大石清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大石 清
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県清水市
生年月日 (1940-04-03) 1940年4月3日(78歳)
身長
体重
176 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1959年
初出場 1959年4月25日
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

大石 清(おおいし きよし、1940年4月3日 - )は、静岡県清水市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ解説者評論家

経歴[編集]

清水商業高校卒業後、1959年広島カープへ入団。同期には後に阪急ブレーブスでもコーチとして同僚となる上田利治らがいた。選手の給料もままならない弱小・広島において、1年目から39試合に登板して9勝を挙げ主戦投手となる。2年目の1960年スライダーを覚えて[1]リーグ2位の26勝をあげ、衰えの見えた長谷川良平に替わりエースにのし上がる。1961年27勝、1962年20勝と3年連続20勝を打ち立て、さらに3年連続で200奪三振を記録する一方で、100を越える四死球を与え3年連続最多与四死球も記録している。なおこの間、1960年1962年オールスターゲームに出場。1963年に10勝を挙げたが22敗を記録してセ・リーグでは秋山登以来となる連続リーグ最多敗戦投手になる等やや落ち込むが、1964年は17勝、防御率2.92(10位)と復活し、3度目のオールスターに選ばれている。その後は右を痛めて勝ち星を伸ばせず[2]1965年以降はわずか4勝に終わる。

1966年オフに大洋ホエールズから大石獲得の申し出があり、広島側は交換相手として長田幸雄を要求するものの決裂。大石の低迷により投手補強を目論んでいた広島は阪急ブレーブス大石弥太郎に目を付け、"大石清⇔大石弥太郎" の「大石交換」が成立した。1967年頃の阪急投手陣には足立光宏米田哲也梶本隆夫ら10年選手が先発陣に腰をすえていたこともあり、大石はリリーフに転向して復活する。この年、42試合に救援登板し、5勝、防御率2.59を記録、移籍1年目ながらチーム創設32年目の初優勝に貢献した。その後、阪急は3年連続優勝を遂げ黄金時代を迎えるが、大石も毎年40試合以上に救援登板して、交代完了数も20試合前後に及び、1968年には4年ぶりに10勝を挙げている。0勝に終わった1970年限りで現役引退。

引退後、指導者としての素質が開花。阪急(1972年 - 1973年二軍投手コーチ, 1974年一軍投手コーチ)、近鉄1975年 - 1976年, 1999年一軍投手コーチ)、古巣・広島(1977年一軍投手コーチ, 1978年 - 1981年二軍投手コーチ)、日本ハム1985年 - 1987年, 1995年 - 1997年一軍投手コーチ)、阪神1988年 - 1989年, 1993年 - 1994年二軍投手コーチ、1990年 - 1992年一軍投手コーチ)と30年間で5球団を渡り歩く。広島コーチ時代には川口和久金石昭人を送り出し、阪神コーチ時代には湯舟敏郎中込伸猪俣隆葛西稔野田浩司仲田幸司田村勤弓長起浩を育て、球界屈指の投手王国を作り上げた。日本ハムコーチ時代には岩本勉[3][4]今関勝島崎毅関根裕之高橋憲幸を育てたが、武田一浩と対立して二軍へ追っ払ったあげく、武田の昇格要請をことごとく拒否したこともあった。近鉄時代にも佐野慈紀とソリが合わず二年契約だったものの一年で退団。退団会見の際に発した発言「自分が退団して一番喜んでるのは佐野だろう」について、佐野自身が後年語っている[5]。阪急・広島で2度優勝を経験する(広島コーチ時代の1979年1980年には日本一も経験)。リーグ優勝ではないものの、近鉄コーチ時代の1975年にはパ・リーグ後期優勝にも関わる。

コーチ業の間を縫う形でTBS中国放送解説者スポーツニッポン評論家1982年 - 1984年, 1998年)も務めた。

選手としての特徴[編集]

「剃刀」と喩えられたストレートとスライダーを武器に、「カープ史上最速のピッチャー」と称された。

人物[編集]

気が強く度胸が座っていたことで知られる。プロデビューとなった1959年の南海とのオープン戦、打者杉山光平の胸元近くへいきなり剛速球を投げ込み、のけぞらせる。怒った杉山はマウンドの大石を睨み付け、バットを投げつけた。ところが大石はそれを拾うと、南海ベンチに逆に投げ返したのである。この態度・度胸に南海の鶴岡一人監督は大いに感心したという。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1959 広島 39 21 4 0 0 9 10 -- -- .474 710 173.0 146 14 55 7 7 183 1 2 70 63 3.28 1.16
1960 60 39 16 3 2 26 13 -- -- .667 1380 341.0 265 18 107 19 11 215 2 1 108 97 2.56 1.09
1961 59 36 21 1 3 27 18 -- -- .600 1370 346.1 271 25 100 7 5 243 2 0 113 94 2.44 1.07
1962 58 37 21 3 2 20 18 -- -- .526 1343 331.1 265 30 100 7 13 209 3 0 104 99 2.68 1.10
1963 48 30 8 1 0 10 22 -- -- .313 944 218.1 221 35 75 10 7 115 1 1 114 101 4.15 1.36
1964 51 30 15 3 2 17 15 -- -- .531 1059 261.2 221 25 74 8 8 143 0 0 93 85 2.92 1.13
1965 21 14 1 1 0 2 8 -- -- .200 340 81.2 82 11 22 1 2 40 0 0 36 32 3.51 1.27
1966 34 13 2 1 1 2 7 -- -- .222 440 104.2 104 10 31 1 3 45 3 0 59 50 4.29 1.29
1967 阪急 47 5 0 0 0 5 8 -- -- .385 448 111.1 87 12 41 5 4 77 1 0 35 32 2.59 1.15
1968 48 1 0 0 0 10 3 -- -- .769 412 100.0 87 11 35 4 4 71 0 0 33 30 2.70 1.22
1969 43 0 0 0 0 6 4 -- -- .600 320 79.1 63 14 26 5 3 37 0 0 32 28 3.19 1.12
1970 8 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 48 8.2 18 1 4 0 0 3 0 0 8 8 8.00 2.54
通算:12年 516 226 88 13 10 134 126 -- -- .515 8814 2157.1 1830 206 670 74 67 1381 13 4 805 719 3.00 1.16
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 39 (1959年)
  • 22 (1960年 - 1966年)
  • 12 (1967年 - 1970年)
  • 73 (1972年 - 1974年)
  • 63 (1975年 - 1981年、1985年 - 1987年)
  • 88 (1988年 - 1994年)
  • 81 (1995年 - 1997年)
  • 71 (1999年)

関連情報[編集]

解説者時代に出演していた番組[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]