島崎毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「島﨑毅」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
島﨑 毅
北海道日本ハムファイターズ コーチ #83
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県成田市
生年月日 (1967-03-03) 1967年3月3日(50歳)
身長
体重
180 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 ドラフト4位
初出場 1992年4月23日
最終出場 1999年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

島﨑 毅(しまざき たけし、1967年3月3日 - )は、千葉県成田市出身の元プロ野球選手投手)。現在は北海道日本ハムファイターズファーム育成コーチ。

来歴・人物[編集]

東京学館高等学校在学中から、千葉県内の高校野球界で好投手として知られていたが、高校時代の夏の県大会は3回戦進出が最高成績(1984年)。高校卒業後は、東都大学野球連盟に所属する国士舘大学に進んだが、在学中(1985年 - 1988年)に1部昇格の夢はかなわなかった。

国士舘大学2部政経学部を卒業後、社会人野球NTT北海道に入部。1991年都市対抗野球大会に出場(初戦敗退)。同年秋のドラフト会議で、日本ハムファイターズに4位指名され入団。東京学館高校出身者初のプロ野球選手になった。

現役時代はスリークォーター・サイドスローからカーブパームボールシンカーなど緩い変化球を駆使し、専ら中継ぎとして活躍した。1996年には最多ホールドのタイトルを獲得するが、同年9月23日のオリックス・ブルーウェーブ戦(グリーンスタジアム神戸)で延長10回裏に、イチローにリーグ優勝を決めるサヨナラ適時打を打たれた。1999年に金銭トレードで中日ドラゴンズに移籍、2001年には広島東洋カープにテスト入団し、同年限りで引退。

2002年より日本ハムで投手コーチ(2002年 - 2003年は二軍、2004年 - 2005年は一軍、2006年 - 2009年は二軍、2010年は一軍、2011年 - 2012年は二軍、2013年は一軍ブルペン)を務めた後、チーム統轄本部プロスカウトに就任した。

2017年シーズンより2軍育成コーチに就任[1]

趣味は日曜大工で、普段から練習で折れたバットをはじめ木材を集めて木工品を作っている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1992 日本ハム 14 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 122 24.0 36 5 17 1 2 25 1 0 19 19 7.13 2.21
1993 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 1.1 2 0 1 0 0 2 1 0 1 1 6.75 2.25
1995 51 0 0 0 0 9 7 3 -- .563 392 94.1 77 2 35 4 5 83 0 0 23 21 2.00 1.19
1996 54 0 0 0 0 5 4 14 -- .555 385 97.1 85 4 19 5 1 58 0 0 30 25 2.31 1.07
1997 49 0 0 0 0 6 7 11 -- .462 355 81.1 83 8 32 3 4 53 4 0 39 36 3.98 1.41
1998 23 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 135 32.1 29 2 10 1 1 20 0 1 12 11 3.06 1.21
1999 中日 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 30 6.2 7 0 4 0 1 2 0 0 3 3 4.05 1.65
通算:7年 197 0 0 0 0 20 19 28 -- .513 42 337.1 319 21 118 14 14 243 6 1 127 116 3.09 1.30

タイトル[編集]

記録[編集]

投手記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 19 (1992年 - 1994年)
  • 48 (1995年 - 1998年)
  • 32 (1999年 - 2000年)
  • 47 (2001年)
  • 73 (2002年 - 2013年)
  • 83 (2017年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]