小川博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小川 博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県足利市
生年月日 (1962-04-02) 1962年4月2日(56歳)
身長
体重
178 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 ドラフト2位
初出場 1985年4月10日
最終出場 1990年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 千葉ロッテマリーンズ (1993 - 1999)

小川 博(おがわ ひろし、 1962年4月2日 - )は、栃木県足利市[1]出身、群馬県育ちの元プロ野球選手投手)。

現役時代はロッテ・オリオンズで速球派投手として活躍したが、現役引退後の2004年強盗殺人事件(後述)を起こして無期懲役判決を受け、現在は受刑者となっている。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

出生は栃木県だが、1歳時に子供に恵まれなかった群馬県在住の大工・清掃作業員夫婦の養子となり、以後養父母の元で育つ。前橋工高ではエースとして甲子園に3回出場[1]1979年春の選抜では、1回戦で田辺商を完封するが、続く2回戦で川之江高の鍋島博(駒大電電東京)に抑えられ完封負け[2]。同年夏の選手権は3回戦に進むが、比叡山高に敗退[3]。1年上のチームメートに外野手高橋一彦がいた。翌1980年夏の選手権は2回戦(初戦)で、島田茂秦真司のバッテリーを擁する鳴門高に延長12回サヨナラ負け[3]。高校同期には投の二本柱を組んだ左腕の番場覚(前橋市役所)がいた。甘いマスクと豪腕で人気を集めて「群玉(群馬の玉三郎)」と呼ばれ、甲子園のアイドルとなる。

卒業後は青山学院大学へ進学。東都大学野球リーグでは、1年時の1981年春季リーグでチームが二部陥落。その後も低迷するが1984年春季リーグに優勝、入替戦で中大を降し一部復帰を果たす。同年秋季リーグでは2位躍進の原動力となり、弱小だった青学大野球部の知名度向上に貢献した。大学同期には一塁手の陳光栄(鷺宮製作所)、1学年下に斉藤学がいた。

プロ入り後[編集]

1984年のドラフト会議ロッテ・オリオンズから2位指名を受け、「自分の力を試したい」と両親の反対を押し切って入団した[4]。青学大は当時はまだ運動部に力を入れる前の段階にあって、同大学出身のプロ野球選手は非常に珍しく、小川自身の人気と相俟って後の野球部躍進のきっかけをつくった。サイドスローから繰り出す速球シンカーを武器にローテーションに入り、元祖「ドクターK」とも呼ばれた。

ルーキーイヤーの1985年は開幕第3戦に先発として起用されるなど、新人ながら先発2試合を含め一軍21試合に登板し2勝を挙げた。1986年はわずか6試合の登板に終わるが1987年は40試合に登板し3勝5敗・防御率3.28の成績を残した。

1988年には先発陣の一角として活躍し、25試合先発を含め31試合に登板して203回2/3イニングを投げ、10勝9敗・防御率3.40の成績を残し、両リーグ最多の204奪三振を記録した。規定投球回数以上の投手で奪三振が投球回数を上回ったのはパ・リーグ史上初であり[5]最多奪三振のタイトル創設のきっかけとなった[1]。同年はオールスターゲームの全パ・リーグ代表にも選出され、阪急西宮球場で開かれた第1戦でヤクルト広澤克実ら5人から5者連続奪三振を記録したほか[4]、同年10月19日に本拠地・川崎球場にて近鉄バファローズ相手に繰り広げられた伝説のダブルヘッダー10.19」では第1試合のロッテ先発投手として近鉄打線の前に立ち塞がった。同年オフには推定年俸2,200万円で契約更改した[6]

1989年も開幕からローテーションの一角を担うが、5月下旬に右肩を痛めて支配下選手登録を抹消され[7]、同年8月に復帰したものの、以降は閉幕まで先発7試合を務めて0勝5敗で防御率7.26と絶不調に陥った。同年オフには推定年俸2,000万円(前年比200万円減)で契約更改した[8]

1990年4月28日、川崎球場で行われた対西武ライオンズ戦で先発し、6回2分の3を投げて5連勝中だった西武打線を封じ込め、7回表に平野謙から2ラン本塁打を被弾するまで得点を許さず、1989年5月5日以来約1年ぶりに勝利投手となった[9]。この試合では4回表に2死満塁のピンチを招き、金田正一監督から交代を提案されたが続投を志願して投げ続け、続く5回表にも1死二塁のピンチを招いた際に金田監督から強い口調で交代を求められるが、小川はこれを拒否して投げ抜いた[10]。試合後、小川はヒーローインタビューで「本当に長かった。もう勝てないと思った」と語り[10]、人目をはばからず泣きじゃくった[11]​。同年オフは年俸1,940万円で契約更改した[12]

