山岡泰輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山岡 泰輔
オリックス・バファローズ #13
Orx yamaoka.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市[1]
生年月日 (1995-09-22) 1995年9月22日(21歳)
身長
体重
172[1] cm
66[1] kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年4月13日
年俸 1,500万円(2017年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山岡 泰輔(やまおか たいすけ、1995年9月22日 - )は、広島県広島市出身[1]プロ野球選手投手)。右投左打。オリックス・バファローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学2年生からソフトボールを始める[2][1]広島市立瀬野川中学校時代は軟式野球部に所属し、エースとして県大会にも出場した[1]

広島県瀬戸内高等学校で硬式に転向[1]。1年生の夏からベンチ入りし、同年秋からはエースとして活躍した。3年生の全国高等学校野球選手権大会広島県大会決勝では、広島新庄田口麗斗(現巨人)と投げあい、延長15回を1安打15奪三振無失点の力投で引き分け再試合に[3]。中1日空いての再試合でも9回を完封し[4]第95回全国高等学校野球選手権大会に出場した[1][5]。初戦となった2回戦の明徳義塾高校戦では8回9奪三振2失点と好投したが敗れた[6]。大会後は第26回AAA世界野球選手権大会日本代表のメンバーに選出され[1]、リリーフとして、7回2/3を14奪三振無失点の好投で準優勝に貢献。山岡はオールスターチームに選ばれた[7]。高校卒業後にプロからの誘いもあったが、社会人の東京ガスに進んだ。その理由として、U-18ワールドカップ日本代表で共にプレーした松井裕樹との差を感じたことをあげている[8]

東京ガス入社後、1年目からリリーフ投手として活躍。第85回都市対抗野球大会では2回戦のバイタルネット戦では4回6奪三振無失点の好投[9]。続く新日鐵住金かずさマジックでは150km/hを出し、4回1失点の好投、打線は加藤貴之から8回に遠藤一星のタイムリーなどで追いつき、9回にサヨナラ勝ちを収め、勝利に貢献した[10]。10月にはプロアマ混同の第1回21U野球ワールドカップ日本代表に選ばれた。2年目からはエースとして活躍。第86回都市対抗野球大会では大阪ガス酒居知史と投げ合い、7回2/3を7奪三振2失点の好投も打線が酒居、近藤大亮に抑えられ敗戦した[11]。9月には第27回アジア野球選手権大会日本代表に選ばれた。3年目の第87回都市対抗野球大会では初戦のNTT西日本戦は9回3安打無四球完封[12]。続く三菱重工名古屋戦は9回12奪三振3失点の粘投で勝利に貢献した。準決勝まで進み、日立製作所戦はリリーフで3回を無失点に抑えるも、チームは敗れた。大会を通じて22回23奪三振、僅かに失点3の活躍を見せ、優秀選手に選ばれた。社会人最後の大会となった第42回社会人野球日本選手権大会は初戦のヤマハ戦で2回途中6失点と打ち込まれチームも敗れた[13]

2016年のドラフト会議では、社会人ナンバーワン投手の評価を受け[2]オリックス・バファローズからドラフト1位指名を受けた。

選手としての特徴・人物[編集]

172cmと小柄ながらも、最速152km/hのストレートと、スライダーが武器[14]。この他シンカーなどを投げる[15]。高校時代はダルビッシュ有からTwitterで絶賛された。

AAAのファンである。Twitter上で『登場曲総選挙』を行い、AAAの楽曲から自身の登場曲をユーザーに投票して貰う試みを行っている[16]

詳細情報[編集]

記録[編集]

投手記録

背番号[編集]

  • 13 (2017年 - )

登場曲[編集]

  • AAA (2017年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i ヤクルト、ドラ1候補に東京ガス・山岡泰輔が急浮上 日刊スポーツ、2016年11月23日閲覧。
  2. ^ a b 山岡泰輔プロフィール”. スポーツナビ. 2016年11月23日閲覧。
  3. ^ 瀬戸内・山岡も譲らず15回1安打0封 デイリースポーツ 2013年7月29日配信
  4. ^ 瀬戸内 再試合制し13年ぶりV!エース山岡 決勝2試合完封 日刊スポーツ 2013年7月31日配信
  5. ^ ドラ3“広島のドクターK”左腕・田口「松井に負けたくない」 スポーツ報知 2013年10月25日閲覧
  6. ^ 瀬戸内―明徳義塾
  7. ^ 18U「オールスターチーム」に安楽、山岡、森友を選出 スポニチアネックス 2013年9月8日配信
  8. ^ ドラフト:「びっくりした」オリックス1位指名の山岡泰輔”. 毎日新聞 (2016年10月20日). 2016年11月23日閲覧。
  9. ^ 東京ガス・山岡 ダル絶賛スラで4回2安打6K!1点守った スポニチアネックス 2014年7月24日配信
  10. ^ 東京ガスがサヨナラ勝ち!ルーキー山岡「松井裕と並んだ」/都市対抗 サンスポ 2014年7月25日配信
  11. ^ 7月18日 東京ドーム 第2試合
  12. ^ 東京ガス山岡3安打完封 巨人「いいものはいい」阪神「即戦力」 スポニチアネックス 2016年7月17日配信
  13. ^ 11月3日 京セラドーム大阪 第1試合 1回戦
  14. ^ オリックス1位 東京ガス・山岡「全てが理想」のマエケン目標”. スポーツニッポン (2016年10月21日). 2016年11月25日閲覧。
  15. ^ ヤクルトのドラフト最上位に山岡!田中正義らと同等”. 日刊スポーツ (2016年10月5日). 2016年11月25日閲覧。
  16. ^ “【オリックス】ドラ1山岡“登場曲総選挙”実施で応募5000に驚き”. スポーツ報知. (2017年1月23日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170123-OHT1T50088.html 2017年1月23日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]