仲田幸司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仲田 幸司
Michael Philip Peterson
京都ジャスティス コーチ #34
Koji Nakata De09 13.jpg
2009年の赤穂義士祭に参加中の仲田幸司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ネバダ州
生年月日 (1964-06-16) 1964年6月16日(57歳)
身長
体重
182 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト3位
初出場 1985年4月29日
最終出場 1997年7月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 京都ジャスティス

仲田 幸司(なかだ こうじ、1964年6月16日 - )は、アメリカ合衆国ネバダ州出身の元プロ野球選手投手)、指導者野球解説者タレント。イゼル株式会社所属。

マイク仲田名義でタレント活動を行うこともある。愛称はマイクジンタ

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

アメリカ合衆国ネバダ州で、アメリカ人の実父と日本人の実母の間に出生。1967年沖縄県へ移住すると、県内の興南高等学校へ進学した。

興南高校では、ストレートカーブを武器に活躍。甲子園球場の全国大会には、2年時(1982年)夏の第64回全国高等学校野球選手権大会から3季連続出場を果たした。同大会では三重県立明野高等学校との1回戦で8四死球、埼玉県立熊谷高等学校との2回戦で無四球完投を記録するなど調子が安定せず、広島県立広島商業高等学校との3回戦で敗退。3年時(1983年)夏の第65回全国高等学校野球選手権大会では、長野県長野商業高等学校との1回戦で17個もの三振を奪いながら、2回戦では3対4というスコアで広島商業に惜敗した[1]

その一方で、3年時の秋には、NPBドラフト会議を前に「読売ジャイアンツ(巨人)以外の球団から指名された場合には。入団を辞退したうえで大学へ進学する」という旨の通知書を巨人以外の全11球団に送付した。通知書は実父との連名で、内容証明まで付けていたという。当時のNPB(日本野球機構)ではドラフト会議での指名対象選手による逆指名制度を設けていなかったが、仲田以外の指名候補選手にも希望球団をあらかじめ明言する動きが相次いでいたため、コミッショナーの下田武三が「20歳以下の若者が『どこそこでなければ働かない』と発言するのは口はばったい。そのような『わがまま』(とも取れる発言)は、一般社会で通用しない」との苦言を呈する事態に至った。実際には、阪神タイガース南海ホークスが3巡目で仲田を強行指名。指名重複による抽選で阪神が独占交渉権を得た結果、阪神側からの粘り強い交渉によって入団した[2]。入団当初の背番号は48

阪神時代[編集]

入団2年目の1985年には、5月12日の対ヤクルトスワローズ戦へ先発すると、完封で一軍公式戦での初勝利をマーク。レギュラーシーズン全体では3勝4敗と負け越しながらも、チーム21年振りのセントラル・リーグ(セ・リーグ)優勝に貢献した。ただし、西武ライオンズとの日本シリーズには1試合も登板していない。

1986年以降は、一軍の先発ローテーションに定着。この年は7勝12敗ながら、防御率3.10を記録した。

1987年には、8勝11敗、防御率3.98と、前年ほどの成績を残せなかった。この年に一軍投手コーチへ就任した新山隆史からの指導が合わなかったとされている[3]が、6月11日の対ヤクルト戦(甲子園)では、公式戦唯一の本塁打を伊東昭光から放っている。

1988年から背番号を34へ変更。この年には、入団後初めて、レギュラーシーズンの開幕投手を務めた。4月8日に臨んだ広島東洋カープとの開幕戦では、北別府学を相手に投手戦を展開。打線の援護に恵まれなかったことが響いて、試合には0対3というスコアで敗れたものの、開幕投手に抜擢した村山実監督(当時)からは試合後に「監督賞」として現金5万円を特別に渡されたという[4]。もっとも、その後は制球難と精神面での弱さが相まって、奪三振数が多い割に白星を増やせなかった。

1989年には、前年に続いて開幕投手を任された後に、7月21日の対巨人戦(甲子園)で斎藤雅樹と投げ合った末に完封勝利をマーク。この試合まで公式戦11試合連続完投勝利を記録していた斎藤に、シーズン2個目の黒星を付けた。もっとも、この年から2年連続で4勝しか挙げられず、1990年はセ・リーグ最多の13敗を喫した。

