吉田輝星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉田 輝星
北海道日本ハムファイターズ #18
Kosei Yshida.jpg
2018年11月24日 札幌ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県
生年月日 (2001-01-12) 2001年1月12日(21歳)
身長
体重
175 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
初出場 2019年6月12日
年俸 960万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
吉田輝星(2022年4月12日ベルーナドーム)

吉田 輝星(よしだ こうせい、2001年1月12日 - )は、秋田県潟上市[2](文献によっては秋田市[3])出身のプロ野球選手投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

潟上市立天王小学校3年から天王ヴィクトリーズで野球を始め、潟上市立天王中学校では軟式野球部に所属[4]秋田県立金足農業高等学校に進学し、1年夏からベンチ入り。3年夏は秋田大会から夏の甲子園準決勝まで10試合連続完投勝利を挙げた[5]。さらに夏の甲子園1回戦から準々決勝にかけて4試合連続2桁奪三振を記録し、斎藤佑樹松井裕樹が持つ大会記録に並んだ[6]大阪桐蔭高校との決勝戦では5回12失点で降板し、チームは準優勝に終わった[7]

2018年10月25日のドラフト会議では1巡目で根尾昂を抽選で外した北海道日本ハムファイターズが再指名で交渉権を獲得[8][注 1]。11月15日に契約金1億円・年俸1000万円(いずれも金額は推定)で入団に合意した[9]。背番号は18[10]。入団当初は吉田侑樹が在籍していたため、スコアボード及び報道上の表記は「吉田輝」となっていた。

日本ハム時代[編集]

2019年は春季キャンプを二軍でスタートし[11]、開幕も二軍で迎えた。イースタン・リーグでは9試合に登板し、26回を投げて0勝3敗・防御率4.15を記録すると、6月12日の広島東洋カープ戦でプロ初登板初先発[12]。5回4安打1失点の好投でプロ初勝利を挙げた[13]。高卒新人投手が初登板で先発勝利を挙げたのは2015年の安樂智大東北楽天ゴールデンイーグルス)以来、球団では2010年の中村勝以来となった[14]。しかし、同23日の中日ドラゴンズ戦では3回6安打5失点の内容でプロ初黒星[15]。その後は一軍での先発機会が2試合あったが、いずれも敗戦投手となり、3連敗でシーズンを終え[16][17]、ルーキーイヤーは一軍で4試合に先発し、1勝3敗・防御率12.27という成績であった。オフに30万円増となる推定年俸1030万円で契約を更改した[18]

2020年は新型コロナウイルスの影響で120試合制の短縮シーズンとなり、開幕も6月に延期された。開幕から二軍調整が続いたものの、決め球のフォークボールに磨きをかけ、イースタン・リーグでは42回2/3を投げて51三振を奪うなど結果を残し、9月11日の楽天戦でシーズン初登板初先発[19]。6回途中4安打3失点(自責点2)の内容で勝敗は付かなかった[20]。その後も一軍での先発機会が与えられたが、打球が直撃したり[21]味方の拙守があったり[22]と不運もあって白星を挙げることができず、シーズン最後の登板となった11月4日の埼玉西武ライオンズ戦では自己ワーストの8失点を喫した[23]。この年は5試合の先発登板で0勝2敗・防御率8.41を記録し、オフに現状維持となる推定年俸1030万円で契約を更改した[24]

2021年吉田侑樹の引退に伴って区別が不要となったため、スコアボード及び報道上の表記が「吉田」に変更された。開幕6戦目の千葉ロッテマリーンズ戦に先発したが、2回4安打7失点(自責点2)の内容で敗戦投手となり[25]、翌4月3日に登録抹消[26]。その後は二軍戦で試合序盤、長いときには4イニングまで「オール直球」という制約を課され、徹底的にストレートを磨いた[27]。「オール直球」に取り組み始めた頃は相手打者にストレートを狙われ苦労していたが、力感や制球などストレートだけで抑えるコツを徐々に掴み[28]、8月はイースタン・リーグで3試合に先発し、3勝・防御率2.84という成績で8月度のファーム月間MVPを受賞した[29]。この年の一軍登板は前述の1試合のみにとどまり、契約更改では60万円減となる推定年俸970万円でサインしたものの[30]、秋季キャンプでは視察に訪れた新庄剛志新監督から高い評価を受けた[31]

