太田椋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太田 椋
オリックス・バファローズ #31
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府羽曳野市
生年月日 (2001-02-14) 2001年2月14日(18歳)
身長
体重
181 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
年俸 800万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

太田 椋(おおた りょう、2001年2月14日 - )は、オリックス・バファローズに所属する大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。

近鉄バファローズの元選手(内野手)で、オリックス・バファローズ打撃投手太田暁は実父に当たる[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

前述した経歴を持つ実父・暁への憧れから、羽曳野市立高鷲南小学校3年時から軟式野球を始めると、羽曳野市立高鷲南中学校時代は羽曳野ボーイズでプレー。3年時の2015年には、ジャイアンツカップでチームを優勝に導いた[2]。さらに、小園海斗野村大樹(当時はいずれも大阪福島シニアに所属)などと共に、野球日本代表の一員として U-15アジアチャレンジマッチ(松山坊っちゃんスタジアム)に出場した[3]

天理高等学校への進学後は、1年時の春から対外試合でベンチ入りを果たすと、夏の選手権奈良大会から正遊撃手に定着。2年夏には、選手権奈良大会の優勝を経て臨んだ第99回全国高等学校野球選手権大会で、チームの準決勝進出に貢献した[4]。主将として臨んだ3年夏の選手権奈良大会では決勝で姿を消したものの、大会通算5試合の出場で、打率.333(21打数7安打)、2本塁打、8打点という好成績を残すとともに、遊撃の守備を無失策で凌いだ[2]

2018年のNPBドラフト会議では、暁が打撃投手として在籍するオリックス・バファローズから1巡目で指名された。2000年6月7日の生まれで報徳学園高等学校へ進学していた小園の指名が広島東洋カープと重複したことによる抽選で独占交渉権を逃した末の再指名ながら、21世紀2001年1月1日以降)に出生した選手としてはドラフト会議史上最初の指名を受ける[注 1]と、契約金8,500万円、年俸800万円(金額は推定)という条件で入団した[5]。背番号は31で、21世紀生まれの選手がオリックス球団に在籍する事例は、椋が球団史上初めてである[注 2]

オリックス時代[編集]

2019年には、春季キャンプを二軍で過ごした[6]。紅白戦を含む実戦5試合で15打数6安打2打点を記録したことを受けて、3月9日には、読売ジャイアンツとのオープン戦京セラドーム大阪)での一軍デビューが予定されていた[7]。しかし、前日(3月8日)に教育リーグの対福岡ソフトバンクホークス戦(オセアンバファローズスタジアム舞洲)へ出場したところ、3回裏の打席で千賀滉大から右腕に死球を受けて途中交代[8]。その後の検査で、右尺骨骨幹部の骨折が判明したため、3ヶ月ものリハビリを余儀なくされた[8][9]。6月4日に、ウエスタン・リーグの対ソフトバンク戦(タマホームスタジアム筑後)で公式戦にデビュー[10]

選手としての特徴[編集]

走攻守とも能力の高い大型遊撃手。打撃面では、高校時代に対外試合で通算31本の本塁打を記録したほどのパワー、右打者ながら逆方向にも長打を放てるほど強いリスト、ボール球を確実に見極められるほどの選球眼を持ち合わせている。また、手動計測ながら50m走で最速6秒2を計測したほどの俊足と、三遊間の深い守備位置からの送球で打者走者から一塁でアウトを奪えるほどの強肩の持ち主でもある[2]

遊撃の守備については、高校時代に、小園や根尾昂と並んで「高校球界で屈指」との評価を受けていた。もっとも、本人は派手なプレーを好まず、1つのアウトを確実に奪うことに徹しているという[11]。また、オリックスへの入団に際しては、坂本勇人(巨人)のような「3番・遊撃手」として一軍へ定着することを目標に挙げている [12]

家族[編集]

