山岡泰輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山岡 泰輔
オリックス・バファローズ #19
Orix buffaloes Taisuke Yamaoka 20220423.jpg
オリックス・バファローズでの山岡
(2022年4月23日、京セラドーム大阪にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市安芸区[1]
生年月日 (1995-09-22) 1995年9月22日(26歳)
身長
体重
172 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年4月13日
年俸 7200万円(2022年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
プレミア12 2019年
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
WBSCプレミア12
2019

山岡 泰輔(やまおか たいすけ、1995年9月22日 - )は、広島県広島市安芸区出身[1]プロ野球選手投手)。右投左打。オリックス・バファローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2013年9月5日

広島市立中野東小学校2年生からソフトボールを始める[1]広島市立瀬野川中学校時代は軟式野球部に所属。エースとして広島県大会にも出場した[1]

広島県瀬戸内高校への進学後に硬式野球部へ入る[1]と、1年夏のベンチ登録を経て、1年秋からエースとして活躍した。広島新庄高校と対戦した3年夏の全国高等学校野球選手権広島大会決勝(2013年7月28日)では、田口麗斗と投手戦を展開した末に、延長15回を完投。1被安打15奪三振無失点という内容で好投したが、規定による引き分けで、決着は2日後(30日)の再試合に持ち込まれた[3]。結局、再試合(2013年7月30日)で9回完封勝利を収めた[4]ことによって、第95回全国高等学校野球選手権大会に広島県代表として出場[1][5]。本大会では、岸潤一郎を擁する明徳義塾高校との2回戦で8回9奪三振2失点と好投しながら初戦で敗退[6]。“甲子園の土”は持って帰らなかった[7]。大会後の第26回AAA世界野球選手権大会日本代表として出場する[1]と、救援投手としてチームの準優勝に貢献した。また、大会通算7回2/3を投げて14奪三振無失点という好成績を残したことから、大会のオールスターチームに選ばれた[8]。上記の実績からNPBの複数球団がプロ野球ドラフト会議で山岡を指名する動きを見せたが、山岡自身は日本学生野球協会プロ志望届を提出せず、東京ガスへ入社した。山岡は後に、U-18ワールドカップ日本代表でのチームメイトだった松井裕樹との実力差を感じたことを、東京ガス入社の理由に挙げている[9]。アナウンサーの山田弥希寿は、瀬戸内高校硬式野球部での2学年先輩に当たる[10]

東京ガスでは入社1年目から、救援投手として対外試合で活躍。第85回都市対抗野球大会では、バイタルネットとの2回戦に先発すると、4回を投げて6奪三振無失点という内容でチームを勝利に導いた[11]。続く新日鐵住金かずさマジック戦では、4回1失点ながらストレートが150km/hを計測[12]。さらに、10月に開催の第1回21U野球ワールドカップでは、プロアマ混合チームの日本代表で投手陣の一角を担った。2年目からはエースとして活躍。第86回都市対抗野球大会では、大阪ガス酒居知史と投手戦を展開したが、7回2/3を7奪三振2失点と好投しながらチームは敗れた[13]。9月開催の第27回アジア野球選手権大会で、日本代表に再び参加。3年目の第87回都市対抗野球大会では、NTT西日本との初戦で9回を3安打無四球完封[14]。続く三菱重工名古屋戦でも、9回12奪三振3失点という好投で勝利に貢献した。チームは日立製作所との準決勝で敗れたものの、山岡は救援で3回を無失点に抑えた。大会通算では、投球回数22イニングで23三振を奪う一方で、失点を3にとどめたことから大会の優秀選手に選ばれた。

東京ガスへの入社3年目の2016年からNPBドラフト会議の指名対象に再び入ったことから、この年のドラフト会議で、オリックス・バファローズから1巡目で単独指名。契約金1億円に出来高5000万円、年俸1500万円という最高の条件で入団した。入団当初の背番号は13で、仮契約を結んだ直後の記者会見では、「(NPBの)『13と言えば山岡』と呼ばれるほど活躍したい」との抱負を述べた[15]。指名後には、オリックスの本拠地・京セラドーム大阪での第42回社会人野球日本選手権大会に出場。ヤマハとの1回戦に先発したが、2回途中6失点という内容で降板すると、チームも初戦敗退を喫した[16]

オリックス時代[編集]

ルーキー時代(2017年3月20日
ほっともっとフィールド神戸にて)

