山中潔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山中 潔
東京国際大学硬式野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市
生年月日 (1961-10-29) 1961年10月29日(57歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 1979年 ドラフト4位
初出場 1981年8月8日
最終出場 1996年7月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 千葉ロッテマリーンズ (1997 - 2002)
  • 日本ハムファイターズ
    北海道日本ハムファイターズ (2003 - 2009)
  • 千葉ロッテマリーンズ (2010 - 2013)
  • 高陽ワンダーズ (2014)
  • 東京国際大学

山中 潔(やまなか きよし、1961年10月29日 - )は、大阪府堺市出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ。現役中に5球団を渡り歩いたことで知られる。弟の山中優は政治学者[1]

来歴・人物[編集]

PL学園高校では1978年夏の甲子園で控え捕手ながら優勝を経験する[2]。翌1979年春の選抜は、中西康智(近大)とバッテリーを組み正捕手として出場。準決勝に進出するがエース石井毅を擁する箕島高に延長10回サヨナラ負け[3]。同年夏の甲子園府予選でも決勝に進出するが、浪商牛島和彦香川伸行のバッテリーに抑えられ敗退、甲子園出場を逸する[2]。高校同期に小早川毅彦阿部慶二山崎剛がいた。

1979年のドラフト4位で広島東洋カープへ入団。得意の打撃を生かして1984年に64試合に出場。1985年には開幕から達川光男に代わって起用され、52試合に先発マスクを被る。正捕手の座を掴みかけたかに見えたが、古葉竹識監督が退任した翌1986年からは再びベンチを温めることが多くなった。日本シリーズには1984年に2試合、1986年に1試合それぞれ途中出場している。植田幸弘の台頭が見られた1988年オフに山田勉とのトレードで福岡ダイエーホークスへ移籍。

正捕手不在のダイエーでも1989年にチームの捕手では2番目に多い45試合に出場するが、翌1990年のシーズン開幕直前に斉藤学とのトレードで中日ドラゴンズへ移籍。中日では正捕手の中村武志に次ぐ2番手捕手の座を獲得するが、翌1991年オフに、五十嵐明とのトレードで日本ハムファイターズへ移籍。日本ハムでも正捕手の田村藤夫に次ぐ2番手捕手の座を獲得するが、田口昌徳の台頭及び近鉄からベテランの山下和彦の獲得に伴い1994年オフに球団から戦力外通告を受ける。同年、千葉ロッテマリーンズのテストを受け合格。ロッテではボビー・バレンタイン監督に相手投手が右投手の時に積極的に登用され、1995年はチームの捕手としては2番目に多い61試合に出場し、ロッテの2位躍進に貢献した。1996年オフに現役を引退。

1996年オフに現役引退し、そのままロッテのコーチを2002年まで務めた。ロッテコーチ時代は後に正捕手となる里崎智也を育て上げ、里崎は「あの人がいなかったら、僕はやめてますね」[4]、「山中さんとの出会いがなかったら、16年も現役でいられることはなかったと思います」[5]と語っている。また、橋本将も「山中さんと出会わなければ、僕はここまで野球は続けられなかった。とっくの昔に辞めていたと思う」と語っている[6]。 翌2003年に一軍ブルペン担当コーチで日本ハムに復活し[7]、2004年・2006年は一軍、2005年・2007年~2009年は二軍バッテリーコーチを務め、2006年のリーグ優勝・日本一に貢献した。2010年には再びロッテに戻り[8]。一軍バッテリーコーチとしてロッテの日本一に貢献した。2011年からは一軍ブルペンコーチ、2013年からは二軍バッテリーコーチを務めていたが、10月22日に翌年の契約を結ばない事が発表された[9]。2014年は韓国プロ野球高陽ワンダーズのバッテリーコーチを務めた。2015年からは古葉が監督を務める東京国際大学硬式野球部の助監督に就任[10]2016年からは古葉の勇退に伴い監督に昇格。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 広島 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1983 7 16 15 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .200 .250 .200 .450
1984 64 89 80 2 14 2 0 0 16 8 0 0 2 1 3 0 3 14 2 .175 .230 .200 .430
1985 90 202 181 21 50 4 0 6 72 22 2 1 4 0 12 3 5 18 2 .276 .338 .398 .736
1986 26 32 31 2 4 1 0 0 5 1 0 0 0 0 0 0 1 9 0 .129 .156 .161 .318
1987 32 30 27 1 8 2 0 0 10 3 0 0 1 1 1 0 0 3 2 .296 .310 .370 .681
1988 28 41 38 1 10 2 0 0 12 1 0 0 0 0 2 1 1 4 0 .263 .317 .316 .633
1989 ダイエー 45 85 78 9 20 3 0 3 32 6 0 0 1 0 6 0 0 12 2 .256 .310 .410 .720
1990 中日 66 167 144 13 39 9 0 2 54 22 1 4 1 2 16 6 4 14 6 .271 .355 .375 .730
1991 31 75 67 5 11 1 0 1 15 2 0 1 3 0 4 1 1 7 2 .164 .222 .224 .446
1992 日本ハム 37 72 64 7 14 4 0 0 18 4 0 0 6 0 2 0 0 12 0 .219 .242 .281 .524
1993 23 18 18 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .056 .056 .056 .111
1994 27 41 38 2 6 1 0 1 10 2 0 0 1 1 1 0 0 7 1 .158 .175 .263 .438
1995 ロッテ 61 103 93 6 17 1 1 0 20 3 1 1 6 0 4 0 0 19 1 .183 .216 .215 .432
1996 12 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:15年 550 977 880 70 197 30 1 13 268 74 4 7 25 5 52 11 15 126 18 .224 .277 .305 .582

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1983 6 6 5 1 .167
1984 56 19 14 5 .263
1985 84 48 30 18 .375
1986 15 6 5 1 .167
1987 18 3 2 1 .333
1988 19 8 4 4 .500
1989 34 37 29 8 .216
1990 59 36 22 14 .389
1991 25 16 10 6 .375
1992 31 35 25 10 .286
1993 22 14 11 3 .214
1994 24 11 9 2 .182
1995 60 38 30 8 .211
1996 11 3 3 0 .000
通算 464 280 199 81 .289

記録[編集]

背番号[編集]

  • 41 (1980年 - 1988年)
  • 27 (1989年)
  • 43 (1990年 - 1991年)
  • 40 (1992年 - 1994年)
  • 64 (1995年)
  • 45 (1996年)
  • 73 (1997年 - 2002年)
  • 71 (2003年 - 2009年)
  • 74 (2010年 - 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ http://masaruyamanaka.cocolog-nifty.com/kenkyu_diary/2010/01/post-d40b.html
  2. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  4. ^ 赤坂英一 (2009-08-25). キャッチャーという人生. 講談社. ISBN 978-4062157353. 
  5. ^ 二宮清純「“ヘタクソ”里崎智也を一流に育てた男」
  6. ^ 橋本将(愛媛マンダリンパイレーツ/愛媛県宇和島市出身)第3回「プロのキャッチャーへの道のり」
  7. ^ プロ野球選手データ名鑑 (2003) (別冊宝島―プロ野球ナンバーワンデータブック)、宝島社、P166
  8. ^ コーチ就任のお知らせ球団公式サイト2009年10月24日配信
  9. ^ 山中潔2軍バッテリーコーチとの来季契約について球団公式サイト2013年10月23日配信
  10. ^ <首都スポ>東京国際大、2発11得点の完勝 創立50周年初戦を白星で飾る中日スポーツ2015年4月13日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]