803/tig13080305060011-n3.html 2013年8月3日閲覧。 
  3. ^ Texas Rangers sign 15 to minor league contracts”. MLB.com Dodgers Press Release (2004年11月19日). 2016年2月4日閲覧。
  4. ^ Ken Sins (2005年6月17日). “Notes: Astacio the latest starter to exit”. MLB.com. 2016年2月4日閲覧。
  5. ^ Rangers activate LHP Ron Mahay from 15-day disabled list”. MLB.com Dodgers Press Release (2005年6月24日). 2016年2月4日閲覧。
  6. ^ Anthony Castrovince (2005年7月5日). “Notes: Introducing Jason Standridge”. MLB.com. 2016年2月4日閲覧。
  7. ^ Reds acquire catcher David Ross”. MLB.com Reds Press Release (2006年3月21日). 2016年2月4日閲覧。
  8. ^ Mark Sheldon (2006年6月19日). “Notes: Griffey falls in All-Star voting”. MLB.com. 2016年2月4日閲覧。
  9. ^ Mark Sheldon (2006年8月7日). “Notes: Reds acquire righty Franklin”. MLB.com. 2016年2月4日閲覧。
  10. ^ Mets claim right-handed pitcher Jason Standridge on waivers from the Cincinnati Reds”. MLB.com Mets Press Release (2006年11月20日). 2016年2月4日閲覧。
  11. ^ Royals sign Todd Wellemeyer to one-year deal”. MLB.com Royals Press Release (2007年2月6日). 2016年2月4日閲覧。
  12. ^ Royals place Dotel on DL, purchase Standridge”. MLB.com Royals Press Release (2007年4月4日). 2016年2月4日閲覧。
  13. ^ Conor Nicholl (2007年4月20日). “Notes: Musser gets the call to Majors”. MLB.com. 2016年2月4日閲覧。
  14. ^ Alan Eskew (2007年4月24日). “Notes: Catchers continue to split time”. MLB.com. 2016年2月4日閲覧。
  15. ^ Conor Nicholl (2007年5月10日). “Royals designate reliever Wellemeyer”. MLB.com. 2016年2月4日閲覧。
  16. ^ Conor Nicholl (2007年5月22日). “Notes: Dotel off the DL and ready to go”. MLB.com. 2016年2月4日閲覧。
  17. ^ 戦力外通告について”. 福岡ソフトバンクホークス (2008年10月12日). 2016年2月4日閲覧。
  18. ^ Joe Frisaro (2009年1月29日). “Marlins invite Calero, Standridge”. MLB.com. 2016年2月4日閲覧。
  19. ^ 阪神、元ソフトバンクのスタンリッジと契約 サンケイスポーツ、2010年4月5日。
  20. ^ 虎助っ投初!スタンリッジが月間MVP サンケイスポーツ、2011年7月7日。
  21. ^ 虎・スタン、賞より優勝「チームが首位に」 SANSPO.COM 2011年8月4日
  22. ^ “防御率はリーグ3位…スタンリッジ、阪神退団へ”. 読売新聞. (2013年11月14日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20131114-OYT1T00379.htm 2013年11月17日閲覧。 
  23. ^ a b “スタンが惜別ツイート「私は戻らない」”. デイリースポーツ. (2013年11月16日). http://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2013/11/16/0006501426.shtml 2013年11月17日閲覧。 
  24. ^ “スタンリッジ 惜別ツイート「心苦しいけど14年は阪神に戻らない」”. スポーツニッポン. (2013年11月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/17/kiji/K20131117007025300.html 2013年11月17日閲覧。 
  25. ^ スタン 「戻ってきて…よかった」 2387日ぶり復帰星 西日本新聞、2014年4月16日
  26. ^ 新外国人選手の入団について”. 福岡ソフトバンクホークス (2013年12月17日). 2016年2月4日閲覧。
  27. ^ “【ソフトバンク】スタンリッジ、サファテ獲得を発表”. 日刊スポーツ. (2013年12月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131217-1232622.html 2013年12月17日閲覧。 
  28. ^ “スタンリッジ6年ぶりの復帰マウンド”. 日刊スポーツ. (2014年4月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140401-1278833.html 2015年11月25日閲覧。 
  29. ^ “ソフトBパ10勝一番乗り&スタンリッジ復帰1勝”. 日刊スポーツ. (2014年4月16日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140416-1285869.html 2015年11月25日閲覧。 
  30. ^ “スタンリッジ 古巣相手に今季初完封勝利!全球団制覇を達成”. スポーツニッポン. (2014年6月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/06/09/kiji/K20140609008334280.html 2015年11月25日閲覧。 
  31. ^ “スタンリッジ1回3死球 危険球退場”. 日刊スポーツ. (2014年7月15日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140715-1334840.html 2015年11月25日閲覧。 