2017年は春季キャンプを一軍でスタートし[17]オープン戦では好投を続け、先発6番手として開幕ローテーション入りし[18]、4月13日の千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初登板初先発[19]。6回まで3安打無失点に抑えるも、7回に細谷圭に逆転3点本塁打を打たれ、6回0/3を3失点でプロ初黒星を喫した[20]。続く4月23日のロッテ戦ではプロ初完投を記録するも、8回2失点で敗戦投手[21]。同30日の福岡ソフトバンクホークス戦では6回無失点と好投し、勝利投手の権利を持って降板したが、その後チームが追いつかれてプロ初勝利とはならず[22]、5月21日の北海道日本ハムファイターズ戦では6回2失点で敗戦投手となり、自身4連敗を喫した[23]。7試合目の先発登板となった同28日のロッテ戦で6回5安打2四球6奪三振1失点と好投し、プロ初勝利を挙げた[24]。6月終了時点で規定投球回に到達してチームトップの防御率2.70を記録すると[25]、監督推薦でオールスターゲームへの出場が決定。同期入団の黒木優太も選出されており、新人2名の同時選出は球団史上初の快挙となった[26]。7月14日の第1戦の6回から4番手として登板し、2回1失点ながら勝利投手となった[27]。8月26日の埼玉西武ライオンズ戦では9回9安打無四球10奪三振無失点、140球の熱投でプロ初の完封勝利を挙げ[28]、9月9日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で自身4連勝を記録するなど[29]、シーズンを通して先発陣の一角を担い、パ・リーグの新人投手で唯一規定投球回に到達。ルーキーイヤーは一軍で24試合に先発登板し、8勝11敗・防御率3.74という成績を残した[30]。シーズン終了後には第1回アジアプロ野球チャンピオンシップ日本代表に選ばれていたが[31]、球団のメディカルチェックで右肩の腱板炎が判明したため[32]、出場を辞退した[33]。契約更改では2800万円増となる推定年俸4300万円でサインした[34]

2018年も開幕ローテーション入りし、開幕3試合目のソフトバンク戦でシーズン初登板初先発も5回1/3を4失点で敗戦投手となり[35]、続く4月8日の西武戦でも6回0/3を6失点(自責点3)で敗戦投手[36]。その後の2先発ではいずれも無失点の好投で勝利投手となったが[37][38]、2勝目を挙げて以降の12先発では白星が無く、自身8連敗を喫すると[39]、セットアッパーの山本由伸が上半身の疲労で離脱していたこともあり、リリーフへ配置転換[40]。8月1日の楽天戦でプロ初のリリーフ登板となり[41]、同点の延長11回表の1イニングを無失点に抑え、プロ初ホールドを挙げた[42]。その後もリリーフ登板を重ねていたが、8月15日の西武戦に先発予定だった金子千尋が首から背中にかけての強い張りで前日に登録抹消となり[43]、急遽先発すると6回2失点で勝利投手[44]。これを機に先発へ再転向し、9月15日の日本ハム戦では自身2度目の完封勝利を挙げるなど[45]、再転向後は7先発で5勝2敗を記録し[46]、2年連続で規定投球回に到達[47]。この年は30試合(23先発)の登板で7勝12敗4ホールド・防御率3.95を記録し、オフに200万円増となる推定年俸4500万円で契約を更改した[48]

2019年は初の開幕投手に指名され、日本ハムとの開幕戦に先発[49]。8回3失点で勝敗は付かなかったものの[50]、続く4月5日の楽天戦では8回無失点の好投でシーズン初勝利を挙げると[51]、5月24日の楽天戦でシーズン初黒星を喫するまで[52]自身4連勝。開幕から13先発で5勝2敗・防御率3.43を記録すると、監督推薦で2年ぶり2度目となるオールスターゲームへの出場が決まり[53]、7月13日の第2戦で先発を務めた[54]。7月は月間5先発で防御率3.09、リーグトップの3勝・32イニング・37奪三振を記録し、初の月間MVPを受賞[55]。8月23日の日本ハム戦では自身初の2桁勝利を達成し[56]、シーズン最後の登板となった9月27日の日本ハム戦では1失点完投で13勝目を挙げ、自身初タイトルとなる勝率第1位が確定[57]。この年はシーズンを通して先発ローテーションを守り、26試合の先発登板のうち、5回持たずに降板したのは2試合のみであり[58][59]、リーグ2位の170イニングを投げて[57]13勝4敗・防御率3.71、リーグトップの勝率.765と好成績を収めた[60]。オフの11月に開かれた第2回WSBCプレミア12の日本代表に選出され[61]、「第2先発」として[62]チームの大会初優勝に貢献。大会期間中の11月13日には、オリックスでの背番号が19へ変更となることが球団から発表された[63]。契約更改では5500万円増となる推定年俸1億円でサイン。生え抜き選手の入団4年目での年俸1億円到達は球団史上最速、投手としては球団史上最年少(24歳)であった[64]

