田中勉 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 勉
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県大牟田市
生年月日 (1939-10-10) 1939年10月10日(78歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1961年
初出場 1961年8月16日
最終出場 1969年9月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 勉(たなか つとむ、1939年10月10日 - )は、福岡県大牟田市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

三池工業高校では1957年夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、小倉高に敗退。卒業後は東洋高圧大牟田に入社。1960年都市対抗に出場するが、2回戦(初戦)で松下電器に1-2で惜敗。翌1961年大会では2回戦(初戦)で日本鉱業日立を2安打完封。準々決勝では富士鉄広畑大工勝投手と12回を投げ合い1-1で引き分け。再試合でも6回からリリーフで登板するが、連投の大工に0-5で完封負けを喫した。チームメートに淡河弘捕手がいる。

この大会後に西鉄ライオンズに入団。2年目の1962年には先発の一角として起用され6勝。1963年には17勝を挙げ、勝率.680で最高勝率のタイトルを獲得する。1966年5月12日の対南海ホークス戦で完全試合を達成[1]。同年は23勝12敗、217奪三振を記録して最多奪三振投手となり、ベストナインに輝く。

その後シュートの多投がもとで肘を傷め、1968年広野功との交換トレード中日ドラゴンズに移籍。同年に11勝を挙げ、6年連続2桁勝利を記録。翌1969年にも8勝を挙げたが、週刊誌にプロ野球八百長事件に絡んだとして名前が挙がると中日を自由契約になり、そのまま現役引退[1]。翌1970年黒い霧事件に関与したとして逮捕された[2]。逮捕された時点で引退していたためNPBからこれ以上の処分は出なかったが、事実上の永久追放となった。その後は、割烹料理店や健康食品販売などを経営するなどしていた[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1961 西鉄 2 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 24 5.1 6 0 1 0 0 5 1 0 5 3 5.06 1.31
1962 30 18 4 1 0 6 8 -- -- .429 544 132.1 100 7 62 4 4 109 0 0 50 36 2.45 1.22
1963 51 29 6 4 1 17 8 -- -- .680 860 216.1 177 16 55 2 0 133 3 1 74 64 2.66 1.07
1964 52 26 8 2 1 15 15 -- -- .500 978 232.0 211 19 102 3 4 126 4 0 95 85 3.30 1.35
1965 38 29 11 2 1 11 17 -- -- .393 880 216.0 172 20 84 1 5 194 3 0 85 77 3.21 1.19
1966 56 36 13 4 1 23 12 -- -- .657 1141 296.1 207 20 61 4 7 217 1 0 85 77 2.34 0.90
1967 40 28 9 6 0 12 10 -- -- .545 867 216.0 161 17 74 3 5 136 1 0 56 52 2.17 1.09
1968 中日 35 28 8 2 0 11 12 -- -- .478 758 177.1 162 24 73 2 3 129 2 0 83 67 3.40 1.33
1969 22 20 4 2 0 8 6 -- -- .571 488 118.1 106 24 42 0 5 103 0 0 46 41 3.12 1.25
通算:9年 326 215 63 23 4 103 89 -- -- .536 6540 1610.0 1302 147 554 19 33 1152 15 1 579 502 2.81 1.15
  • 各年度中の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

  • 最高勝率:1回 (1963年)
  • 最多奪三振(当時連盟表彰なし):1回 (1966年) ※パシフィック・リーグでは、1989年より表彰

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 13 (1961年)
  • 29 (1962年 - 1969年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 7番打者に代打で確信 田中勉 月間2人目の完全試合達成
  2. ^ 田中は西鉄時代の同僚だった池永正明に八百長で得た現金100万円を預かるよう指示、これがもとで池永も球界から永久追放となった。

関連項目[編集]