川越英隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川越 英隆
千葉ロッテマリーンズ コーチ #89
Hidetaka Kawagoe 2011.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県相模原市
生年月日 (1973-06-08) 1973年6月8日(44歳)
身長
体重
174 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト2位
初出場 1999年4月6日
最終出場 2011年8月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 千葉ロッテマリーンズ (2012 - )

川越 英隆(かわごえ ひでたか、1973年6月8日 - )は神奈川県相模原市出身の、元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小さい頃から野球に興味を持ち、幼稚園の時に駄々をこね父兄同伴で小学生の野球チームに参加を認められたことがある。その頃から投手を勤め[1]、相模原市立桜台小学校、相模原市立相模台中学校を卒業後、甲子園出場を目指して福島県学校法人石川高等学校野球留学した。娯楽の無い環境で野球に打ち込み、3年時には第63回選抜高等学校野球大会第73回全国高等学校野球選手権大会に春夏連続出場[1]、共に2回戦敗退。

高校卒業後は、監督の河原井正雄から熱心な勧誘を受け東都大学野球連盟所属の青山学院大学に進学し[1]た。3年先輩に木村龍治、1年上には小久保裕紀、1年後輩にはプロでもチームメイトとなる井口資仁がいた。しかし大学では通算3勝で終わり、一時は野球を辞めようと考えた[1]。だが村上忠則監督(当時)が誘い、卒業後に社会人野球日産自動車に入社[1]第69回都市対抗野球大会では決勝で後にプロでチームメイトとなる後藤光尊を擁する川崎製鉄千葉を下して優勝し、最優秀選手に贈られる橋戸賞を獲得[1]。当時の社会人野球は金属バット使用が認められていたため打者優位にあり、ここで川越は投球術に磨きをかけた[1]

1998年ドラフトオリックス・ブルーウェーブから2位指名を受け入団。

オリックス時代[編集]

1999年は新人ながら先発ローテーションに入り、オールスターに監督推薦で選出され、11勝、8完投の好成績を挙げた。高卒の松坂大輔が16勝を挙げたため新人王は逃したもののパ・リーグ特別表彰で優秀新人賞を受賞、防御率2点台の安定感で一躍エース候補と言われた。常にストライク先行で四球が少ない投球が目立ち、シドニーオリンピック予選にも選出された[1]

2000年は8勝を挙げるも右肘の故障により途中離脱し、シーズン後に手術を受けた[1]

2001年は1勝5敗と低迷した。

2002年には先発リリーフで34試合に登板したが、5月5日大阪近鉄バファローズ戦での勝利を最後に、プロ野球史上7人目の12連敗を喫するなど記録的な低迷に終わる。

2003年もほとんど登板できず、0勝3敗で連敗記録は15に伸びた。

2004年、シーズン当初より先発ローテーションで起用されるも不調は続き、4月16日の近鉄戦では2回2/3を7安打2四球5失点で降板、試合中にも関わらず伊原春樹監督にベンチ内で説教を受けた、試合はその後同点に追いついたため黒星はつかなかった。4月24日の千葉マリンスタジアムでの千葉ロッテマリーンズ戦で7回を8安打4四球と苦しみながらも、同じく3年勝ち星がなく、この日千葉マリンで1035日ぶりの登板となる黒木知宏を相手に2対1のスコアで投げ勝ち、720日ぶりの勝利を挙げた[2]。最終的にチームは最下位に終わるも、7勝9敗を記録した。シーズン後、近鉄との球団合併に伴う選手分配ドラフトによりオリックス・バファローズに所属することが決まり、初代選手会長に就任した[1]

2005年背番号を11に変更して開幕投手を務め、6勝ながら5年ぶりの防御率3点台(規定回数にはわずかに及ばず)と結果を残した。開幕投手は2007年まで3年連続で任された[1]

2006年も開幕投手を務めたが、右肘の炎症で一時離脱した。復帰後は安定した投球で9勝を挙げたものの、打線の援護に恵まれなかった面もあり6月と8月に1勝もできず、7年ぶりの2桁勝利はならなかった。

2007年は球団史上星野伸之以来となる3年連続開幕投手を務めたがシーズン成績は4勝に留まり、防御率5.22、リーグワーストの20被本塁打と低迷した。

2008年開幕当初は先発として投げていたが前年同様不調に陥り、4月25日の埼玉西武ライオンズ戦を最後に中継ぎに転向。中継ぎとして好投を続け、チーム2位の13ホールドを記録した。

2009年はオープン戦から不調で、シーズン初登板の福岡ソフトバンクホークス戦では本多雄一サヨナラ打を打たれた。その後も一軍と二軍の往復が続いて結果を出せず、10月3日戦力外通告を受けた[3]

シーズン終了後に千葉ロッテマリーンズの秋季キャンプへ参加して入団テストを受け、11月24日にロッテへの入団が発表された[4]

ロッテ時代[編集]