2020年は2年連続で開幕投手に指名されるも[65]、新型コロナウイルスの影響で4月24日の開幕を目指すこととなり、開幕カードの対戦相手が変わったことで一度は山本由伸に変更となった[66]。ただ、再度の開幕延期によりまたも対戦相手が変わったことを受けて、改めて開幕投手に指名され[67]、6月19日の楽天との開幕戦に先発。7回1失点と好投するも勝敗は付かず[68]、続く同26日のロッテ戦では1回裏の先頭打者・荻野貴司を1球で打ち取った後、2番打者・角中勝也へ2球目を投げたところで左脇腹の違和感を覚え、わずか3球で緊急降板[69]。翌27日に受診したMRI検査で左内腹斜筋の筋損傷と診断され、同日付で出場選手登録を抹消された[70]。8月2日の二軍戦で実戦復帰し[71]、同27日のソフトバンク戦で一軍復帰[72]。その後は先発ローテーションを守り、この年は12試合の先発登板で4勝5敗・防御率2.60を記録し、オフに1500万円減となる推定年俸8500万円で契約を更改した[73]

2021年は開幕3試合目の西武戦でシーズン初登板初先発となるも、6回4失点で敗戦投手[74]。続く4月3日の楽天戦では自己ワーストの7四死球を与え、4回3失点で開幕2連敗を喫した[75]。その後の2先発では白星こそ付かなかったものの無失点に抑えると[76][77]、4月23日の日本ハム戦では8回1失点の好投でシーズン初勝利を挙げた[78]。ただ、5月は3先発のうち2試合で5失点[79][80]、6月に入ると2試合連続で7回2失点の好投[81][82]と好不調の波が激しい投球が続いた。6月22日の日本ハム戦では先発するも、初回途中に右肘の違和感を訴えて緊急降板[83]。翌23日に出場選手登録を抹消され[84]、6月25日に「右肘の関節炎」と診断された[85]。8月15日の二軍戦でリリーフとして実戦復帰したが[86]、同24日・25日の二軍戦で連投した後に再び戦列を離れ[87]、9月17日に右肘のクリーニング手術を受けた[88]東京ヤクルトスワローズとの日本シリーズでリリーフとして一軍復帰を果たし、第5戦では8回途中から登板し、2/3回を無失点に抑えると直後に打線が逆転したことで勝利投手となった[89]。レギュラーシーズンでは12試合の先発登板で3勝4敗・防御率3.89という成績にとどまり、オフに1300万円減となる推定年俸7200万円で契約を更改した[90]

2022年、チームが前年11月下旬の日本シリーズまで戦った疲労を考慮し、開幕ローテーションは7人制となり[91]、その兼ね合いで山岡は開幕カード限定のリリーフとして開幕一軍入り[92]。3月27日の西武戦、1点リードの7回裏からシーズン初登板となり、1イニングを無失点に抑えてホールドを挙げた[93]。続く4月1日の日本ハム戦ではシーズン初先発となり[94]、5回2/3を無失点に抑え、レギュラーシーズン304日ぶりの白星を記録[95]。6月24日の千葉ロッテマリーンズ戦では、9回を投げ切り5-0で勝利し、5年ぶりの完封勝ちを収めた[96]

選手としての特徴・人物[編集]

2019年の投球データ[注 1]
球種 配分
%
平均球速
km/h
フォーシーム 38.1 144.8
スライダー 33.5 130.7
カットボール 17.7 138.1
チェンジアップ 7.6 118.9
カーブ 1.8 113.6
スプリット 1.3 136.7

身長172cmと投手としては小柄だが[98]オーバースロー[99]からの最速152km/h[100][101]のストレートと、独特な軌道で鋭く変化する縦スライダーが武器[102][103]。この他チェンジアップカットボールなどを投げる[104]