1991年は右肩を痛めたため一軍・二軍ともに実戦登板がなく、同年オフには年俸1,580万円(前年比360万円減)で契約更改した[13]。本拠地が千葉マリンスタジアムに移転し、球団名が「千葉ロッテマリーンズ」になった1992年も一軍登板がなく、同年限りで現役を引退した[1]。1992年11月27日付で日本野球機構(NPB)から任意引退選手公示された[14]

引退後もロッテ球団に残り1993年から1999年までトレーニングコーチを務めたが、前妻への離婚慰謝料など数百万円の借金を抱え、入団時に両親に預けた契約金・両親が働いて稼いだ貯金が返済に消えた[4]

  • 後述の事件で逮捕された直後の『週刊朝日』2005年1月7日号(朝日新聞社)記事では「コーチ時代、後述の球団職員時代には選手と高額の賭けをして選手からよく借金をしていた」という球団関係者の証言が紹介された[15]
  • また同記事では、「小川を知る元プロ野球担当記者」の証言として「コーチ時代には株の売買をしていた」という情報が掲載された[15]

2000年からは編成担当の球団職員を務めたが[1]2002年11月[15]には消費者金融などからの借金が1,750万円に達し[4]、球団を解雇された[15]。解雇理由は表向きには「球団の主導権を巡る内部抗争で敗れた一派の排除」だったが、小川の場合は「金銭問題も背景にあった」という[15]。ロッテ退団の際には台湾球界からコーチ就任のオファーを受けたが、金額面で折り合いがつかず断っている。

強盗殺人事件[編集]

球界を離れてからは運送会社などのアルバイトを経て[15]、2003年1月には新聞の求人広告を見たことで知った産業廃棄物処理会社に就職した[15]。就職後は営業部長を務めていたが、2004年11月18日に上尾市の会社会長宅で強盗殺人を起こし逮捕された[16]。その際、小川が現役中に離婚した先妻への慰謝料などにより、消費者金融へ約1000万円の借金を抱えており、再就職後の2003年4月に自己破産していたことも明らかになった。同年10月、再婚した妻と2人の子どもとさいたま市の賃貸マンションに引っ越したが、ヤミ金融数社から借金していたことも発覚した[17]

2005年1月11日に起訴された[18]。同年2月28日の初公判では、起訴事実を概ね認めたが、犯行の計画性については否認した[19]。同年9月29日にさいたま地方裁判所で言い渡された一審判決では、弁護側が主張する計画性の薄い事後強盗殺人罪にあたるという主張は認定されたが、求刑どおり無期懲役判決が言い渡され[20]、控訴したが2006年2月23日、控訴審・東京高等裁判所でも第一審と同じく無期懲役判決を受けた[21]

選手としての特徴・人物[編集]

全盛期は右サイドスローから放たれる最速150km/hの速球が武器で[17]、加えてシンカーを持ち球としていた[22]。『朝日新聞』1988年7月12日夕刊では「エース荘勝雄に次ぐ7勝を挙げている若手投手陣随一の成長株」として取り上げられ、「趣味は音楽鑑賞サーフィンスキューバダイビング」と紹介された[23]

その一方で新人時代に投手コーチを務めていた植村義信は小川が逮捕された直後、『毎日新聞』の取材に対し「4番打者にも8番打者にも全力投球して派手に三振を取っていたが、抜き球・遊び球がなく、いったん崩れると粘りがなかった」と証言した[4]。入団当時の監督・稲尾和久も「『三振が全てではない』と考えればもっと成長できる、と忠告したことがある」と証言した[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1985 ロッテ 21 2 0 0 0 2 3 4 -- .400 273 61.2 52 6 39 3 5 47 3 0 38 32 4.67 1.48
1986 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 27 6.1 7 2 1 0 0 6 0 0 5 5 7.11 1.26
1987 40 8 3 0 0 3 5 0 -- .375 399 98.2 67 11 39 1 4 79 2 0 39 36 3.28 1.07
1988 31 25 10 1 0 10 9 0 -- .526 838 203.2 144 21 91 8 5 204 3 0 79 77 3.40 1.15
1989 14 13 2 1 0 3 8 0 -- .273 383 86.2 81 24 46 1 6 69 2 0 63 53 5.50 1.47
1990 20 8 0 0 0 3 1 1 -- .750 340 78.1 77 14 31 1 1 55 3 0 44 42 4.83 1.38
通算:6年 132 56 15 2 0 21 26 5 -- .447 2260 535.1 428 78 247 14 21 460 13 0 268 245 4.12 1.26
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