2010年は4試合で先発。最終的に15試合に登板し、3勝2敗防御率7.36の成績に終わる。

2011年は、昨季を上回る18試合に登板し、防御率WHIPを始め、自責点奪三振、与四球、与死球、被安打、被本塁打などほとんどの項目で前年より改善されたが、9月26日に今季限りで現役引退が報じられ[5]9月27日に自身のブログでまだ引退の決断はしていないと否定した[6]が、11月27日、現役引退[7]および2軍投手コーチ就任[8]が球団ホームページで発表された。11月29日、任意引退公示された。

引退後[編集]

2012年から千葉ロッテマリーンズの二軍投手コーチを務める。2014年からは一軍投手コーチとしてブルペンを担当していたが、同年の5月3日の埼玉西武ライオンズ戦から川崎憲次郎と入れ替わりでベンチ担当になった。このシーズン途中の配置転換について監督の伊東勤は「(救援投手の)起用法でズレが生じてきていた。遠慮していたところもあったと思う。チームが悪くなってから、そういうこと(配置転換)はしたくない」と説明した。しかし同年はチーム防御率リーグ最下位に終わっている。

2015年からは再び二軍投手コーチとなる。

プレースタイル・人物[編集]

カットボールの制球力が高く[9]、2005年には曲り幅が改善[10]。先発時代は制球、緩急を重視したスタイルだったが、リリーフ転向後は力押しのスタイルへと変化した[11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 オリックス 26 25 8 2 1 11 8 0 -- .579 730 177.0 159 14 47 2 1 134 2 0 75 56 2.85 1.16
2000 15 15 2 1 0 8 6 0 -- .571 400 92.2 100 5 31 0 0 71 3 0 43 39 3.79 1.41
2001 14 14 1 0 0 1 5 0 -- .167 320 69.2 92 10 27 1 0 46 3 0 53 47 6.07 1.71
2002 34 15 0 0 0 3 15 0 -- .167 528 117.0 148 13 36 8 4 71 2 0 71 64 4.92 1.57
2003 7 6 0 0 0 0 3 0 -- .000 156 34.0 41 6 12 0 0 18 0 0 21 18 4.76 1.56
2004 22 20 3 0 1 7 9 0 -- .438 603 144.2 161 17 30 1 3 91 2 0 69 67 4.17 1.32
2005 24 22 3 1 1 6 8 0 0 .429 557 132.2 142 17 25 0 4 89 3 0 64 54 3.66 1.26
2006 24 24 3 0 1 9 9 0 0 .500 671 163.1 169 14 29 1 6 74 1 0 64 57 3.14 1.21
2007 24 24 1 1 0 4 7 0 0 .364 562 129.1 161 20 26 0 5 75 1 1 79 75 5.22 1.45
2008 51 5 0 0 0 2 3 0 13 .400 322 74.1 80 7 17 1 3 52 0 0 42 33 4.00 1.30
2009 24 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 141 31.2 45 4 5 0 1 17 0 0 20 17 4.83 1.58
2010 ロッテ 15 4 0 0 0 3 2 0 0 .600 144 29.1 49 4 3 0 2 14 0 0 25 24 7.36 1.77
2011 18 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 77 19.2 17 0 2 0 0 15 2 0 4 3 1.37 0.97
通算:13年 298 174 21 5 4 54 76 0 16 .415 5211 1215.1 1364 131 290 14 29 767 19 1 630 554 4.10 1.36
  • 2011年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

  • 月間MVP:1回 (投手部門:1999年5月)
  • パ・リーグ特別表彰(優秀新人賞) (1999年)

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 20 (1999年 - 2004年)
  • 11 (2005年 - 2009年)
  • 46 (2010年 - 2011年)
  • 89 (2012年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 野球浪漫 川越英隆『週刊ベースボール』2011年10月24日号、ベースボール・マガジン社、2011年、雑誌20442-10/24, 56-59頁。
  2. ^ 長かった…15連敗の川越英隆 720日ぶりの勝利スポーツニッポン 2012年4月24日
  3. ^ “川越ら7選手が戦力外 オリックス”. NIKKEI NET (日経新聞社). (2009年10月3日). http://sports.nikkei.co.jp/flash.aspx?n=125302 2009年10月3日閲覧。 
  4. ^ 川越英隆投手入団のお知らせ - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト
  5. ^ ロッテ・川越 今季限りで引退…2軍投手コーチ就任も - スポーツニッポン 2011年9月27日
  6. ^ ファンの皆様へ - 川越英隆オフィシャルブログ 2011年9月27日 23:31:11の記事
  7. ^ 川越英隆投手 引退のお知らせ - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト 2011年11月27日
  8. ^ 2012年度のコーチングスタッフのお知らせ - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト 2011年11月27日
  9. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2005』 白夜書房、2005年、53頁。ISBN 4-86191-015-3
  10. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2006』 白夜書房、2006年、44頁。ISBN 4-86191-134-6
  11. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2009』 白夜書房、2009年、27頁。ISBN 978-4-86191-508-6
  12. ^ ベースボール・レコード・ブック2001』、ベースボール・マガジン社、 2000年12月、862頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]