AAAのファンで、オリックスへの入団直後には、Twitter上の公式アカウントを通じて『登場曲総選挙』を実施。AAAの楽曲を対象に、ユーザーから推薦曲の投票を受け付けた[105]結果、「」を登場曲に採用した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 オリックス 24 24 2 1 1 8 11 0 0 .421 618 149.1 136 8 54 0 2 133 7 0 62 62 3.74 1.27
2018 30 23 1 1 0 7 12 0 4 .368 619 146.0 137 21 49 1 6 121 4 1 71 64 3.95 1.27
2019 26 26 2 0 1 13 4 0 0 .765 699 170.0 154 16 45 1 4 154 2 0 77 70 3.71 1.17
2020 12 12 1 0 0 4 5 0 0 .444 284 69.1 68 7 21 1 2 64 3 0 22 20 2.60 1.28
2021 12 12 0 0 0 3 4 0 0 .429 297 69.1 64 7 20 0 3 74 1 0 30 30 3.89 1.21
通算:5年 104 97 6 2 2 35 36 0 4 .493 2517 604.0 559 59 189 3 17 546 17 1 262 246 3.67 1.24
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

WBSCプレミア12での投手成績[編集]










































2019 日本 4 0 0 0 0 26 4.2 11 0 0 0 0 7 0 0 6 6 11.57

年度別守備成績[編集]



投手












2017 オリックス 24 6 25 1 0 .969
2018 30 6 23 2 3 .935
2019 26 15 24 1 2 .975
2020 12 4 7 1 0 .917
2021 12 8 11 0 0 1.000
通算 104 39 90 5 5 .963
  • 2021年度シーズン終了時

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 13(2017年 - 2019年) ※2019年の野球日本代表でも着用
  • 19(2020年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

  • 2013年AAA世界野球選手権大会日本代表
  • 2015年アジア野球選手権大会日本代表
  • 2016年ワールドベースボールチャレンジ日本代表
  • 2019 WBSCプレミア12 日本代表

