1987年の広島東洋カープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1987年の広島東洋カープ
成績
セントラル・リーグ3位
65勝55敗10分 勝率.542[1]
本拠地
都市 広島県広島市
球場
広島市民球場
Hiroshima Municipal Baseball Stadium 2008.JPG
球団組織
オーナー 松田耕平
経営母体 松田家(マツダ創業者一族)
監督 阿南準郎
« 1986
1988 »

1987年の広島東洋カープ(1987ねんのひろしまとうようカープ)では、1987年の広島東洋カープの動向をまとめる。

この年の広島東洋カープは、阿南準郎監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

前年で引退した山本浩二の不在の影響が懸念された上に、開幕前に高橋慶彦が球団の激励会への出席を拒否し2週間の出場停止を課されるなど、不穏な状況の中、前監督の古葉竹識率いる大洋との開幕戦でエース北別府学が打たれ敗れる最悪のスタート。それでも投手陣では北別府を始め大野豊川口和久が先発ローテを守り、さらに先発4・5番手には金石昭人長冨浩志、抑えには津田恒実が控えるなど豊富で、チームは因縁の大洋に11連勝するなど首位争いに加わり、7月まで首位の巨人に3.5ゲーム差につけていた。しかし後半戦に入ると逆に大洋に9連敗を喫したのが響き巨人に引き離され、最後は中日に抜かれ3位で終了。打撃陣では引退した山本に代わる4番候補として入団したリチャード・ランスが低打率ながらも本塁打を量産し、ランディ・バースから本塁打王の座を奪取。3年目の正田耕三は巨人の篠塚利夫と首位打者を分け合い、このほかにも主砲の小早川毅彦、高橋と山崎隆造の1・2番コンビなども例年通りの成績を収めた。ベテラン衣笠祥雄は打率が伸び悩んだが、1970年10月19日の巨人戦から続いてきた連続試合出場を2131試合に伸ばして世界記録を更新し(最終的に2215試合)、大洋の古葉監督や阿南監督から花束が贈呈された。さらに中曽根康弘首相から国民栄誉賞を授与されるなど、有終の美を飾ってシーズン終了後に引退した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 山崎隆造
2 ジョンソン
3 長内孝
4 ランス
5 衣笠祥雄
6 長嶋清幸
7 正田耕三
8 達川光男
9 北別府学
1987年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 中日 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 広島 1.5 巨人 0.0 広島 2.0 広島 3.5 中日 4.0 広島 7.5 中日 8.0
3位 中日 3.0 広島 3.5 中日 4.0 中日 6.0 広島 5.5 中日 8.5 広島 11.5
4位 大洋 5.0 ヤクルト 10.5 ヤクルト 11.5 ヤクルト 16.0 ヤクルト 16.0 ヤクルト 17.0 ヤクルト 19.5
5位 ヤクルト 5.0 大洋 10.5 大洋 12.5 大洋 20.0 大洋 18.0 大洋 20.0 大洋 22.5
6位 阪神 6.5 阪神 13.5 阪神 17.0 阪神 29.5 阪神 31.5 阪神 34.0 阪神 37.5
1987年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 76 43 11 .639 -
2位 中日ドラゴンズ 68 51 11 .571 8.0
3位 広島東洋カープ 65 55 10 .542 11.5
4位 ヤクルトスワローズ 58 64 8 .475 19.5
5位 横浜大洋ホエールズ 56 68 6 .452 22.5
6位 阪神タイガース 41 83 6 .331 37.5

オールスターゲーム1987[編集]

  • 監督
阿南準郎
  • 監督推薦
津田恒美
大野豊
川口和久
達川光男
衣笠祥雄
正田耕三
小早川毅彦
山崎隆造

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[4]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
正田耕三 首位打者 .333 初受賞
ランス 本塁打王 39本 初受賞
川口和久 最多奪三振 184個 初受賞
川端順 最高勝率 .833 初受賞
その他
選手名 タイトル
衣笠祥雄 国民栄誉賞
ベストナイン
選出なし
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
正田耕三 二塁手 初受賞
長嶋清幸 外野手 2年連続4度目
山崎隆造 2年ぶり3度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 川島堅 投手 東亜学園高 入団
2位 石貫宏臣 投手 西日本短期大学附属高 入団
3位 北原喜久男 投手 碧南工業高 入団
4位 水沢英樹 投手 秋田経済法科大学附属高 入団
5位 塚本善之 投手 西城陽高 入団
6位 芦沢公一 投手 韮崎工業高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1987年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2016年9月6日閲覧。
  2. ^ チームヒストリー 1987”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト. 2015年12月24日閲覧。
  3. ^ 毎日新聞1987年10月23日23面「鉄人 フィナーレ 打った!!衣笠”有終”504号」毎日新聞縮刷版1987年10月p885
  4. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7