新美敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新美 敏
エスプライド鉄腕硬式野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県宇土市
生年月日 (1952-08-02) 1952年8月2日(66歳)
身長
体重
172 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1972年 ドラフト1位
初出場 1973年4月17日
最終出場 1987年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

新美 敏(にいみ さとし、1952年8月2日 - )は、熊本県宇土市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ

経歴[編集]

PL学園では、エース、五番打者として1970年の夏の甲子園に出場。田代克業(中大本田技研)との二本柱で勝ち進み、決勝に進出するが東海大相模に敗れ準優勝に終わる。同年秋の岩手国体では、決勝で大分商小川清一投手に投げ勝ち優勝。高校同期の新井宏昌、一学年下の行澤久隆がチームメートだった。卒業後は日本楽器に入社。1972年都市対抗でチームの優勝に貢献し橋戸賞を受賞。同年の第20回アマチュア野球世界選手権日本代表に選出される。

1973年日拓ホームフライヤーズにドラフト1位指名で入団。4月17日ロッテオリオンズ戦で初登板完封勝利を挙げた[1]。その後も勝利を重ね、この年は12勝を記録しパ・リーグ新人王を獲得。翌年も12勝を挙げ球宴初出場を果たす。

その後は勝ち星を減らし低迷、1977年鵜飼克雄皆川康夫内田順三と共に、佐伯和司宮本幸信久保俊巳との4対3の交換トレードで広島東洋カープへ移籍することとなる。広島でも先発で結果を残せず、登板機会が段々と減り引退間近と思われた。しかし1983年から中継ぎに活路を見出し、同年は29試合に登板、5年ぶりの勝星をあげる。翌年も16試合に出場して優勝に貢献し、日本シリーズにも登板。その後も中継ぎとして起用され、1987年引退した。

その後は広島の一軍投手コーチ(1988年)、二軍投手コーチ(1989年 - 1991年)、古巣・日本ハムで一軍投手コーチ(1992年 - 1994年)を務めた。日ハムコーチ時には広島でくすぶっていた金石昭人の獲得を当時監督だった土橋正幸に進言したこともある。津野浩とのトレードでファイターズに移籍した金石は、見事復活を遂げ主力投手として活躍、新美の投手を見る眼の確かさが証明されたのだった。週刊ベースボールのインタビューに応じた際には、自らの選手生活などについてふり返っている。

2010年から2013年にはクラブチームのWIEN'94で監督を務め、2015年からはエスプライド鉄腕硬式野球部の監督。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1973 日拓
日本ハム
54 27 6 2 1 12 13 3 -- .480 950 222.1 223 13 78 7 8 117 2 2 99 90 3.65 1.35
1974 41 30 10 3 0 12 14 1 2 .462 864 209.1 194 25 62 5 3 74 1 0 99 89 3.83 1.22
1975 37 18 2 1 0 4 9 1 1 .308 639 144.1 148 17 61 2 5 73 3 0 95 87 5.44 1.45
1976 30 3 0 0 0 2 7 2 2 .222 351 83.0 92 11 23 0 1 42 0 0 44 44 4.77 1.39
1977 広島 22 14 2 0 0 3 7 0 0 .300 355 78.0 94 15 35 1 4 41 0 0 57 53 6.12 1.65
1978 5 1 0 0 0 0 0 0 1 ---- 47 9.2 15 1 4 0 0 12 1 0 7 7 6.30 1.97
1979 3 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 16 3.2 4 0 1 0 0 1 0 0 1 0 0.00 1.36
1980 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 31 7.0 5 1 4 0 0 8 1 0 4 3 3.86 1.29
1982 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 1.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
1983 29 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 170 46.0 30 6 11 0 0 29 0 0 8 8 1.57 0.89
1984 16 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 88 21.1 19 1 8 3 1 9 0 0 6 5 2.11 1.27
1985 18 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 104 25.1 28 4 6 0 1 12 0 0 13 12 4.26 1.34
1986 12 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 66 15.0 19 0 2 1 1 10 1 0 7 6 3.60 1.40
1987 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2.0 1 0 1 0 0 1 0 0 1 1 4.50 1.00
通算:14年 275 93 20 6 1 35 52 7 6 .402 3693 868.0 873 94 296 19 24 429 9 2 441 405 4.20 1.35
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 日拓(日拓ホームフライヤーズ)は、1974年(昭和49年)に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初登板・初先発出場:1973年(昭和48年)4月17日、対ロッテオリオンズ前期1回戦(後楽園球場)、9番・投手で先発出場
  • 初勝利・初完投・初完封:同上(新人の初登板初完封はプロ野球史上10人目)
  • 初安打・初打点:同上、4回裏に野村収から単打
その他の記録

背番号[編集]

  • 16 (1973年 - 1976年)
  • 19 (1977年 - 1987年)
  • 82 (1988年 - 1991年)
  • 73 (1992年 - 1994年)

脚注[編集]

  1. ^ [1]

関連項目[編集]