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 20先発・143.0回。1point02.jpによる[97]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g ヤクルト、ドラ1候補に東京ガス・山岡泰輔が急浮上”. 日刊スポーツ (2016年10月5日). 2016年11月23日閲覧。
  2. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年1月26日閲覧。
  3. ^ 瀬戸内・山岡も譲らず15回1安打0封”. デイリースポーツ (2013年7月29日). 2021年9月8日閲覧。
  4. ^ 瀬戸内 再試合制し13年ぶりV!エース山岡 決勝2試合完封”. 日刊スポーツ (2013年7月31日). 2021年9月8日閲覧。
  5. ^ ドラ3“広島のドクターK”左腕・田口「松井に負けたくない」”. スポーツ報知 (2013年10月25日). 2013年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月25日閲覧。
  6. ^ 瀬戸内―明徳義塾”. サンケイスポーツ (2013年8月13日). 2014年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月5日閲覧。
  7. ^ オリックス・山岡泰輔が振り返る13年夏、広島大会決勝” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2019年7月14日). 2019年9月6日閲覧。
  8. ^ 18U「オールスターチーム」に安楽、山岡、森友を選出”. スポニチアネックス (2013年9月8日). 2021年9月8日閲覧。
  9. ^ ドラフト:「びっくりした」オリックス1位指名の山岡泰輔”. 毎日新聞 (2016年10月20日). 2016年11月23日閲覧。
  10. ^ 文化放送アナ3人入社、坂口アナはM-1予選出場も”. 日刊スポーツ (2020年4月10日). 2020年6月28日閲覧。
  11. ^ 東京ガス・山岡 ダル絶賛スラで4回2安打6K!1点守った”. スポニチアネックス (2014年7月24日). 2021年9月8日閲覧。
  12. ^ 東京ガスがサヨナラ勝ち!ルーキー山岡「松井裕と並んだ」/都市対抗”. サンスポ (2014年7月25日). 2014年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月8日閲覧。
  13. ^ 第86回 都市対抗 本大会 第2試合(7月18日)”. 日本野球連盟公式サイト (2015年7月18日). 2015年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月5日閲覧。
  14. ^ 東京ガス山岡3安打完封 巨人「いいものはいい」阪神「即戦力」”. スポニチアネックス (2016年7月17日). 2021年9月8日閲覧。
  15. ^ 【オリックス】ドラフト1位山岡、契約金1億円で仮契約「ここからが勝負です」”. スポーツ報知 (2016年12月1日). 2017年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  16. ^ 第42回 日本選手権 本大会1回戦 第1試合(11月3日)”. 日本野球連盟公式サイト (2016年11月3日). 2016年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月5日閲覧。
  17. ^ オリックス1位山岡ら一軍/春キャンプ振り分け一覧”. 日刊スポーツ (2017年1月28日). 2017年5月31日閲覧。
  18. ^ ローテ『合格』オリD1・山岡、故郷・広島で快投!4・13デビュー有力”. サンスポ (2017年3月21日). 2022年5月2日閲覧。
  19. ^ オリックス・ドラ1山岡泰輔が、平常心を胸に4月13日のプロ初先発へ”. 週刊ベースボールONLINE (2017年4月13日). 2022年5月2日閲覧。
  20. ^ オリドラ1山岡 1球に泣く…7回痛恨3ラン被弾”. Sponichi Annex (2017年4月14日). 2022年5月2日閲覧。
  21. ^ オリックス山岡、球団新人11年ぶり完投も援護なし”. 日刊スポーツ (2017年4月24日). 2017年5月31日閲覧。
  22. ^ オリックス山岡6回無失点もプロ初勝利またもお預け”. 日刊スポーツ (2017年4月30日). 2017年5月31日閲覧。
  23. ^ オリックス5連敗 山岡も4敗目「修正しなければ」”. 日刊スポーツ (2017年5月21日). 2022年5月2日閲覧。
  24. ^ オリックス山岡プロ初勝利「やっとです」7度目挑戦”. 日刊スポーツ (2017年5月29日). 2017年5月31日閲覧。
  25. ^ オリドラ1山岡 雄星に投げ勝ち3勝目 チームトップ防御率2.70”. Sponichi Annex (2017年7月1日). 2022年5月2日閲覧。
  26. ^ オリドラ1山岡&ドラ2黒木 球団史上初!球宴新人W選出”. Sponichi Annex (2017年7月4日). 2022年5月2日閲覧。
  27. ^ 山岡、オリ初の新人勝利投手 打球直撃も「大丈夫でしょう」”. Sponichi Annex (2017年7月15日). 2022年5月2日閲覧。
