片岡新之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
片岡 新之介
呉港高等学校 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県広島県福山市生まれ)
生年月日 (1947-11-05) 1947年11月5日(73歳)
身長
体重
176 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1969年 ドラフト5位
初出場 1971年7月31日
最終出場 1986年7月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

片岡 新之介(かたおか しんのすけ、1947年11月5日 - )は、岡山県出身(広島県福山市生まれ)の元プロ野球選手捕手)・コーチ

旧名は片岡 旭(-あきら)。

来歴・人物[編集]

福山工業高校に合格するも、父の転勤により倉敷工業高校に進学。2年次の1964年まで捕手、3年次の1965年の時には投手を務める。平松政次松岡弘森安敏明と並んで「岡山四天王」の一人[1]として注目されるが、捕手のリードに首を振って打たれたことから捕手の重要性に気付く。同年の夏の甲子園岡山大会準々決勝で関西に敗退し、高校卒業後は1966年芝浦工業大学へ進学。伊原春樹と共に活躍するも中退し、その後はクラレ岡山に入社。都市対抗で毎年活躍し、1969年富士重工業戦では延長戦で投手が払底し、急遽登板するも2ランスクイズを決められ敗退という珍しい経験をしている。同年のドラフト5位で西鉄ライオンズから指名を受け、1970年のシーズンいっぱいクラレ岡山でプレーすることを条件に西鉄と合意。1年目の1971年は新人ながら29試合に出場し、ジュニアオールスターにも選出される。2年目の1972年ロッテに移籍した村上公康に代って正捕手となるが、その後は宮寺勝利楠城徹と併用された。1975年には楠城の台頭で出場機会を減らすが、自身初の打率.353を記録。オフには加藤博一と共に鈴木照雄五月女豊との交換トレードで阪神タイガースに移籍し、田淵幸一若菜嘉晴らの控え捕手[1]として重宝される。特に1977年には185打数で満塁本塁打2本を含む10本塁打を放つなど、存在感のある控え選手であった。1980年オフに笠間雄二との交換トレードで阪急ブレーブスへ移籍し、阪急では中沢伸二らの控えとして活躍。1981年は.302、1982年は.320と2年連続打率3割を記録するが、1986年オフに現役を引退。

引退後は広島東洋カープで二軍バッテリーコーチ(1987年 - 1991年, 1994年 - 1998年, 2001年 - 2003年)・一軍バッテリーコーチ(1992年 - 1993年, 1999年 - 2000年)を務め、西山秀二倉義和石原慶幸らを指導[1]。広島退団後の2004年から2005年にはJR九州コーチを務め、2年連続で都市対抗に出場。在任中には胃癌を患ったが克服し、その後は一切病院にかかっていない[1]。生誕の地でもある広島に戻り、2007年からはMSH医療専門学校硬式野球部監督を務めた[1]2013年には初出場したクラブ選手権でベスト4に入り、2014年にはJABA徳山大会で初優勝を飾る。また、同年のドラフトでは松浦耕大が広島の育成ドラフト1位指名を受けた。ポジションは現役時代の片岡と同じ捕手で、片岡がコーチとして長年在籍した広島に入団することとなった。2019年12月1日私立呉港高校監督に就任[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1971 西鉄
太平洋
29 71 66 4 17 3 0 3 29 9 0 0 1 0 4 0 0 16 3 .258 .300 .439 .739
1972 111 298 280 18 65 7 0 10 102 30 1 2 4 2 11 2 1 42 10 .232 .262 .364 .626
1973 62 145 135 9 22 3 0 1 28 4 1 1 3 0 7 1 0 13 4 .163 .204 .207 .412
1974 86 229 207 14 40 5 0 5 60 22 2 1 1 1 20 1 0 28 8 .193 .263 .290 .553
1975 24 35 34 3 12 0 1 0 14 5 0 0 0 1 0 0 0 6 1 .353 .343 .412 .755
1976 阪神 61 64 63 3 18 3 2 1 28 8 1 1 0 0 1 0 0 9 0 .286 .297 .444 .741
1977 70 208 185 23 50 4 0 10 84 27 0 1 3 0 17 3 3 34 4 .270 .341 .454 .796
1978 66 173 156 11 36 5 0 1 44 12 0 1 1 0 16 1 0 27 6 .231 .302 .282 .584
1979 38 83 78 3 18 1 2 1 26 4 0 0 1 0 4 1 0 10 5 .231 .268 .333 .602
1980 19 19 17 1 4 2 0 0 6 2 0 0 1 0 1 0 0 2 1 .235 .278 .353 .631
1981 阪急 49 102 96 7 29 7 0 0 36 8 0 1 2 0 4 0 0 11 4 .302 .330 .375 .705
1982 42 55 50 2 16 1 0 0 17 3 0 0 1 0 4 0 0 6 3 .320 .370 .340 .710
1983 52 76 71 11 17 1 0 4 30 5 1 1 1 0 3 0 1 10 1 .239 .280 .423 .703
1986 7 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .000 .500 .000 .500
通算:14年 716 1560 1439 109 344 42 5 36 504 139 6 9 19 4 93 9 5 215 50 .239 .287 .350 .637
  • 西鉄(西鉄ライオンズ)は、1973年に太平洋(太平洋クラブライオンズ)に球団名を変更

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率 失策
1971 29 33 25 8 .242 3
1972 110 129 88 41 .318 7
1973 62 51 31 20 .392 1
1974 82 84 62 22 .262 1
1975 19 15 8 7 .467 0
1976 37 7 4 3 .429 1
1977 66 58 44 14 .241 4
1978 58 36 18 18 .500 2
1979 37 21 20 1 .048 2
1980 18 5 4 1 .200 0
1981 49 26 13 13 .500 2
1982 42 17 11 6 .353 1
1983 51 27 18 9 .333 2
1986 7 6 6 0 .000 0
通算 667 515 352 163 .317 26

記録[編集]

背番号[編集]

  • 39 (1971年 - 1972年)
  • 12 (1973年 - 1974年)
  • 8 (1975年)
  • 13 (1976年 - 1980年)
  • 38 (1981年 - 1986年)
  • 81 (1987年 - 1988年)
  • 72 (1989年 - 1995年)
  • 83(1996年 - 2003年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]