荒井健 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荒井 健
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 満州国
生年月日 (1934-01-01) 1934年1月1日(84歳)
身長
体重
171 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1957年
初出場 1957年
最終出場 1958年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

荒井 健(あらい たけし、現姓:水野、1934年1月1日 - )は、満州国出身、香川県育ち[1]の元プロ野球選手

経歴[編集]

戦後に父が抑留され、単身満州から香川に引き上げる[1]。中学から野球を始め、高松一高では1951年、2年生の時に、1年先輩の中西太と共に夏の甲子園に出場[1]。1回戦で岡山東商秋山登、準々決勝では芦屋高植村義信に投げ勝ち、準決勝に進出するが、エース清水宏員を擁する平安高に惜敗[2]。中西以外のチームメートに捕手の松井清(西鉄)、二塁手松岡雅俊がいた。翌1952年夏は北四国大会松山商に敗れ、甲子園には届かなかった。

卒業後は早稲田大学に進学。東京六大学リーグでは3回の優勝を経験するが、同期の木村保、山口欣二(住友金属)らの陰に隠れ、あまり活躍の場はなかった。

1957年近鉄パールスへ入団[1]。1年目から一軍に上がり、8月には初先発を果たす。しかし翌1958年榎本喜八のピッチャーライナーを受けて骨折、未勝利のまま実働2年で現役引退した[1]

引退後は東映フライヤーズのスカウトとして活動し、尾崎行雄の獲得に関わる[1]。後に結婚し、水野姓となり東映退団後に水野興業を設立して実業界に転じ、「鶴ヶ島ゴルフ倶楽部」、「東名小山カントリー倶楽部(現:ギャツビイゴルフクラブ)」、「東京国際空港ゴルフ倶楽部」などのゴルフ場を開発した[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1957 近鉄 13 3 0 0 0 0 0 -- -- .000 110 26.0 27 4 4 0 1 14 0 0 15 11 3.81 1.19
1958 15 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 107 24.2 24 2 7 0 1 7 1 0 13 9 3.24 1.28
通算:2年 31 4 0 0 0 0 1 -- -- .000 217 50.2 51 6 11 0 2 21 1 0 28 20 3.53 1.24

背番号[編集]

  • 21 (1957年 - 1958年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、18ページ
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]