  28. ^ オリックス山岡、球団初の新人2桁K&無四球完封”. 日刊スポーツ (2017年8月27日). 2022年5月2日閲覧。
  29. ^ 楽天、本拠地10連敗…辛島初回いきなり4失点 オリックス山岡は8勝目”. Sponichi Annex (2017年9月9日). 2022年5月2日閲覧。
  30. ^ 「社会人NO1」からプロ入り オリ・ドラ1山岡が1年目に「7勝」を掲げた理由”. Full-Count (2017年11月17日). 2022年5月2日閲覧。
  31. ^ 大会出場メンバー25名を発表 3監督が記者会見で意気込みを語る”. 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年10月12日). 2017年10月22日閲覧。
  32. ^ オリックス山岡が右肩腱板炎で侍辞退、リハビリへ”. 日刊スポーツ (2017年10月27日). 2017年11月8日閲覧。
  33. ^ 「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」日本代表の出場選手変更について”. 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年10月27日). 2017年11月5日閲覧。
  34. ^ オリックス山岡「新人王」級評価!3倍2800万増”. 日刊スポーツ (2017年12月2日). 2022年5月2日閲覧。
  35. ^ オリ山岡 6回まさか…満塁悲弾 5回まで零封「あの1球だけ」”. Sponichi Annex (2018年4月2日). 2022年5月2日閲覧。
  36. ^ オリ宮内オーナー怒「見るに堪えない」…継投失敗に苦言、途中退席”. Sponichi Annex (2018年4月9日). 2022年5月2日閲覧。
  37. ^ オリ山岡 3戦目で初勝利「去年よりは早かったです」”. Sponichi Annex (2018年4月16日). 2022年5月2日閲覧。
  38. ^ オリックス今季最多の14安打で快勝 山岡7回無失点で2勝目”. Sponichi Annex (2018年4月22日). 2022年5月2日閲覧。
  39. ^ 日本ハム堀がプロ初勝利、オリックス山岡は10敗目”. 日刊スポーツ (2018年7月28日). 2022年5月2日閲覧。
  40. ^ オリ山本が戦列復帰 上半身疲労から回復 福良監督「万全です」”. Sponichi Annex (2018年8月7日). 2022年5月2日閲覧。
  41. ^ オリックス痛恨の1敗 山岡初の救援起用も実らず延長戦7連敗”. スポーツニッポン (2018年8月2日). 2018年6月7日閲覧。
  42. ^ 【オリックス】中継ぎに配置転換の山岡プロ初ホールド「楽しんで投げたい」”. スポーツ報知 (2018年8月1日). 2018年8月7日閲覧。
  43. ^ オリックス・金子が登録抹消 首から背中にかけて強い張り…15日は山岡が先発”. 日刊スポーツ (2018年8月15日). 2022年5月2日閲覧。
  44. ^ オリ山岡、緊急先発で115日ぶり3勝 福良監督「中3日でよく頑張った」”. Sponichi Annex (2018年8月16日). 2022年5月2日閲覧。
  45. ^ オリ山岡“鬼門”で今季初完封 過去4戦3敗未勝利札幌Dで快投”. Sponichi Annex (2018年9月16日). 2022年5月2日閲覧。
  46. ^ オリックス・山岡泰輔の成長を呼んだ救援登板/あの悔しさを胸に”. 週刊ベースボールONLINE (2018年10月23日). 2022年5月2日閲覧。
  47. ^ オリックス・山岡 2年連続で規定投球回到達「達成できて良かった」”. Sponichi Annex (2018年9月29日). 2022年5月2日閲覧。
  48. ^ オリックス山岡は4500万円 西と金子の穴埋める”. 日刊スポーツ (2018年12月7日). 2022年5月2日閲覧。
  49. ^ オリ山岡、開幕連敗記録止める 初の大役「チャンス」”. Sponichi Annex (2019年3月29日). 2022年5月2日閲覧。
  50. ^ 2019年3月29日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvsオリックス)”. 日本野球機構. 2022年5月2日閲覧。
  51. ^ オリックス7戦目で待望の今季初勝利!山岡8回零封&ドラ2頓宮V打”. Sponichi Annex (2019年4月5日). 2022年5月2日閲覧。
  52. ^ オリックス山岡「1発警戒しすぎて」四球から崩れた”. 日刊スポーツ (2019年5月24日). 2022年5月2日閲覧。
  53. ^ オリ由伸、球宴で筒香に雪辱へ 昨季は被弾「成長した自分を見せる」”. Sponichi Annex (2019年7月2日). 2022年5月2日閲覧。
  54. ^ 球宴第2戦、全パ先発の山岡 省エネ意欲「変化球3球で終わることができたら」”. スポーツニッポン (2019年7月13日). 2019年12月4日閲覧。
  55. ^ オリックス 山岡&吉田正が月間MVP 17年金子&T―岡田以来のW受賞”. Sponichi Annex (2019年8月7日). 2022年5月2日閲覧。
  56. ^ オリックス・山岡、自身初の2桁勝利 西浦が千金二塁打 吉田正&ロメロは2者連続驚弾”. Sponichi Annex (2019年8月23日). 2022年5月2日閲覧。
