阿南準郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阿南 準郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県佐伯市
生年月日 1937年9月2日(77歳)
身長
体重
173 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1956年
初出場 1956年
最終出場 1970年10月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 近鉄バファローズ (1971 - 1973)
  • 広島東洋カープ (1974 - 1988)

阿南 準郎(あなん じゅんろう、1937年9月2日 - )は、大分県佐伯市[1]出身の元プロ野球選手内野手)・監督

来歴・人物[編集]

小学生時代、当時教師だった漫画家の富永一朗から教えを受けていた。佐伯鶴城高では、1955年夏の甲子園県予選で優勝、東九州大会に進出するが、出水高に惜敗し、甲子園出場はならなかった。

1956年広島カープへ入団。内野が手薄だったため、入団1年目から遊撃手として活躍。1960年には三塁手興津立雄一塁手に回り、その後継となる。「守備の職人」として遊撃手の古葉毅とともに鉄壁の三遊間を形成し、ガッツあふれた守備でファンを魅了した[1]1962年には興津が三塁手に復帰するが、その後も内野の準レギュラーとして活躍する。1964年に「潤一」から「準郎」に改名。同年は小坂佳隆に代り二塁手の定位置を獲得、生涯唯一の規定打席(24位、打率.246)に達する。しかし翌年から古葉が二塁手に回り、その後は内野のユーティリティプレイヤーとして起用された。1968年近鉄バファローズに移籍。ここでも三塁手として活躍するが、1970年限りで引退し、1973年まで同チームのコーチを務めた[1]

1974年森永勝也監督の要請で広島にコーチとして復帰[1]1975年、球団創立25年での初優勝の際はシーズン当初は二軍コーチを務めていたが、ジョー・ルーツ監督の辞任により古葉が監督に昇格すると一軍コーチとして招聘され、初優勝に貢献した。

1986年、古葉の後を受け継いで監督に就任[1]山本浩二が監督に就任するまでのつなぎ役と見られていたが現役時代に育んだガッツあふれた采配と手腕を発揮させ、就任1年目の1986年後半戦開始時点での、読売ジャイアンツとの5.5ゲーム差をひっくり返し、セ・リーグ優勝をなしとげた。その後もAクラスを持続させ1988年勇退。フロント入りし、取締役育成部長、常務取締役球団本部長兼連盟担当、取締役相談役を歴任した[1]。ユニフォームの名前の表記が「ANAN」だったため、有名女性ファッション誌になぞらえて「アンアン監督」と呼ぶファンもいた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1956 広島 34 90 87 6 17 4 1 1 26 5 0 1 0 0 2 0 1 11 2 .195 .222 .299 .521
1957 89 273 244 8 44 6 0 1 53 12 1 1 1 1 27 0 0 31 4 .180 .262 .217 .479
1958 37 113 97 13 22 2 0 2 30 7 2 2 2 4 10 0 0 11 3 .227 .299 .309 .608
1959 38 104 93 7 14 2 1 0 18 9 1 2 0 2 9 0 0 17 2 .151 .225 .194 .419
1960 99 247 228 23 52 7 4 4 79 19 5 1 3 0 16 0 0 35 3 .228 .279 .346 .625
1961 117 363 331 20 66 12 1 2 86 15 1 3 9 4 19 1 0 32 11 .199 .243 .260 .503
1962 110 253 228 18 56 6 1 2 70 18 1 1 5 1 18 0 1 29 7 .246 .304 .307 .611
1963 99 242 227 13 52 8 0 2 66 16 1 0 2 2 11 0 0 11 8 .229 .265 .291 .555
1964 137 504 468 29 115 15 2 6 152 47 4 3 8 1 25 1 2 39 13 .246 .287 .325 .612
1965 115 331 298 20 62 4 2 2 76 16 3 4 6 2 24 0 1 24 7 .208 .269 .255 .524
1966 117 277 261 8 57 5 0 1 65 14 1 4 1 1 12 1 2 25 9 .218 .258 .249 .507
1967 90 144 134 11 24 4 0 1 31 11 6 0 2 1 7 0 0 15 3 .179 .220 .231 .451
1968 近鉄 118 308 283 21 69 11 1 3 91 22 3 7 8 3 13 0 1 39 7 .244 .279 .322 .601
1969 118 320 293 22 68 8 1 7 99 36 8 2 8 1 17 2 1 25 5 .232 .277 .338 .614
1970 97 171 154 8 28 1 0 0 29 7 6 3 5 1 11 0 0 16 3 .182 .236 .188 .425
通算:15年 1415 3740 3426 227 746 95 14 34 971 254 43 34 60 24 221 5 9 360 87 .218 .267 .283 .550

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合数 勝利 敗戦 引分 勝率 備考
1986年昭和61年) 広島 1位 130 73 46 11 .613 日本シリーズは3勝4敗1引分
1987年(昭和62年) 3位 130 65 55 10 .542
1988年(昭和63年) 3位 130 65 62 3 .512
通 算 390 203 163 24 .555

※1986年から1996年までは130試合制

記録[編集]

  • 通算1000試合出場 1967年4月26日(122人目)

背番号[編集]

  • 50 (1956年 - 1959年)
  • 25 (1960年 - 1967年)
  • 5 (1968年 - 1970年)
  • 51 (1971年)
  • 73 (1972年 - 1973年)
  • 75 (1974年 - 1988年)

登録名[編集]

  • 阿南 潤一 (あなん じゅんいち、1956年 - 1963年)
  • 阿南 準郎 (あなん じゅんろう、1964年 - )

関連情報[編集]

CD[編集]

  • 『カープロード』矢野昌大のCDにコメント提供。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、14ページ

関連項目[編集]