1991年には、7月7日の対巨人戦(東京ドーム)で同点の3回表から登板すると、巨人の先発・桑田真澄との投手戦を展開。延長戦に入ってからも得点を許さず、12回表にマーベル・ウィンの本塁打などで2点を勝ち越すと、その裏も無失点で抑えた末にシーズン唯一の白星を挙げた。この年まではカーブ以外の変化球を投げられず、年に1回だけ好投するシーズンが続いたことから、「ネンイチ(年1回だけ)の男」とも呼ばれていた。

1992年には、春季キャンプでスライダーの投げ方を身に付けた。これを機に、長年の課題だった制球力が向上。レギュラーシーズンでは自身初の2桁勝利(14勝)を記録するほど好調で、前年最下位のチームを2位へ浮上させる原動力になったばかりか、リーグ最多奪三振のタイトルを獲得した。また、チームが前半戦から快進撃を続けていたことを追い風に、オールスターゲームのファン投票でセ・リーグ投手部門の1位を獲得。この結果を受けて、生涯唯一の出場を果たしている。

1993年には、3度目の開幕投手を任されながら、制球力が再び低下。4月23日の対巨人戦(甲子園)で長嶋一茂にセ・リーグ公式戦通算3万号本塁打を献上するなど振るわず、シーズン全体でも3勝12敗と低迷した[5]

1994年には、セ・リーグ新人王藪恵市(9勝)に次いで、チーム2位の7勝をマーク。そのうちの5勝を対中日ドラゴンズ戦で稼ぐなど、復活の兆しを見せた。

1995年には、一軍公式戦9試合の登板で0勝2敗に終わったものの、シーズン終了後にFA権を行使することを表明。後述する経緯から千葉ロッテマリーンズへ移籍した。

千葉ロッテ時代[編集]

阪神時代の後期に続いて、背番号34を着用。その一方で、移籍1年目の1996年には、学生時代からオーバースローだった投球フォームをサイドスローに変更した。しかし、一軍公式戦への登板数は前年と同じ9試合で、移籍後初勝利を挙げるまでには至らなかった。

1997年には、一軍公式戦10試合に登板しただけで、白星を挙げられないままシーズン終了後に球団から戦力外通告。阪神時代からのチームメイトだった遠山昭治(阪神時代は投手でロッテ移籍後に内野手へ転向)も戦力外通告を受けていたため、通告後には遠山と揃って古巣・阪神の入団テストに臨んだ。実際には2人とも入団の内定を得ていたが、阪神球団は投手を1人だけ採用することを想定。結局、投手としてテストを受けていた遠山の採用を決めたことから、仲田は採用を見送られた末に現役を引退した。

現役引退後[編集]

1998年から2006年まで、毎日放送野球解説者として活動。所属事務所はDプロモーション(後にイゼル株式会社)で、講演活動を展開したり、関西ローカルのテレビ番組やCMに出演したりもしていた。

大阪エキスポセブンティーズの設立が計画されていた2009年には、設立後に初代の監督へ就任することが発表されていた。しかし、同年10月に球団が活動を休止したことに伴って、監督への就任が白紙に戻された。翌2010年からは、山河企画(阪神OBで掛布雅之のマネジャーを一時務めていた西浦丈夫が経営する建設会社)へ勤務しながら、社会人野球チームの京都ジャスティスで投手コーチを務めている[6]。本人曰く、「山河企画へ入社したきっかけは、公私とも思うように行かなかった時期に、(阪神時代の主力選手だった)掛布に『人生は一度きりだから真面目に取り組め』と勧められたから」とのことで、入社後に測量士の資格を取得[7]。京都ジャスティスの練習が組まれていない平日には、工事現場の監督業務に就いている[4]

人物[編集]

阪神在籍時の投球フォームはノーワインドアップで右足を高く上げて右足に近付けた両手と頭をくっ付けて一種の貯めを作ってから投げる変則的なモーションであり、現在でいう二段モーションといえる投球フォームだった。

阪神時代に二塁への牽制悪送球でバックスクリーンにボールを投げ入れたことがある。

愛称の「マイク仲田」は彼のアメリカ名のマイケル・フィリップ・ピーターソンに由来する。また、阪神時代はチーム・メイトに中田良弘がいたため、仲田を「にんべんのなかだ」と呼ぶファンもおり、これが愛称のジンタに繋がっている(中田良弘はにんべんが無い為、「チュンタ」と呼ばれていた)。