2022年1月28日に無症状ながら新型コロナウイルス陽性判定を受け[32]、療養のため春季キャンプに出遅れることとなった。2月7日に二軍キャンプへ合流し[33]、同10日には取材で訪れた藤川球児からアドバイスを受けると[34]、新庄監督が「すごかったね、あの変わりよう。ビックリした」と語ったほど投球に変化が現れ[35]、オープン戦では5試合にリリーフ登板し、防御率1.00を記録[36]。本人も中継ぎ起用に意欲を見せていたが[37]、開幕一軍登録メンバーからは外れた[38]。ただ、開幕前の練習日にて首脳陣から開幕カードでの先発を告げられ、開幕3試合目の福岡ソフトバンクホークス戦でシーズン初登板初先発[36]。初回に3失点を喫したものの[39]、2回以降は粘りの投球を見せて4回3失点で降板し、勝敗は付かなかった[40]。続く4月2日のオリックス・バファローズ戦では7点ビハインドの8回裏からプロ初のリリーフ登板となり、わずか6球で3者凡退に抑えた[41]。その後も中継ぎで好投を続けると[42]、4月27日のオリックス戦では同点の7回表から登板し、1死球を与えるも1イニングを無安打無失点に抑え、プロ初ホールドを挙げた[43]。翌28日の同カードでは2者連続四球をきっかけに2死二・三塁のピンチを招き、吉田正尚にポテンヒットを打たれて連続無失点が9試合で途切れたものの[44]、5月18日のオリックス戦では1071日ぶりの白星を初の救援勝利で飾るなど[45]、ストレートで押す投球[46]で結果を残し、6月5日の阪神タイガース戦でシーズン2度目の先発登板。プロ入り後の公式戦では初となる甲子園での登板であったが[47]、3回7安打4失点で敗戦投手となった[48]。続く6月12日の中日戦ではセットアッパーとして起用され、ホールドを挙げると[49]こまちスタジアムで開催された同21日の楽天戦でシーズン3度目の先発登板[50]。初の凱旋登板は5回途中2失点で敗戦投手となり、[51]加藤貴之の離脱を受けて[52]6月29日の西武戦でも先発登板となったが[53]、3回3失点で敗戦投手となり[54]、再びリリーフへ配置転換となった[55]

選手としての特徴[編集]

投球フォームはオーバースロー[56][57]。ノビのあるストレートが武器[56]。高校時代にストレートの最速は152km/hを計測[58]スライダーカーブスプリットなどの変化球を持つ[59][60]。プロ入り後の最速は152km/h[61]

そのノビのある綺麗な回転のストレートは、2022年4月8日の楽天戦の様子を伝えた「パーソル パリーグTV」の動画のコメント欄で、藤川球児を彷彿とさせるようだと評された[62]

人物[編集]

三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの大ファンであり、高校時代は試合前に『MUGEN ROAD』を聴くことをルーティンとしていた[63]。好きなメンバーはボーカルの今市隆二であり[64]、2019年2月24日の休養日に美容室に行き、今市の髪型にイメチェンしたこともある[65]。今市本人はこれに反応し自身のInstagramに「今市カット 吉田選手頑張って下さい」と激励のメッセージを送っている[66]

同郷で同じくファイターズに所属した工藤幹夫が立ち上げたスポーツ用品店「クドウスポーツ」に通っていた。工藤は2016年に死去したため、両者が顔を合わせることはなかったが、吉田はプロ入り前に同店を訪れて挨拶をしている[67]

チームメイトである宮田輝星とは漢字1文字違いのため、宮田がドラフト指名された際に話題となった[68][69]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 日本ハム 4 4 0 0 0 1 3 0 0 .250 59 11.0 18 3 7 0 1 13 0 0 15 15 12.27 2.27
2020 5 5 0 0 0 0 2 0 0 .000 99 20.1 26 2 12 0 1 11 0 0 22 19 8.41 1.87
2021 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 14 2.0 4 1 3 0 0 2 0 0 7 2 9.00 3.50
通算:3年 10 10 0 0 0 1 6 0 0 .143 172 33.1 48 6 22 0 2 26 0 0 44 36 9.72 2.10
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2019 日本ハム 4 0 0 0 0 ----
2020 5 0 3 0 0 1.000
2021 1 0 1 0 0 1.000
通算 10 0 4 0 0 1.000
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録

表彰[編集]

  • スカパー!ファーム月間MVP賞:1回(2021年8月度)

背番号[編集]

  • 18(2019年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 誕生年が2001年のため、太田椋オリックス1位指名)と共に21世紀生まれ初のドラフト指名選手となった。

出典[編集]