実父の暁は帝京第五高等学校の在学中まで右投手で、近鉄からも投手として1988年のNPBドラフト会議6位で指名されたが、1989年の入団を機に内野手へ転向。1996年限りで現役を引退すると、近鉄のチームスタッフ(二軍の用具係など)を経て、2005年から打撃投手としてオリックス・バファローズに在籍している。その関係で、椋がドラフト会議でオリックスから指名された直後[11]や、入団が決まった後の記者会見[13]には暁も同席。以降も、春季キャンプなどの折に、2人揃って取材に応じている[14]

ちなみに、椋が羽曳野ボーイズに所属していた中学生時代のNPBオフシーズンには、暁が椋の練習相手を務めていた。椋がオリックスへ入団した時点では、一軍の主力選手や外国人選手の打撃練習を任されている[12][14]。そのため、椋がシーズン中に一軍へ帯同する場合には、公式戦前後の練習でも椋を相手に投げる可能性がある。もっとも、椋は暁の現役引退後(近鉄チームスタッフ時代の2001年)に出生したため、暁の現役時代については当時の写真を通じてしか知らないという[11][注 3]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 31(2019年 - )

注釈[編集]

  1. ^ この会議の1巡目では、秋田県立金足農業高等学校投手の吉田輝星2001年1月12日生まれ)も北海道日本ハムファイターズから指名された。ただし、実際の指名順は、オリックス(太田)→横浜DeNAベイスターズ東洋大学投手で1996年生まれの上茶谷大河)→日本ハム(吉田)であった。
  2. ^ 2019年にオリックスへ入団した同期の高卒新人選手は、2000年11月26日生まれの宜保翔内野手だけである。
  3. ^ 暁の現役生活は8年間だったが、一軍公式戦へ出場したのはわずか3試合で、1本の安打も放てないまま現役を引退している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オリックス西村監督 ドラフト1位太田に期待「一番の補強ポイントだった」”. スポーツニッポン (2018年10月25日). 2019年3月9日閲覧。
  2. ^ a b c オリックス・バファローズ 太田椋
  3. ^ U-15 アジアチャレンジマッチ2015 野球日本代表選手一覧
  4. ^ 根尾&小園に「負けてはいけない」。オリックスのドラフト1位太田椋の自信と父の夢。(1)”. NumberWeb (2019年1月11日). 2019年3月9日閲覧。
  5. ^ オリックス1位太田椋が仮契約「3番ショート」目標”. 日刊スポーツ (2018年11月27日). 2019年3月9日閲覧。
  6. ^ 2019年宮崎春季キャンプメンバー発表”. オリックス・バファローズ (2019年1月25日). 2019年3月8日閲覧。
  7. ^ オリックス1位太田、9日巨人戦で1番遊撃デビューへ”. 日刊スポーツ (2019年3月8日). 2019年3月8日閲覧。
  8. ^ a b オリックス1位太田が骨折離脱、1軍デビュー前日に”. 日刊スポーツ (2019年3月8日). 2019年3月8日閲覧。
  9. ^ オリックスドラフト1位・太田 右尺骨骨幹部骨折 シーズン前半復帰絶望”. サンケイスポーツ (2019年3月8日). 2019年3月8日閲覧。
  10. ^ オリックス1位太田3カ月ぶり実戦、二軍戦で存在感”. 日刊スポーツ (2019年6月4日). 2019年6月4日閲覧。
  11. ^ a b c オリックス1位・太田は“超異例”親子鷹 父はチームの打撃投手「とてもうれしい」”. スポーツニッポン (2018年10月25日). 2019年3月9日閲覧。
  12. ^ a b 根尾&小園に「負けてはいけない」。オリックスのドラフト1位太田椋の自信と父の夢。(3)”. NumberWeb (2019年1月11日). 2019年3月9日閲覧。
  13. ^ ドラフト1位・太田「吉田と対戦したい」 オリックス、新入団選手発表”. サンケイスポーツ (2018年12月15日). 2019年3月9日閲覧。
  14. ^ a b オリックス1位太田が父の暁氏と負傷0願い恵方巻き”. 日刊スポーツ (2019年2月3日). 2019年3月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]