1957年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1957年 | 1957年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 読売ジャイアンツ 74 53 3 .581 -
2位 大阪タイガース 73 54 3 .573 1.0
3位 中日ドラゴンズ 70 57 3 .550 4.0
4位 国鉄スワローズ 58 68 4 .462 15.5
5位 広島カープ 54 75 1 .419 21.0
6位 大洋ホエールズ 52 74 4 .415 21.5
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 西鉄ライオンズ 83 44 5 .648 -
2位 南海ホークス 78 53 1 .595 7.0
3位 阪急ブレーブス 75 52 5 .587 8.0
4位 毎日オリオンズ 71 55 6 .561 11.5
5位 東映フライヤーズ 56 73 3 .436 28.0
6位 近鉄パールス 44 82 6 .356 38.5
7位 大映ユニオンズ 41 89 2 .318 43.5

日本シリーズ[編集]

1957年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月26日(土) 第1戦 読売ジャイアンツ 2-3 西鉄ライオンズ 平和台球場
10月27日(日) 第2戦 読売ジャイアンツ 1-2 西鉄ライオンズ
10月28日(月) 移動日
10月29日(火) 第3戦 雨天中止 後楽園球場
10月30日(水) 西鉄ライオンズ 5-4 読売ジャイアンツ
10月31日(木) 第4戦 西鉄ライオンズ 0-0 読売ジャイアンツ
11月1日(金) 第5戦 西鉄ライオンズ 6-5 読売ジャイアンツ
優勝:西鉄ライオンズ(2年連続2回目)

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 与那嶺要 巨人 稲尾和久 西鉄
最優秀新人 藤田元司 巨人 木村保 南海
首位打者 与那嶺要 巨人 .343 山内和弘 毎日 .331
本塁打王 佐藤孝夫
青田昇
国鉄
大洋
22本 野村克也 南海 30本
打点王 宮本敏雄 巨人 78点 中西太 西鉄 100点
最多安打 与那嶺要 巨人 160本 中西太 西鉄 154本
盗塁王 飯田徳治 国鉄 40個 河野旭輝 阪急 56個
最優秀防御率 金田正一 国鉄 1.63 稲尾和久 西鉄 1.37
最多勝利 金田正一 国鉄 28勝 稲尾和久 西鉄 35勝
最多奪三振 秋山登 大洋 312個 梶本隆夫 阪急 301個
最高勝率 木戸美摸 巨人 .708 稲尾和久 西鉄 .854

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 金田正一 国鉄 稲尾和久 西鉄
捕手 藤尾茂 巨人 野村克也 南海
一塁手 川上哲治 巨人 岡本健一郎 阪急
二塁手 井上登 中日 岡本伊三美 南海
三塁手 三宅秀史 大阪 中西太 西鉄
遊撃手 吉田義男 大阪 豊田泰光 西鉄
外野手 与那嶺要 巨人 山内和弘 毎日
田宮謙次郎 大阪 大下弘 西鉄
青田昇 大洋 毒島章一 東映

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

2月[編集]

  • 2月19日 - パ・リーグの緊急オーナー会議が東京駅八重洲北口の「ホテル国際観光」にて午後1時半より行われ、現行の8球団制を協議するも結論が出ず午後4時に散会[1]
  • 2月20日 - パ・リーグのオーナー会議が前日に引き続いて午前11時より「ホテル国際観光」にて開かれ、フランチャイズ制を検討した結果6球団制の実施に向けて進み、25日のオーナー会議で具体案を研究することを決定[2]
  • 2月25日 - パ・リーグのオーナー会議が午後1時から東京駅八重洲口の「ホテル国際観光」にて開かれ、高橋ユニオンズ大映ユニオンズが球団合併することを決定して「大映ユニオンズ」とし、7球団制を取ることを決定。パ・リーグ総裁の佐伯勇が会議後に声明を発表[3]
  • 2月26日 - パ・リーグの代表者会議が午後3時より銀座アラスカで開かれ、パ・リーグの今年度の公式戦について、22回総当たり(1チーム年間132試合)の462試合とすることを決定[4]

3月[編集]

  • 3月7日 - パ・リーグは3月30日の公式戦開幕日の組合せと球場について、南海対近鉄(大阪球場)・阪急対東映(西宮球場)・西鉄対毎日(平和台球場)の3試合とすると発表[5]
  • 3月30日

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月28日 - 西鉄の川崎徳次が平和台球場での対阪急戦に登板し、プロ通算500試合登板を達成[10]

6月[編集]

7月[編集]

  • 7月7日 - 大洋の権藤正利後楽園球場での対巨人戦ダブルヘッダー第一試合の12回戦に先発して完封勝利を挙げ、1955年7月9日の対広島戦以来続いていた連敗を28で止める[18]
  • 7月15日
    • 中日球場での中日対国鉄12回戦で、国鉄の金田正一で九回表に河合保彦を三振に打ち取り、プロ通算2000奪三振を達成[19]。国鉄の佐竹一雄が先発出場しプロ通算1000試合出場を達成[20]
  • 7月23日 - 阪急の渡辺清がプロ野球1万号ホームランを放った[21]
  • 7月23日 - 阪急の梶本隆夫が西宮球場での対南海13回戦に先発し、三回表一死後皆川睦雄以降連続して三振に打ち取り五回表に穴吹義雄から三振を奪い、プロ野球新記録となる8者連続三振を達成。六回表に先頭打者の寺田陽介も三振に打ち取り、連続三振の記録を9に伸ばす。次打者の皆川は中飛となり記録は9で途絶える[22]。。
  • 7月24日 - 広島市民球場が開場。初公式戦の広島カープ対大阪戦がナイターで行われ、大阪が15対1で勝利[23]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月3日 - 西鉄対大毎戦において、西鉄の三原修監督は5回1死の大毎の打者葛城隆雄の場面で、葛城を苦手としていた先発の稲尾和久を一塁に守らせ、若生忠男を登板させる継投を行う。稲尾は6回からマウンドに戻り、試合は4対3で西鉄が勝利、稲尾は14連勝している。一人の選手を投手→野手→投手へと交代するのは、2リーグ制以降としては初であった[28]
  • 9月17日 - 中日の中山俊太が対広島戦で球団史上初の毎回奪三振12。
  • 9月18日 - 大洋の権藤正利が対阪神戦(甲子園)でセ・リーグ新記録、NPBタイ記録の4与死球。