  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月26日閲覧。
  2. ^ 【秋田】上背なくても…“みちのくの桑田”金足農・吉田150キロ16K完封”. スポニチアネックス (2018年7月16日). 2019年1月20日閲覧。
  3. ^ 金足農・吉田輝星、日本ハム1位指名に「うれしい。安心しました」”. スポニチアネックス (2018年10月25日). 2018年10月27日閲覧。
  4. ^ 金足農高・吉田は外れ1位で日本ハムが交渉権/ドラフト”. サンスポ (2018年10月25日). 2021年9月3日閲覧。
  5. ^ “金足農・吉田輝星プロ決断!運命の1日追う/まとめ”. 日刊スポーツ. (2018年10月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201810100000649.html 2018年10月26日閲覧。 
  6. ^ 金足農・吉田4戦連続2桁奪三振 佑、松井に並んだ”. 日刊スポーツ (2018年8月18日). 2020年5月14日閲覧。
  7. ^ “金足農・吉田が今夏初の途中降板、11戦目力尽きた”. 日刊スポーツ. (2018年8月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201808210000464.html 2018年10月26日閲覧。 
  8. ^ “栗山監督、吉田1位に満面「精いっぱい誠意尽くす」”. 日刊スポーツ. (2018年10月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810250000716.html 2018年10月26日閲覧。 
  9. ^ 吉田輝星 契約金1億円でハムと仮契約「もう部活ではない 仕事で野球をやる意識を」”. スポニチ Sponichi Annex (2018年11月15日). 2021年9月4日閲覧。
  10. ^ 日本ハム・吉田輝星、背番号は18 入団会見「1年目から1軍に」” (2018年11月23日). 2020年5月14日閲覧。
  11. ^ 2019年春季キャンプメンバーのお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ (2019年1月17日). 2021年9月3日閲覧。
  12. ^ 吉田輝星、あす1軍デビュー ダル・大谷と意外な共通点”. 朝日新聞DIGITAL (2019年6月11日). 2022年1月11日閲覧。
  13. ^ 吉田輝星、初勝利 大瀬良との投げ合い制す”. 日刊スポーツ (2019年6月12日). 2021年9月3日閲覧。
  14. ^ 日本ハム・輝星、初登板で勝った!驚がくの直球に広島・誠也「見たことない」”. サンスポ (2019年6月13日). 2021年9月4日閲覧。
  15. ^ プロ初黒星の日ハム吉田輝 3回5失点に悔しさ「自分の思うボール投げられなかった」”. Full-Count (2019年6月23日). 2022年1月11日閲覧。
  16. ^ 小島和哉がプロ初勝利! 千葉ロッテが吉田輝星を打ち崩しカード勝ち越し”. パ・リーグ.com (2019年8月14日). 2022年1月11日閲覧。
  17. ^ ロッテ種市8回0封8勝目 日本ハム吉田輝星3敗目”. 日刊スポーツ (2019年9月22日). 2021年9月4日閲覧。
  18. ^ 日本ハム吉田輝星30万円増更改「すごい汗が出た」”. 日刊スポーツ (2019年11月18日). 2021年9月4日閲覧。
  19. ^ 【日本ハム】吉田輝星11日今季初先発「チャレンジャーの気持ちで初回からブッ飛ばす」”. スポーツ報知 (2020年9月11日). 2022年1月11日閲覧。
  20. ^ 2年目の輝星、98球の熱投!今季初先発もプロ2勝目ならず”. サンケイスポーツ (2020年9月11日). 2021年1月31日閲覧。
  21. ^ 日本ハム吉田輝星が初回3失点、左足に打球直撃も”. 日刊スポーツ (2020年9月27日). 2022年1月11日閲覧。
  22. ^ 日本ハム・吉田輝星は五回に3度の“不運”で3点失う”. サンケイスポーツ (2020年10月22日). 2021年1月31日閲覧。
  23. ^ 【日本ハム】吉田輝星、2回8失点KO 栗山監督「これを生かしてくれればいい」”. スポーツ報知 (2020年11月4日). 2022年1月11日閲覧。
  24. ^ 日本ハム吉田輝星、色紙に「開幕ローテ、二桁勝利」”. 日刊スポーツ (2020年12月7日). 2021年9月4日閲覧。
  25. ^ 7失点KO吉田輝星 次回「ちょっと考えます」監督”. 日刊スポーツ (2021年4月2日). 2022年1月11日閲覧。