  57. ^ a b オリ山岡 1失点完投で勝率1位!賢介引退試合の完全アウェーの中「感謝しかない」初タイトル”. Sponichi Annex (2019年9月28日). 2022年5月2日閲覧。
  58. ^ オリ山岡、5回途中5失点で今季最短KO 西村監督は内野守備に苦言”. Sponichi Annex (2019年7月25日). 2022年5月2日閲覧。
  59. ^ 【オリックス】3位ロッテ戦で山岡が今季最短の4回4失点で降板”. スポーツ報知 (2019年8月30日). 2022年5月2日閲覧。
  60. ^ 打線のおかげ、エースの意地と様々… パ・リーグ「最高勝率」受賞者の傾向を振り返る”. Full-Count (2020年4月5日). 2022年5月2日閲覧。
  61. ^ “「第2回 WBSC プレミア12」侍ジャパン代表メンバーに山岡投手、山本投手、 吉田正選手が選出!”. オリックス・バファローズ. (2019年10月1日). https://www.buffaloes.co.jp/news/detail/00002854.html 2019年12月4日閲覧。 
  62. ^ オリックス山岡プレミア12は第2先発で勝利呼ぶ”. 日刊スポーツ (2019年10月18日). 2019年12月4日閲覧。
  63. ^ “背番号変更のお知らせ”. オリックス・バファローズ. (2019年11月13日). https://www.buffaloes.co.jp/news/detail/00002948.html 2019年12月3日閲覧。 
  64. ^ “オリックス山岡「最高の評価」イチロー超え最速1億”. 日刊スポーツ. (2019年12月1日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912010000247.html 2019年12月4日閲覧。 
  65. ^ オリックス・山岡 2年連続の開幕投手だ!“楽天キラー”に開幕戦連敗ストップ託した”. Sponichi Annex (2020年2月23日). 2022年5月2日閲覧。
  66. ^ オリックス・由伸 開幕投手!対戦相手変更で初の大役 お得意レオ斬り任せろ”. Sponichi Annex (2020年3月25日). 2022年5月2日閲覧。
  67. ^ オリックス・山岡 2年連続の大役“奪還”エースの自覚で堂々7回0封”. Sponichi Annex (2020年6月6日). 2022年5月2日閲覧。
  68. ^ “オリックス山岡「ゲームを作れたところはよかった」”. 日刊スポーツ. (2020年6月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006190000977.html 2020年6月28日閲覧。 
  69. ^ “オリックス山岡初回3球で緊急降板 左脇腹に違和感”. 日刊スポーツ. (2020年6月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006260000867.html 2020年6月28日閲覧。 
  70. ^ “オリックス山岡が登録抹消「左内腹斜筋の筋損傷」”. 日刊スポーツ. (2020年6月27日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006270000278.html 2020年6月28日閲覧。 
  71. ^ オリックス・山岡 11日からのソフトバンク戦で復帰有力 2軍戦登板で回復確認”. Sponichi Annex (2020年8月3日). 2022年5月2日閲覧。
  72. ^ オリックス・山岡 2カ月ぶり復帰登板 ソフト打線相手に3回3失点で降板”. Sponichi Annex (2020年8月27日). 2022年5月2日閲覧。
  73. ^ オリ山岡、大トリ更改でプロ入り初の減俸 1500万円減の8500万円に「納得しました」”. Full-Count (2021年1月27日). 2021年11月11日閲覧。
  74. ^ オリ山岡は粘れず、今季初黒星 ピンチで森、中村に痛打浴びる「悔しい」”. Sponichi Annex (2021年3月28日). 2022年5月2日閲覧。
  75. ^ オリ・山岡 どうした開幕2連敗!!大荒れ4回98球3失点”. Sponichi Annex (2021年4月4日). 2022年5月2日閲覧。
  76. ^ オリックス・山岡に復活の兆し見えた 勝利逃すも6回無失点でゲームメーク「投げている感覚も良かった」”. Sponichi Annex (2021年4月9日). 2022年5月2日閲覧。
  77. ^ オリックス・中嶋監督「すべてぶち壊してしまった」8回、漆原の同点被弾に苦言”. Sponichi Annex (2021年4月17日). 2022年5月2日閲覧。
  78. ^ オリックス・山岡 「勝たせる投手」のプライド背負い今季初勝利 由伸とのWエース証明!”. Sponichi Annex (2021年4月24日). 2022年5月2日閲覧。
  79. ^ オリックス・山岡 今季ワースト5回5失点 修正へ中嶋監督「一回話す」”. Sponichi Annex (2021年5月8日). 2022年5月2日閲覧。
  80. ^ オリックス 4連敗で交流戦黒星発進…山岡が3被弾含む4回5失点で4敗目”. Sponichi Annex (2021年5月25日). 2022年5月2日閲覧。