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞1957年3月20日7面「球団再編成を協議 パ・リーグ オーナー会議」毎日新聞縮刷版1957年2月p273
  2. ^ 毎日新聞1957年3月21日7面「6球団制の実施へ パ・リーグ 25日に具体案ねる」毎日新聞縮刷版1957年2月p287
  3. ^ 読売新聞1957年2月26日4面「大映と高橋合併 パ・リーグ 今年は7球団で オーナー会議 六球団制実現に失敗」
  4. ^ 毎日新聞1957年2月27日7面「22回総当たり(462試合)に パ・リーグ 3月30日から公式戦」毎日新聞縮刷版1957年2月p373
  5. ^ 毎日新聞1957年3月8日7面「開幕日組合せ決まる パ・リーグ」毎日新聞縮刷版1957年3月p103
  6. ^ 毎日新聞1957年3月30日夕刊3面「岸首相が始球式 プロ野球 6球団で火ブタ」毎日新聞縮刷版1958年3月p415
  7. ^ 毎日新聞1957年3月31日7面「植村(毎日)西鉄を押う 四回 葛城が3点ホーマー」毎日新聞縮刷版1957年3月p423
  8. ^ 毎日新聞1957年4月7日夕刊3面「早実、初優勝成る 高知の反撃封ず 王、投打に活躍」毎日新聞縮刷版1957年4月p99
  9. ^ 毎日新聞1957年4月12日7面「穴吹、本塁打をフイに」毎日新聞縮刷版1957年4月p161
  10. ^ 毎日新聞1957年5月29日7面「川崎、五百試合に登板」毎日新聞縮刷版1957年5月p393
  11. ^ 毎日新聞1957年6月6日7面「筒井千試合出場」毎日新聞縮刷版1957年6月p75
  12. ^ 毎日新聞1957年6月11日7面「"野球記念館"に協力 プロ野球実行委」毎日新聞縮刷版1957年6月163
  13. ^ 毎日新聞1957年6月17日5面「毎日、大映に勝越せず 第二試合 追いつかれて引分」毎日新聞縮刷版1957年6月p239
  14. ^ 毎日新聞1957年6月18日7面「古川が千五百回出場」毎日新聞縮刷版1957年6月p269
  15. ^ 毎日新聞1957年6月20日7面「金田(国鉄)三振奪取の新記録 八年間で一九六七個 巨人を破り13勝あげる」毎日新聞縮刷版1957年6月p283
  16. ^ 毎日新聞1957年6月20日7面「近鉄の芥田監督、当分休養 加藤助監督が代行」毎日新聞縮刷版1957年6月p335
  17. ^ 毎日新聞1957年6月25日7面「田沢"無安打"を逸する」毎日新聞縮刷版1957年6月p363
  18. ^ 毎日新聞1957年7月8日7面「権藤、二年ぶり白星 投打に活躍、巨人を完封」毎日新聞縮刷版1957年7月p121
  19. ^ 毎日新聞1957年7月16日7面「金田(国鉄)三振二千を奪う」毎日新聞縮刷版1957年7月p251
  20. ^ 毎日新聞1957年7月16日7面「佐竹(国鉄)千試合に出場」毎日新聞縮刷版1957年7月p251
  21. ^ プロ野球10万号まであと「4」本 メモリアル弾には賞金100万円”. 2017年9月29日閲覧。
  22. ^ 毎日新聞1957年7月24日7面「連続9三振の新記録 梶本の快腕 南海キリキリ舞い」毎日新聞縮刷版1957年7月p371
  23. ^ 毎日新聞1957年7月25日7面「権藤(大洋)三つ目の金星 広島、ナイター開きに惨敗」毎日新聞縮刷版1957年7月p385
  24. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 692.
  25. ^ 【8月18日】1957年(昭32) 45歳5カ月 岩本義行、いまだに最年長記録の本塁打”. スポーツニッポン (2009年8月11日). 2015年11月17日閲覧。
  26. ^ a b c チームヒストリー 1957”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト. 2015年11月17日閲覧。
  27. ^ 無安打無得点試合 (ノーヒットノーラン)”. 日本野球機構公式サイト. 2015年11月17日閲覧。
  28. ^ 【9月3日】1957年(昭32) 稲尾和久“緊急避難”で14連勝 三原監督「高松の田舎の野球」”. スポーツニッポン (2012年9月3日). 2015年11月17日閲覧。
  29. ^ 個人打撃連続記録(3)”. パシフィック野球連盟公式サイト. 2015年11月17日閲覧。
  30. ^ 読売新聞1957年11月2日5面「西鉄二年連続優勝成る 巨人遂に1度も勝てず 6-5 4たび1点差で敗退」
  31. ^ タイガースヒストリー 1955-1959”. 阪神タイガース公式サイト. 2015年11月17日閲覧。
  32. ^ 『さらば大阪近鉄バファローズ 熱い心の野球ありがとう』 ベースボール・マガジン社〈週刊ベースボール別冊 冬季号〉、2004年、45頁。
  33. ^ 週刊ベースボール』、ベースボール・マガジン社、2011年12月5日、 80頁。