  26. ^ 3日の公示 日ハム吉田輝、巨人野上、西武ブランドンら抹消 ヤクルトは並木を登録”. Full-Count (2021年4月3日). 2022年1月11日閲覧。
  27. ^ 日本ハム・輝星 オール直球の課題設定され、2軍で自慢のストレートを磨く日々”. Sponichi Annex (2021年6月5日). 2022年1月11日閲覧。
  28. ^ 「今さら言いなりになるのもダセえなって」。愛と雑草魂と直球を武器に日本ハム・吉田輝星が4年目に挑む”. Sportiva (2022年1月2日). 2022年1月11日閲覧。
  29. ^ 日本ハム・吉田輝星とソフトバンク・柳町が受賞 8月度ファーム月間MVP”. Sponichi Annex (2021年9月9日). 2022年1月11日閲覧。
  30. ^ 日本ハム吉田輝星 3年目で初のダウン更改 新庄ビッグボス指令で短髪とするも、えり足は「考えます」”. Sponichi Annex (2021年11月26日). 2022年1月11日閲覧。
  31. ^ 新庄監督、吉田輝星を高評価”. デイリースポーツ (2021年11月10日). 2022年1月11日閲覧。
  32. ^ 日本ハム吉田輝星が新型コロナ感染 沖縄・名護市内で自主隔離 症状なし”. 日刊スポーツ (2022年1月29日). 2022年3月28日閲覧。
  33. ^ 日本ハム吉田輝星が2軍国頭キャンプ合流、ロドリゲスは1軍名護へ”. 日刊スポーツ (2022年2月7日). 2022年3月28日閲覧。
  34. ^ 日本ハム吉田輝星、藤川球児氏直伝「上からたたきつけるイメージ」で捕手座らせて49球投げ込み”. 日刊スポーツ (2022年2月14日). 2022年3月28日閲覧。
  35. ^ 藤川球児さんが日本ハム輝星にかけた“魔法の言葉” 口角上がった21歳に「それが練習なんだよ」”. Sponichi Annex (2022年2月26日). 2022年3月28日閲覧。
  36. ^ a b 【日本ハム】吉田輝星が3戦目先発 開幕前首脳陣から「ちょ!来て!」と呼ばれ伝えられる”. 日刊スポーツ (2022年3月26日). 2022年3月28日閲覧。
  37. ^ 日本ハム吉田輝星1回0封 開幕1軍へオープン戦3試合救援登板で無失点継続「将来的には先発」”. 日刊スポーツ (2022年3月15日). 2022年4月3日閲覧。
  38. ^ 日本ハムの新人・北山、水野、長谷川が開幕一軍 吉田輝は二軍スタート”. 東スポ (2022年3月24日). 2022年4月3日閲覧。
  39. ^ 【日本ハム】先発の吉田輝星は初回3失点 今季チーム最長4回を投げ降板「初回の先頭に決め切れなかった」”. スポーツ報知 (2022年3月27日). 2022年3月28日閲覧。
  40. ^ 日本ハム・輝星 志願の4回3失点 今季のチーム先発投手では最長イニング”. Sponichi Annex (2022年3月28日). 2022年3月28日閲覧。
  41. ^ 2022年4月2日 【公式戦】 試合結果 (オリックスvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2022年4月3日閲覧。
  42. ^ 日本ハム・吉田輝星の圧巻投球続く 中継ぎ転向後11イニング連続無失点”. BASEBALL KING (2022年4月24日). 2022年4月27日閲覧。
  43. ^ 【日本ハム】吉田輝星がプロ初ホールド「これからも続けていけたら」9試合連続無失点”. スポーツ報知 (2022年4月27日). 2022年4月27日閲覧。
  44. ^ 吉田輝星が「すんごい球投げるな」 首位打者のけ反った「キレもコースもエグい」”. Full-Count (2022年4月29日). 2022年6月5日閲覧。
  45. ^ 【日本ハム】吉田輝星1071日ぶりの白星 19年6月プロ初勝利以来の2勝目”. 日刊スポーツ (2022年5月18日). 2022年6月5日閲覧。
  46. ^ 吉田輝星が投じる“美しすぎる直球”の進化 球速は平均以下でも…顕著な宝刀ぶり”. Full-Count (2022年5月9日). 2022年6月5日閲覧。
  47. ^ 【日本ハム】吉田輝星、6月5日甲子園で先発!…公式戦プロ初&821日ぶり「特別な球場」”. 日刊スポーツ (2022年5月31日). 2022年6月5日閲覧。
  48. ^ 吉田輝星、3回7安打4失点で今季初黒星 甲子園で先発も日本ハムは4連敗”. BASEBALL KING (2022年6月5日). 2022年6月5日閲覧。
  49. ^ 日本ハム・輝星 直球を信じて接戦の中でホールド記録”. Sponichi Annex (2022年6月13日). 2022年7月2日閲覧。
  50. ^ 【日本ハム】吉田輝星 21日故郷秋田で先発 新庄監督「ラストチャンス。5回投げたら次ある」”. スポーツ報知 (2022年6月21日). 2022年7月2日閲覧。