  81. ^ オリが「関西ダービー」第1Rを制する 紅林が4打点の荒稼ぎ セの首位阪神に会心勝利”. Sponichi Annex (2021年6月1日). 2022年5月2日閲覧。
  82. ^ オリックス・山岡 自己最多更新の12奪三振も「初回先頭に許したホームランがすべて」”. Sponichi Annex (2021年6月8日). 2022年5月2日閲覧。
  83. ^ 【アクシデント】オリックス山岡1/3回26球で降板、右肘違和感訴える”. 日刊スポーツ (2021年6月22日). 2021年11月15日閲覧。
  84. ^ オリックス 前日に緊急降板の山岡を出場選手登録抹消”. デイリースポーツ (2021年6月23日). 2021年11月15日閲覧。
  85. ^ オリックス山岡「右肘の関節炎」と診断 22日の日本ハム戦で1回途中降板”. 日刊スポーツ (2021年6月26日). 2021年11月15日閲覧。
  86. ^ オリックス 山岡が2軍戦で実戦復帰 救援での1軍昇格目指す”. スポーツニッポン (2021年8月16日). 2021年11月15日閲覧。
  87. ^ オリックス山岡泰輔、近日中に右肘手術 8月2軍復帰も実戦から遠ざかる”. 日刊スポーツ (2021年9月17日). 2021年11月15日閲覧。
  88. ^ オリックス山岡が右肘クリーニング手術、今後は状態確認しながらリハビリ”. 日刊スポーツ (2021年9月17日). 2021年11月15日閲覧。
  89. ^ 「可愛がられてる」「惚れてまう」オリ山岡が満面笑み、指揮官からの“頭なでなで””. Full-Count (2021年11月27日). 2021年11月27日閲覧。
  90. ^ オリックス山岡1300万円減で更改「由伸追い越せるくらいに」意欲見せる”. 日刊スポーツ (2022年1月26日). 2022年2月6日閲覧。
  91. ^ 故障防ぐ、7人ローテ プロ野球”. 朝日新聞DIGITAL (2022年4月1日). 2022年5月2日閲覧。
  92. ^ 【オリックス】中嶋聡監督、山岡泰輔を開幕カード限定リリーフ”. スポーツ報知 (2022年3月25日). 2022年5月2日閲覧。
  93. ^ 2022年3月27日 【公式戦】 試合結果 (埼玉西武vsオリックス)”. 日本野球機構. 2022年5月2日閲覧。
  94. ^ オリックス・山岡泰輔が今季初先発へ意気込み「流れを持ってくる投球を」”. BASEBALL KING (2022年4月1日). 2022年5月2日閲覧。
  95. ^ オリックス・山岡「2年分の借りを返したい」304日ぶり白星でチームの連敗ストップ”. BASEBALL KING (2022年4月1日). 2022年5月2日閲覧。
  96. ^ 【オリックス】山岡泰輔が山本由伸抜いた! 5年ぶり完封勝利で防御率リーグ単独トップ”. スポーツ報知 (2022年6月24日). 2022年6月24日閲覧。
  97. ^ 1.02 - Essence of Baseball, DELTA Inc.”. 1point02.jp. 2020年5月26日閲覧。
  98. ^ オリックス右腕・山岡泰輔が来季巻き返しへの希望語る”. 東京スポーツ (2017年11月23日). 2021年5月5日閲覧。
  99. ^ オリックス・山岡泰輔インタビュー 自然体を心がけて 「1年間、先発ローテを守り抜きたい。150イニングを投げることが目標です」”. 週刊ベースボールONLINE (2017年3月13日). 2021年5月5日閲覧。
  100. ^ 山岡、自立した新人 オリ右腕、マイペースで調整”. 毎日新聞 (2017年2月8日). 2021年9月8日閲覧。
  101. ^ オリックス・山岡、満塁弾食らい降板「防がなければいけなかった」”. SANSPO.COM(サンスポ) (2018年4月1日). 2018年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月8日閲覧。
  102. ^ オリックス1位 東京ガス・山岡「全てが理想」のマエケン目標”. スポーツニッポン (2016年10月21日). 2016年11月25日閲覧。
  103. ^ 【オリックス】Vへの勝負手! 山岡泰輔が救援へ配置転換 15日ファーム阪神戦で実戦復帰へ” (日本語). スポーツ報知 (2021年8月15日). 2021年8月15日閲覧。
  104. ^ オリックス山岡、8回0封で防御率チームトップ”. 日刊スポーツ (2017年7月1日). 2017年7月1日閲覧。
  105. ^ “【オリックス】ドラ1山岡“登場曲総選挙”実施で応募5000に驚き”. スポーツ報知. (2017年1月23日). オリジナルの2017年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170123101618/https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170123-OHT1T50088.html 2017年1月23日閲覧。 
  106. ^ プロ初完封のオリックス・山岡 「絶対最後までマウンドにいたいと」”. スポーツニッポン (2017年8月26日). 2017年8月26日閲覧。
  107. ^ 先週達成された主な記録と記録達成候補者(5/21現在)”. 日本野球機構 (2018年5月22日). 2021年5月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]