  • 最多奪三振(当時連盟表彰なし):1回 (1988年) ※パシフィック・リーグでは、1989年より表彰

記録[編集]

背番号[編集]

  • 26 (1985年 - 1992年)
  • 91 (1993年 - 1994年)
  • 88 (1995年 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、123ページ
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  4. ^ a b c d e f 『毎日新聞』2005年3月13日東京朝刊第一社会面31面「現場発:埼玉・桶川の女性強殺 孤独な元ロッテ投手、母に『待ってて』」(記者・写真:村上尊一)
  5. ^ セ・リーグではそれ以前に西村一孔金田正一江夏豊が記録していた。
  6. ^ 『'89プロ野球 12球団全選手百科名鑑』第13巻第4号(通算:第126号、1989年3月号)、日本スポーツ出版社、1989年3月31日、155頁。
  7. ^ ロッテ・小川博投手が現役登録抹消 1989年5月28日 読売新聞 東京朝刊18頁
  8. ^ 『'90プロ野球 12球団全選手百科名鑑』第14巻第4号(通算:第138号、1990年3月号)、日本スポーツ出版社、1990年3月31日、167頁。
  9. ^ 『読売新聞』1990年4月29日東京朝刊スポーツB面18面「小川が粘投、1年ぶりの勝利 西武は連勝5でストップ/ロッテ4-3西武」
  10. ^ a b 『読売新聞』1990年4月29日東京朝刊スポーツB面18面「[チェンジアップ]金田監督の絶妙のアドバイスで小川の闘志復活/対西武2回戦」
  11. ^ 『毎日新聞』1990年4月29日東京朝刊第14版第一スポーツ面19面「パ・リーグ ロッテ4-3西武 川崎球場 ロッテ、西武特急止めた」「焦点…早い決断、継投策ズバリ 金田監督、我慢と怒りの起用」(記者:江成康明)
  12. ^ 『'91プロ野球 12球団全選手百科名鑑』第15巻第4号(通算:第150号、1991年3月号)、日本スポーツ出版社、1991年3月31日、168頁。
  13. ^ 『'92プロ野球 12球団全選手百科名鑑』第16巻第4号(通算:第162号、1992年3月号)、日本スポーツ出版社、1992年3月31日、96頁。
  14. ^ 『毎日新聞』1992年11月28日東京朝刊第一スポーツ面21面「プロ野球公示/11月27日 【任意引退選手】」
  15. ^ a b c d e f g 週刊朝日』2005年1月7日号 p.158 「女性を川に投げて殺した、元プロ野球ロッテ投手の栄光と転落」(朝日新聞社、記者:抜井規泰・四本倫子)
  16. ^ 埼玉・桶川の家政婦強殺 元ロッテ投手を逮捕 小川博容疑者、借金断られ犯行 読売新聞 2004年12月22日 東京朝刊39頁
  17. ^ a b 『読売新聞』2004年12月25日東京夕刊第一社会面19面「3万円に窮して…強盗殺人 奪三振王、最悪の暴投 元ロッテ投手・小川博容疑者」
  18. ^ 元ロッテ投手を強盗殺人で起訴 さいたま地検=埼玉 読売新聞 2005年1月12日 朝刊30頁
  19. ^ 埼玉・桶川の家政婦強殺 初公判 被告の元ロッテ投手、殺意を否認 2005年2月28日 読売新聞 東京夕刊22頁
  20. ^ 元ロッテ投手に無期懲役判決 「見境なく借金」断罪 さいたま地裁=埼玉 読売新聞 2005年9月30日 東京朝刊35頁
  21. ^ 埼玉の家政婦強殺 元ロッテ投手に2審も無期判決/東京高裁 読売新聞 2006年2月23日 東京夕刊22頁
  22. ^ 『朝日新聞』2004年12月22日朝刊埼玉県第一面29面「華麗な球歴、一転 産廃社員殺害容疑の元プロ野球選手 /埼玉」
  23. ^ 朝日新聞』1988年7月12日夕刊らうんじ3面「やみの中のカントリー(ロッカールーム)」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]