  32. ^ “ソフトバンク勝利の方程式失敗きょう大隣先発”. 日刊スポーツ. (2014年10月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141020-1384456.html 2015年11月25日閲覧。 
  33. ^ “ソフトBスタンリッジが50年ぶり外国人投手開幕”. 日刊スポーツ. (2014年10月25日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141025-1386849.html 2015年11月25日閲覧。 
  34. ^ “秋山ソフトバンク スタンリッジ助っ人対決で完敗…”. 日刊スポーツ. (2014年10月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141026-1387375.html 2015年11月25日閲覧。 
  35. ^ “ソフトバンク投手陣最年長スタンリッジが工藤監督に初○捧げた”. 日刊スポーツ. (2015年3月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1453753.html 2015年11月26日閲覧。 
  36. ^ “5月度月間MVP候補に阪神藤浪、西武森ら”. 日刊スポーツ. (2015年5月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1480539.html 2015年11月26日閲覧。 
  37. ^ “「暗い顔するなよ」/工藤監督”. 日刊スポーツ. (2015年5月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1481430.html 2015年11月26日閲覧。 
  38. ^ “ソフトバンク・バンデンハーク美人妻前で日本1勝”. 日刊スポーツ. (2015年6月15日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1492486.html 2015年11月26日閲覧。 
  39. ^ 来季契約について | 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト - 2015年11月14日
  40. ^ “スタンリッジ去就微妙「日本の球団でプレーしたい」”. 日刊スポーツ. (2015年10月31日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1559938.html 2015年11月26日閲覧。 
  41. ^ J.スタンリッジ投手の獲得について”. 千葉ロッテマリーンズ (2015年12月25日). 2016年2月4日閲覧。
  42. ^ “ロッテ・スタンリッジ誕生「千葉にVトロフィーを」”. 日刊スポーツ. (2015年12月25日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1583630.html 2015年12月25日閲覧。 
  43. ^ “ロッテ、元鷹・スタンリッジと年俸9700万円で合意”. サンケイスポーツ. (2015年12月24日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20151224/mar15122405040001-n1.html 2015年12月25日閲覧。 
  44. ^ 『2011プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2011年、183頁。ISBN 978-4-930942-98-2
  45. ^ 虎の勝ち頭や!夜王スタン6回1失点3勝 サンケイスポーツ、2012年5月10日。
  46. ^ 阿部祐亮 (2012年4月15日). “虎将、初回6失点…大乱調のスタンに怒”. サンケイスポーツ. http://www.sanspo.com/baseball/news/20120415/tig12041505050013-n2.html 2012年4月15日閲覧。 
  47. ^ “ソフトバンク・スタンリッジ 地方大好き9勝目”. 日刊スポーツ. (2015年7月30日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1515199.html 2015年11月26日閲覧。 
  48. ^ “ソフトBスタンリッジ 地方球場連勝記録7で止まる”. 日刊スポーツ. (2015年4月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1460952.html 2015年11月26日閲覧。 
  49. ^ “ソフトバンク・スタンリッジ 養子に迎えた日本人の女の子ケインちゃんお披露目”. 東スポweb. (2015年7月23日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/424948/ 2015年7月23日閲覧。 
  50. ^ “ソフトBサファテ&スタンリッジが成績に連動し復興寄付”. 日刊スポーツ. (2015年3月30日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1454360.html 2015年11月26日閲覧。 
  51. ^ “D.サファテ投手、J.スタンリッジ投手による寄付について”. 福岡ソフトバンクホークス. (2015年11月25日). http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/12754.html 2015年12月1日閲覧。 
  52. ^ a b http://www.baseball-reference.com/players/s/standja01.shtml 2013年8月3日閲覧。
  53. ^ http://www.baseball-reference.com/boxes/TEX/TEX200107290.shtml 2013年8月3日閲覧。
  54. ^ a b http://www.baseball-reference.com/players/gl.cgi?id=standja01&t=p&year=2001 2013年8月3日閲覧。
  55. ^ a b http://www.baseball-reference.com/boxes/TBA/TBA200108090.shtml 2013年8月3日閲覧。
  56. ^ http://www.baseball-reference.com/players/gl.cgi?id=standja01&t=p&year=2005 2013年8月3日閲覧。
  57. ^ http://www.baseball-reference.com/boxes/CIN/CIN200507160.shtml 2013年8月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]