中谷信夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中谷 信夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市
生年月日 (1920-05-04) 1920年5月4日
没年月日 (1992-05-21) 1992年5月21日(72歳没)
身長
体重
173 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1947年
初出場 1947年
最終出場 1955年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 南海ホークス (1956 - 1960)

中谷 信夫(なかたに のぶお、1920年5月4日 - 1992年5月21日)は、京都府京都市出身のプロ野球選手。左投右打で、ポジションは投手

来歴・人物[編集]

京都市立第一工業学校(現・京都市立洛陽工業高等学校)、立命館大学から門司鉄道局(現・JR九州硬式野球部)を経て、1947年南海ホークスへ入団し、1年目に15勝を挙げ、翌年も開幕から12連勝で、前年御園生崇男が記録したプロ野球記録の13連勝に挑んだ6月25日の対金星スターズ戦では6対2で敗戦投手となり連勝を止めるものの[1]、この年は21勝を挙げる。1951年には14勝して最高勝率のタイトルを獲得し、5年連続二桁勝利も記録した。1955年に現役引退後は、1960年までコーチとなる。オーバースローから、スライダー、シュート、カーブを武器とした。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1947 南海 42 25 16 3 1 15 18 -- -- .455 1134 280.2 222 9 92 -- 9 105 1 1 101 75 2.40 1.12
1948 49 36 24 10 3 21 12 -- -- .636 1279 318.0 274 11 74 -- 7 113 0 1 97 70 1.98 1.09
1949 51 34 10 1 0 12 19 -- -- .387 1142 261.1 297 22 81 -- 3 107 0 1 158 124 4.26 1.45
1950 47 15 3 1 1 13 7 -- -- .650 790 187.1 185 21 53 -- 4 93 0 0 100 83 3.97 1.27
1951 40 19 4 2 0 14 2 -- -- .875 731 180.2 138 11 69 -- 3 69 0 2 65 49 2.44 1.15
1952 45 8 0 0 0 7 8 -- -- .467 537 130.2 121 10 50 -- 4 48 2 0 54 52 3.57 1.31
1953 31 6 1 0 0 4 8 -- -- .333 450 107.2 116 6 26 -- 2 37 2 0 56 46 3.83 1.32
1954 8 4 1 0 0 3 2 -- -- .600 111 28.2 23 3 5 -- 0 3 0 0 10 9 2.79 0.98
1955 2 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 18 5.0 3 1 0 0 0 2 0 0 1 1 1.80 0.60
通算:9年 315 147 59 17 5 90 76 -- -- .542 6192 1500.0 1379 94 450 0 32 577 5 5 642 509 3.05 1.22
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 20 (1947年 - 1957年)
  • 51 (1958年 - 1960年)

脚注[編集]

  1. ^ 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』120ページ

関連項目[編集]