1981年の広島東洋カープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1981年の広島東洋カープ
成績
セントラル・リーグ2位
67勝54敗9分 勝率.554[1]
本拠地
都市 広島県広島市
球場
広島市民球場
Hiroshima Municipal Baseball Stadium 2008.JPG
球団組織
オーナー 松田耕平
経営母体 松田家(東洋工業創業者一族)
監督 古葉竹識
« 1980
1982 »

1981年の広島東洋カープ(1981ねんのひろしまとうようカープ)では、1981年における広島東洋カープの動向をまとめる。

この年の広島東洋カープは、古葉竹識監督の7年目のシーズンである。

概要[編集]

3連覇のかかったシーズンだが、オフにトレードで抑えの江夏豊を放出した影響が心配された。開幕を前に2年連続盗塁王の高橋慶彦が怪我で離脱し、リードオフマン不在のチームはスタートダッシュに失敗。5月中旬頃に高橋慶が戦列に復帰し、チームの成績が上向いて来た頃には既に巨人が頭一つリードしていた。6月以降は、首位を快走する巨人とは対照的に、広島を始めとする他球団が5割ライン上で苦戦する状況が2か月ほど続いた。8月に入り衣笠祥雄が2番に固定するようになってから上昇傾向になり、9月にようやく2位に浮上したが時すでに遅く、3連覇はならなかった。打撃陣では本塁打と打点の二冠に輝いた山本浩二を始めジム・ライトル、衣笠が30本塁打を記録するなどチーム打率、本塁打はリーグ1位だったが、出遅れた高橋慶が14盗塁に終わるなどチーム盗塁数はリーグ最下位。投手陣では16勝の北別府学を始め2ケタ勝利が4人出た一方で江夏との交換で加入した高橋直樹がわずか2勝と期待を裏切り、江夏に代わり抑えに回った大野豊も11セーブにとどまった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 木下富雄
2 三村敏之
3 ライトル
4 山本浩二
5 衣笠祥雄
6 水谷実雄
7 ガードナー
8 水沼四郎
9 池谷公二郎
1981年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 中日 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 巨人 1.5 中日 6.0 ヤクルト 7.5 阪神 9.0 ヤクルト 9.0 広島 6.0
3位 広島 6.0 広島 6.5 阪神 8.5 ヤクルト 12.0 阪神 11.5 阪神 8.0
4位 ヤクルト 8.0 ヤクルト 9.0 広島 9.0 中日 12.5 広島 12.5 ヤクルト 13.5
5位 阪神 8.0 阪神 10.0 中日 10.0 広島 12.5 中日 13.5 中日 16.0
6位 大洋 9.5 大洋 13.5 大洋 大洋 17.0 大洋 22.5 大洋 31.5
1981年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 73 48 9 .603 -
2位 広島東洋カープ 67 54 9 .554 6.0
3位 阪神タイガース 67 58 5 .536 8.0
4位 ヤクルトスワローズ 56 58 16 .491 13.5
5位 中日ドラゴンズ 58 65 7 .472 16.0
6位 横浜大洋ホエールズ 42 80 8 .344 31.5

オールスターゲーム1981[編集]

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
監督 古葉竹識
投手 福士敬章 3
北別府学 3
内野手 衣笠祥雄 7
外野手 ライトル
  • この年の広島は監督推薦による選出のみであった。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
山本浩二 本塁打王 43本 2年連続3度目
打点王 103打点 3年連続3度目
ライトル 最多安打 157本 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
山本浩二 外野手 5年連続6度目
ライトル 初受賞
ダイヤモンドクラブ賞
選手名 ポジション 回数
山本浩二 外野手 10年連続10度目
ライトル 4年連続4度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 津田恒美 投手 協和醗酵 入団
2位 斉藤浩行 外野手 東京ガス 入団
3位 高木宣宏 投手 北陽高 入団
4位 木原彰彦 内野手 デュプロ 入団
5位 上本孝一 捕手 西舞鶴高 入団
6位 及川美喜男 外野手 東芝 入団

出典[編集]

[ヘルプ]