北井正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北井 正雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 島根県
生年月日 1913年8月7日
没年月日 (1937-08-07) 1937年8月7日(24歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1936年
初出場 1936年4月29日
最終出場 1937年7月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

北井 正雄(きたい まさお、1913年8月7日 - 1937年8月7日)は、島根県出身の元プロ野球選手投手)。阪急の初代エース。

来歴・人物[編集]

旧制大社中学(現島根県立大社高等学校)で投手として活躍。大社中学卒業後は、早稲田大学慶應義塾大学明治大学といった名門大学から勧誘されるが、これを蹴り米子鉄道管理局に入局[1]。米子鉄道管理局時代には、1932年岡山県・倉敷球場で行われた、アメリカニグロリーグフィラデルフィア・ロイヤル・ジャイアンツとの試合で登板している[1]。その後、当時関西大学野球部主将だった森田忠勇に勧誘され関西大学専門部に入学[2]。野球部では、西村幸生(後に大阪タイガースに入団)と共に東京6大学を関西に迎えてことごとく打ち破る黄金時代を築く[2]。関西大学を卒業後は、創設間もない阪急軍に入団。この際には、森田の旧友であり、阪急軍を創設した村上實による熱心な勧誘を受けて入団している[3]1936年から始まった日本のプロ野球において、阪急のエースとして活躍。「東の沢村、西の北井」と称された。

プロ野球元年の1936年は、単一のシーズンではなく、幾つかのリーグ戦やトーナメント形式の大会が開催された。その内、鳴海大会(5/22〜24)では、阪急軍は東京セネタースと優勝を分け合うが、北井は打率.750で首位打者になっている。

読売ジャイアンツ名古屋金鯱軍が帰国し、初めて全チームが揃った連盟結成記念第1回全日本野球選手権試合(トーナメント戦・7/1〜19)が東京、名古屋、大阪でそれぞれ行われ、大阪大会では阪急軍が優勝。3大会トータルの個人成績で、北井は、5勝0敗、勝率1.000、防御率1.99でいずれもトップ(防御率はジャイアンツの沢村栄治と同率)であった。投打に渡る活躍を見せた北井だったが、1937年8月7日、自らの誕生日に腸チフスにより急逝。24歳没。

クロスファイヤー(十字架球)、今で言う高速スライダーを得意とし、日本プロ野球では北井がスライダーの元祖とも言われる。

旧制大社中学の先輩には、1932年のロサンゼルスオリンピック陸上100mで6位入賞を果たす「暁の超特急」吉岡隆徳がいた。北井は、その吉岡に目を付けられるほどの俊足だったため入学当初は陸上部に所属していた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1936春夏 阪急 11 10 6 1 3 6 2 -- -- .750 341 83.1 69 1 17 -- 0 30 0 0 29 18 1.93 1.03
1936 13 9 7 2 1 6 4 -- -- .600 300 77.1 48 1 19 -- 1 37 0 1 23 14 1.62 0.87
1937 7 5 1 0 0 2 4 -- -- .333 124 26.2 33 0 13 -- 0 13 1 0 15 10 3.33 1.73
通算:2年 31 24 14 3 4 14 10 -- -- .583 765 187.1 150 2 49 -- 1 80 1 1 67 42 2.01 1.06
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936春夏 阪急 12 36 30 1 10 4 0 0 14 4 1 -- 2 -- 5 -- 0 4 -- .333 .429 .467 .895
1936 15 41 39 5 12 0 2 0 16 4 0 -- 0 -- 2 -- 0 4 -- .308 .341 .410 .752
1937 26 80 72 6 23 1 0 0 24 8 6 -- 2 -- 6 -- 0 8 -- .319 .372 .333 .705
通算:2年 53 157 141 12 45 5 2 0 54 16 7 -- 4 -- 13 -- 0 16 -- .319 .377 .383 .760

記録[編集]

背番号[編集]

  • 15 (1936年 - 1937年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 高井、p.140
  2. ^ a b 高井、p.141
  3. ^ 高井、p.143

参考文献[編集]

  • 高井正秀 (2000年). 忘れられた名投手―北井正雄と野球のぼせモンたち. 文芸社. ISBN 4835500857. 

関連項目[編集]