片岡光宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
片岡 光宏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県府中市
生年月日 (1962-03-22) 1962年3月22日(56歳)
身長
体重
184 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手投手
プロ入り 1979年 ドラフト1位
初出場 1981年7月1日
最終出場 1991年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

片岡 光宏(かたおか みつひろ、1962年3月22日 - )は、広島県府中市出身の元プロ野球選手内野手投手)。

来歴・人物[編集]

府中市立第二中学校卒業後、野々村直通の熱心な勧誘により[1]広島県内の強豪チームの誘いを蹴って府中東高校(当時は市立)に入学。府中東高校はかつての北川工業高校(私立)時代には、高橋一三伊原春樹らを輩出した広島県東部の強豪だったが、この頃は低迷し部員の大半が野球未経験者だった。野々村も片岡を勧誘してとれたことが僕の野球の出発点と話している[1]1979年、3年生時の第51回選抜高等学校野球大会にエース、四番打者として出場するも、1回戦で高松商の中尾貴紀に完封を喫し大敗[2]。同年夏の甲子園県予選でも決勝に進出するが、永田利則のいた広島商に敗れる。

高校在学中は東京の創価高校へ練習に通い、同校監督稲垣人司の下で指導を受ける(稲垣の著書には、元々創価高校も片岡をリストアップしていたと記されている)。

甲子園では初戦で打ち込まれたものの大型右腕として評価が高く、1979年のドラフト会議では浪商高校牛島和彦市立尼崎高校林泰宏と共に“高校三羽烏”と騒がれた。同年のドラフト1位で広島東洋カープに入団。外木場義郎がつけていた背番号14を引き継ぎ期待されたが右ひじを故障したこともあり大成せず、1985年に投手から内野手に転向となる。

1987年に打者として一軍に再デビューし、代打中心に起用され同年7月11日の広島市民球場 (初代)での阪神戦では9回裏に代打サヨナラ本塁打を放つなど長打力の片鱗を覗かせる。同年8月15日、16日には小早川毅彦に代わって4番打者として先発出場した。当時監督の阿南準郎が将来の主軸打者として期待し1988年に三塁手として起用されたが、ランディ・ジョンソンとの併用や守備の不安などでシーズン後半にかけて徐々に出番が減る。同年11月に斉藤浩行と共に本村信吾片平哲也との2対2の交換トレードで中日ドラゴンズに移籍となる。中日での在籍は1年にとどまり、1989年10月に北野勝則との交換により横浜大洋ホエールズに移籍。大洋時代は腰痛に苦しみ結果を残すことはできず、1991年11月に自由契約となり現役引退。

引退後は夫人の実家のある宮崎市内で広島風お好み焼き店を経営する[3]傍ら、社会人野球クラブチーム宮崎ゴールデンゴールズゼネラルマネージャーも務めている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1981 広島 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 33 6.1 15 1 1 0 0 4 2 0 7 7 9.95 2.53
通算:1年 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 33 6.1 15 1 1 0 0 4 2 0 7 7 9.95 2.53

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 広島 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1987 42 73 66 8 21 1 0 5 37 12 0 0 2 0 5 0 0 18 0 .318 .366 .561 .927
1988 95 308 269 23 64 11 0 10 105 32 0 0 14 0 21 0 4 56 3 .238 .303 .390 .693
1989 中日 30 58 56 5 11 5 0 0 16 0 0 0 1 0 1 0 0 14 0 .196 .211 .286 .496
1991 大洋 7 6 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 0 2 0 .000 .333 .000 .333
通算:5年 179 445 395 36 96 17 0 15 158 44 0 0 17 0 29 1 4 90 3 .243 .301 .400 .701

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打:1987年5月2日、対中日ドラゴンズ4回戦(広島市民球場)、8回裏に川端順の代打として出場、杉本正から左前安打
  • 初本塁打・初打点:1987年7月9日、対読売ジャイアンツ12回戦(札幌市円山球場)、8回表に小早川毅彦の代打として出場、角三男から中越逆転決勝2ラン
  • 初先発出場:1987年8月15日、対中日ドラゴンズ21回戦(広島市民球場)、4番・一塁手として先発出場

背番号[編集]

  • 14(1980年 - 1984年)
  • 44(1985年 - 1988年)
  • 35(1989年)
  • 53(1990年 - 1991年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「野々村直通インタビュー」『野球小僧』8月号増刊『高校野球小僧』2011年夏号、白夜書房、雑誌18802-8、137頁。
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ お好み焼き・鉄板焼き かたおか/プロ野球関連のお店/野球舌-プロ野球・メジャーリーグ・高校野球のラジオ/PODCAST”. 2012年7月12日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]