  51. ^ 【日本ハム】4連敗で今季ワースト借金15、故郷凱旋の吉田輝星が5回につかまる”. 日刊スポーツ (2022年6月21日). 2022年7月2日閲覧。
  52. ^ 日本ハム・新庄監督 加藤抹消の理由を説明「ぎっくり腰っぽい」”. Sponichi Annex (2022年6月28日). 2022年7月2日閲覧。
  53. ^ 日本ハム・吉田 左腕・加藤の出場選手登録抹消により29日西武戦先発「もう1回チャンスもらえた」”. Sponichi Annex (2022年6月28日). 2022年7月2日閲覧。
  54. ^ 【日本ハム】“夏男”吉田輝星、またも先発勝利ならず3回3失点 先発4試合は防御率7・53”. 日刊スポーツ (2022年6月29日). 2022年7月2日閲覧。
  55. ^ 日本ハム・新庄Bボス、吉田輝星は中継ぎ再配置 苦言も「自分のサバイブ見つけていかないと」”. デイリースポーツ (2022年6月29日). 2022年7月2日閲覧。
  56. ^ a b データで明らかになる 吉田輝星投手の「ストレート」”. NHK (2018年9月7日). 2020年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月3日閲覧。
  57. ^ 吉田輝星は球筋に“角度”を加えられるフォームを覚えたい”. 日刊ゲンダイ (2018年10月25日). 2021年9月3日閲覧。
  58. ^ “自己新152キロ出した金足農・吉田5回無失点降板”. 日刊スポーツ. (2018年10月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201810020000746.html 2018年10月26日閲覧。 
  59. ^ 吉田輝星は高校トップ評価、大学生候補は豊作年! ドラフト会議、注目選手をタイプ別解剖<投手編>”. ベースボールチャンネル (2018年10月16日). 2021年9月3日閲覧。
  60. ^ 日本ハム吉田輝星、デビュー戦5回1失点!「直球はある程度通用したのかな」”. スポニチ Sponichi Annex (2019年6月12日). 2021年9月3日閲覧。
  61. ^ 吉田輝星「良くなってきている」今季初勝利に自信”. 日刊スポーツ (2020年9月26日). 2021年9月3日閲覧。
  62. ^ 吉田輝星の直球が「こんなに綺麗なのか!」 球速以上の破壊力が「まさに藤川」 Full-Count 2022.04.09 (2022年4月9日閲覧)
  63. ^ “輝星 三代目JSBで登板したい 中学時代からファン”. スポニチ Sponichi Annex. (2018年11月25日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/25/kiji/20181124s00001173622000c.html 2019年4月11日閲覧。 
  64. ^ “進歩示した日本ハム吉田輝星、発奮材料は今市JSB”. 日刊スポーツ. (2019年4月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201904030000812.html 2019年4月11日閲覧。 
  65. ^ “ワイルドだぜぇ!吉田輝星がJSB今市風ヘアに”. 日刊スポーツ. (2019年2月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201902250000960.html 2019年4月11日閲覧。 
  66. ^ “日本ハム・輝星、三代目・今市からのメッセージに感激「共演できたら嬉しい」”. スポニチ Sponichi Annex. (2019年2月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/02/26/kiji/20190226s00001173249000c.html 2019年4月11日閲覧。 
  67. ^ 吉田輝星、同郷で日本ハムの先輩・工藤幹夫氏との縁”. 日刊スポーツ (2019年6月12日). 2021年9月3日閲覧。
  68. ^ 吉田輝星? いや、宮田輝星だ! 日本ハム育成1位が描く『宮田輝星物語』”. 週刊ベースボールONLINE (2019年11月9日). 2021年9月4日閲覧。
  69. ^ 日本ハム育成1位は宮田輝星 名の読みは吉田輝星と違って…”. 西日本スポーツ (2019年10月18日). 2021年9月4日閲覧。
  70. ^ こだわりのストレートが威力を発揮!日本ハム・吉田輝星がプロ初登板初先発初勝利”. 日本野球機構 (2019年6月18日). 2021年9月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]