英語は日本語と同様に彼にとっては母語であるので流暢に操れる。FA移籍が噂された際も「英語には不自由しないのでメジャーリーグも選択肢にはある。もっとも実力が必要だけど・・」とインタビューに答えている。

「仲田」は、母親の再婚相手の義父の姓である。1992年頃「プロ野球ニュース」(フジテレビ)のオフ企画で、義父が出演し、幼少期について回想していた。また、その中で仲田は、実父への思いは殆どなく、義父が自分にとっての父親である旨の発言をしていた。

ロッテへFA移籍する経緯として、オフに阪神から「君のFA権は紙切れ同然」と言われ、阪神の臨時コーチとして指導を受けた経験がある広岡達朗を慕い、広岡がGMを務めていたロッテへ移籍した[8]

ブレイクした1992年の翌シーズン(1993年)、他球団から打ち込まれた際のエピソードを亀山努によって、亀山自身がパーソナリティを務めるMBSのラジオ番組内で2010年5月に明かされている。

前年とはうって変わって再び制球に苦しみだした仲田にとって、狙ってストライクを獲れる球種がスライダーしかなかった。そこで、0ストライク2ボールのような どうしてもストライクを欲しい場面で決まってスライダーを投じていた仲田に対し、そんな仲田の制球難を重々承知してた他球団は、そういう時こそスライダーに狙いを絞って強打する作戦を立てていた。球種さえ判っていれば何とか出来るのがプロの打者であり、実際ヒットを許していた場面が多かった。しかし、奪三振のタイトルを手に出来た前年の象徴ともいうべきスライダーで容易く安打を許す現実を信じられなかったのか、安打された後には『マイクさんはよくマウンドで首をかしげていた(笑)』、という内容である。

仲田は1964年生まれであるが、1965年(昭和40年)生まれのプロ野球選手の集まり「プロ野球昭和40年会」に参加している。ちなみに高校卒業年度は40年会のメンバーと同じである。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1985 阪神 25 17 1 1 0 3 4 0 -- .429 384 86.1 84 18 51 1 1 71 7 0 52 42 4.38 1.56
1986 32 26 5 2 0 7 12 0 -- .368 627 148.0 118 18 64 4 5 124 3 0 62 51 3.10 1.23
1987 28 25 3 0 0 8 11 0 -- .421 656 155.2 128 23 74 2 4 150 11 0 76 68 3.93 1.30
1988 29 17 6 1 0 6 9 1 -- .400 557 130.0 106 20 71 3 2 103 5 0 58 56 3.88 1.36
1989 26 17 4 2 1 4 10 0 -- .286 479 112.0 102 15 45 7 0 104 6 1 68 58 4.66 1.31
1990 45 19 5 0 0 4 13 2 -- .235 660 152.2 138 12 76 2 4 153 8 1 88 72 4.24 1.40
1991 37 6 0 0 0 1 7 0 -- .125 429 97.1 89 10 48 3 2 81 4 1 57 46 4.25 1.41
1992 35 30 13 2 1 14 12 1 -- .538 899 217.1 194 16 67 2 3 194 10 0 69 61 2.53 1.20
1993 27 15 1 0 0 3 12 0 -- .200 407 85.1 98 15 59 5 3 61 3 0 68 62 6.54 1.84
1994 23 20 1 1 0 7 6 0 -- .538 483 108.1 110 13 62 6 1 78 4 0 58 50 4.15 1.59
1995 9 4 0 0 0 0 2 0 -- .000 82 16.0 22 2 14 0 0 11 2 0 20 17 9.56 2.25
1996 ロッテ 9 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 72 17.1 16 7 6 0 0 19 1 0 12 12 6.23 1.27
1997 10 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 48 8.2 17 1 5 0 0 9 1 0 14 7 7.27 2.54
通算:13年 335 198 39 9 2 57 99 4 -- .365 5783 1335.0 1222 170 642 35 25 1158 65 3 702 602 4.06 1.40
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 48 (1984年 - 1987年)
  • 34 (1988年 - 1997年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]