内藤幸三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
内藤 幸三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県宇治山田市(現:伊勢市
生年月日 1916年3月25日
没年月日 (2002-01-31) 2002年1月31日(85歳没)
身長
体重
173 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1951年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

内藤 幸三(ないとう こうぞう、1916年3月25日 - 2002年1月31日)は、三重県出身のプロ野球選手審判員。日本プロ野球最初の大型左腕投手である。

来歴・人物[編集]

宇治山田市立明倫小学校では沢村栄治と同級生。北海道立小樽商業学校、東京市立商業学校(転校)時代から投手であったが、硬球を握っておらず、卒業後は軟式社会人クラブ「東京リーガル倶楽部」でプレー。1934年1935年の全国社会人軟式野球大会連覇に貢献した。

その年日本国中にプロ野球球団設立の機運が高まると、名古屋新聞関係者と共に名古屋金鯱軍設立に奔走。その投手となり、ここで初めて硬球を握った。1936年秋シーズンに139奪三振をマークし、初代の奪三振王となる(当時はタイトルではない)。

兵役で二年間ブランクの後、1939年から本格的にエースとして活躍するが、1941年のシーズン直前にチームが翼軍と合併し大洋軍となってから人生が暗転。朝日軍に移籍して1944年の休止までプレー。戦後朝日軍(この時点でパシフィックと変更していた)の仲間と共に新球団ゴールドスター(1947年から金星スターズ)を立ち上げてエースとなるが、永田雅一率いる大映に買収されるや『ラッパ(永田のあだ名)』から逃走するかのごとく阪急ブレーブスへ。

1949年オフに広島カープが設立されると第一次選手として移籍。球団勝利第一号投手としてチームの歴史に名を残すが度重なる移籍から体がボロボロになっていて結局1951年限りで現役を引退した。

引退後の1954年セントラル・リーグの審判部に入局し審判に転向。審判部が東京・関西の二部制となると東京審判部に所属。1966年まで審判を務めた。2002年1月31日脳梗塞のため86歳で逝去。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1936春夏 金鯱 7 2 1 0 0 1 1 -- -- .500 141 29.2 28 2 22 -- 2 20 0 0 18 12 3.60 1.69
1936 24 10 7 0 0 6 8 -- -- .429 602 133.2 100 4 103 -- 8 139 7 0 88 54 3.63 1.52
1939 9 2 1 0 0 0 1 -- -- .000 152 32.1 23 3 30 -- 2 14 2 0 23 16 4.36 1.64
1940 41 30 7 0 0 4 10 -- -- .286 843 182.0 135 3 160 -- 6 96 1 1 95 75 3.71 1.62
1941 朝日 6 4 0 0 0 0 1 -- -- .000 64 10.2 18 1 15 -- 2 6 0 0 10 10 8.18 3.09
1942 24 19 12 2 0 5 10 -- -- .333 633 153.1 80 1 112 -- 3 86 1 0 36 26 1.52 1.25
1943 29 24 16 4 0 8 12 -- -- .400 824 199.2 135 0 105 -- 1 97 0 0 66 50 2.25 1.20
1944 29 24 21 4 0 11 11 -- -- .500 980 222.1 183 0 136 -- 1 109 2 0 78 52 2.10 1.43
1946 ゴールドスター
金星
57 48 38 4 1 19 25 -- -- .432 1776 416.0 380 12 162 -- 4 192 2 0 175 134 2.90 1.30
1947 38 28 16 6 1 12 14 -- -- .462 1077 254.2 224 6 101 -- 2 96 1 0 103 81 2.86 1.28
1948 21 19 14 2 2 7 11 -- -- .389 651 160.2 145 10 37 -- 1 30 0 0 62 48 2.68 1.13
1949 阪急 37 26 8 1 2 7 14 -- -- .333 807 189.1 220 23 35 -- 1 65 0 0 117 102 4.83 1.35
1950 広島 41 36 12 0 1 11 19 -- -- .367 997 216.1 276 23 79 -- 4 78 3 0 166 133 5.52 1.64
1951 5 5 1 0 0 1 4 -- -- .200 99 20.0 27 1 11 -- 1 3 1 1 17 14 6.30 1.90
通算:13年 368 277 154 23 7 92 141 -- -- .395 9646 2220.2 1974 89 1108 -- 38 1031 20 2 1054 807 3.27 1.39
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • ゴールドスターは、1947年に金星(金星スターズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

  • 最多奪三振:1回 (1936年秋) ※当時はタイトルではない

背番号[編集]

  • 14 (1936年)
  • 15 (1940年、1950年 - 1951年)
  • 19 (1941年 - 1943年)
  • 2 (1946年 - 1947年)
  • 17 (1948年)
  • 12 (1949年)
  • 1944年は背番号廃止

関連項目[編集]