生田目翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
生田目 翼
北海道日本ハムファイターズ #13
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県常陸大宮市
生年月日 (1995-02-19) 1995年2月19日(24歳)
身長
体重
176 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト3位
初出場 2019年6月1日
年俸 1,000万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

生田目 翼(なばため つばさ、1995年2月19日 - )は、茨城県常陸大宮市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

常陸大宮市立村田小学校3年から常陸大宮リトルで硬式野球を始め、投手兼捕手で4番を務めた。常陸大宮市立第二中学校では軟式野球部に所属し、内野手を経て、2年秋からはエースで3番を打っていた。

水戸工業高等学校では1年秋から4番・遊撃手、2年秋からはエースとして県8強、3年夏も県8強に進出したが甲子園出場はできなかった。

流通経済大学では1年春から救援でベンチ入り。 翌2年春のリーグ戦でエースの座を獲得し、4勝3敗、防御率2.59で投手十傑入りを果たす。田中正義と投げ合った創価大学1回戦では2安打4四死球1対0の完封勝利を記録した。以降は主に先発1番手としてチームを引っ張り、計39戦(先発29)で17勝8敗の実績を残した。 2年秋は15試合中10試合で最多の71.2回(61奪三振)と奮闘を見せ、共栄大学1回戦で9者連続を含む14奪三振、4安打5四死球、5対0完封の力投を演じた。3年春は6勝(5完投)0敗,防御率2.65でMVPなど2冠を受賞し15季ぶりのリーグ優勝に貢献、そして第64回全日本大学野球選手権大会で29年ぶりとなる準優勝を達成した。3年秋はシーズン中に右肘を痛め、翌4年春は右肩痛を発症し登板できなかった。しかし4年秋途中で復帰し、高千穂大学戦で1年ぶりの完投勝利を挙げた。その後、プロ志望届を提出していたが、2016年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議では指名漏れとなった。

日本通運では元北海道日本ハムファイターズ武田久投手兼任コーチから主にマウンドでの心構えや制球面等の指導を受け、投球の幅を広げた。そして1年目に7月の都市対抗で抑えとして公式戦デビューし、11月の選手権でも登板した。2年目は先発投手を担い、6月の都市対抗予選・新日鐡住金かずさマジック戦で4安打初完封を記録した。

2018年10月25日に行われたドラフト会議では、北海道日本ハムファイターズが3位で単独交渉権を獲得し[1]、11月16日に年俸1000万円で仮契約を結んだ[2]背番号13

選手としての特徴[編集]

社会人時代は自己最速155km/hを記録[3]。変化球はスライダー、フォークなどを軸に投球を組み立てる[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 日本ハム 4 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 39 8.0 10 2 4 0 0 2 0 0 10 7 7.88 1.75
NPB:1年 4 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 39 8.0 10 2 4 0 0 2 0 0 10 7 7.88 1.75
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 13 (2019年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]