1987年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1987年の読売ジャイアンツ
成績
日本シリーズ敗退
2勝4敗(対西武[1]
セントラル・リーグ優勝
76勝43敗11分 勝率.639[2]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
球団組織
オーナー 正力亨
経営母体 読売新聞社
監督 王貞治
« 1986
1988 »

1987年の読売ジャイアンツ(1987ねんのよみうりジャイアンツ)では、1987年シーズンについての読売ジャイアンツの動向をまとめる。

このシーズンの読売ジャイアンツは、王貞治監督の4年目のシーズンであり、1937年にフランチャイズ制を導入して以来、長年に渡って本拠地としていた後楽園球場の最後のシーズンである。

概要[編集]

3年間優勝から遠ざかっていたチームは、新たに打撃コーチとして前中日監督の山内一弘を招聘。「かっぱえびせん」(やめられない、止まらないの意味)と呼ばれた山内の熱心な指導で打線は3番から7番まで(クロマティ原辰徳吉村禎章篠塚利夫中畑清)3割打者が並ぶ強力打線を形成。その後を打つ山倉和博も22本塁打を放ち「恐怖の8番打者」と恐れられた。山倉は捕手としても、2年目で防御率1位・15勝の桑田真澄をはじめ江川卓槙原寛己水野雄仁、抑えの鹿取義隆といった投手陣をリードし、巨人軍の捕手として初のMVPを獲得した。チームは6月13日に首位に立つと以後は一度も首位を明け渡すことなく、10月9日に優勝が決定、後楽園最終年に花を添えた。宿敵西武との対戦となった日本シリーズは、西武に守備・走塁でレベルの違いを見せつけられ2勝4敗で敗退。シーズン終了後に江川が突如現役引退を発表した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[3]
1 松本匡史
2 鴻野淳基
3 篠塚利夫
4 クロマティ
5 吉村禎章
6 中畑清
7 駒田徳広
8 山倉和博
9 西本聖
1987年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 中日 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 広島 1.5 巨人 0.0 広島 2.0 広島 3.5 中日 4.0 広島 7.5 中日 8.0
3位 中日 3.0 広島 3.5 中日 4.0 中日 6.0 広島 5.5 中日 8.5 広島 11.5
4位 大洋 5.0 ヤクルト 10.5 ヤクルト 11.5 ヤクルト 16.0 ヤクルト 16.0 ヤクルト 17.0 ヤクルト 19.5
5位 ヤクルト 5.0 大洋 10.5 大洋 12.5 大洋 20.0 大洋 18.0 大洋 20.0 大洋 22.5
6位 阪神 6.5 阪神 13.5 阪神 17.0 阪神 29.5 阪神 31.5 阪神 34.0 阪神 37.5
1987年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 76 43 11 .639 -
2位 中日ドラゴンズ 68 51 11 .571 8.0
3位 広島東洋カープ 65 55 10 .542 11.5
4位 ヤクルトスワローズ 58 64 8 .475 19.5
5位 横浜大洋ホエールズ 56 68 6 .452 22.5
6位 阪神タイガース 41 83 6 .331 37.5

日本シリーズ[編集]

1987年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月24日(土) 第1戦 雨天中止 西武ライオンズ球場
10月25日(日) 読売ジャイアンツ 7-3 西武ライオンズ
10月26日(月) 第2戦 読売ジャイアンツ 0-6 西武ライオンズ
10月27日(火) 移動日
10月28日(水) 第3戦 西武ライオンズ 2-1 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月29日(木) 第4戦 西武ライオンズ 0-4 読売ジャイアンツ
10月30日(金) 第5戦 西武ライオンズ 3-1 読売ジャイアンツ
10月31日(土) 移動日
11月1日(日) 第6戦 読売ジャイアンツ 1-3 西武ライオンズ 西武ライオンズ球場
優勝:西武ライオンズ(2年連続7回目)

[1]

オールスターゲーム1987[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 王貞治
投手 桑田真澄
鹿取義隆
江川卓 8
捕手 山倉和博 7
二塁手 篠塚利夫 6
三野手 原辰徳 7
外野手 松本匡史 6
吉村禎章 2
  • 太字はファン投票による選出。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[4]

表彰選手[編集]

桑田真澄(投手、初受賞)
山倉和博(捕手、4年ぶり3度目)
篠塚利夫(二塁手、2年連続5度目)
原辰徳(三塁手、4年ぶり2度目)
ウォーレン・クロマティ(外野手、2年連続2度目)
吉村禎章(外野手、2年連続2度目)
桑田真澄(投手、初受賞)
山倉和博(捕手、4年ぶり3度目)
中畑清(一塁手、6年連続6度目)
原辰徳(三塁手、初受賞)

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 橋本清 投手 PL学園高 入団
2位 後藤孝次 内野手 中京高 入団
3位 磯貝公伸 投手 宮崎南高 入団
4位 小沢浩一 内野手 三菱自動車水島 入団
5位 益田明典 投手 愛知学院大学 入団
6位 杉山直樹 捕手 沼津学園高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1987年度日本シリーズ”. 日本野球機構. 2015年11月4日閲覧。
  2. ^ 年度別成績 1987年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2015年11月4日閲覧。
  3. ^ 『読売新聞』1987年4月11日付朝刊、14版、14面
  4. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 読売ジャイアンツ. 2015年11月4日閲覧。