大石弥太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大石 弥太郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県佐伯市
生年月日 (1943-10-06) 1943年10月6日(77歳)
身長
体重
178 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1980年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

大石 弥太郎(おおいし やたろう、1943年10月6日 - )は、大分県佐伯市[1]出身の元プロ野球選手投手)・コーチ監督解説者

経歴[編集]

佐伯鶴城高では2年次の1960年、秋季九州大会県予選2回戦で中津東高を相手に完全試合を達成。決勝に進むが津久見高に完封負け。3年次の1961年の春季九州大会県予選でも決勝に進むが、エース・門岡信行を擁する高田高に完封負け。夏も県予選で敗れ甲子園には届かなかった。打者としても優れた才能を持ち、五番を打って投打の中心をなしていた。

門岡と共に九州高校球界の本格派としてプロからも注目され、東映フライヤーズが積極的に勧誘していたが、卒業後の1962年阪急ブレーブスへ入団。1年目から一軍に上がり、4月29日近鉄戦(日生)で初先発登板[2]5月5日西鉄戦(西宮)で若生忠男と投げ合い5回を無失点に抑えるなど好投を見せるが[3]、白星には恵まれなかった。1964年4月19日の近鉄戦(西宮)で三平晴樹をリリーフしてプロ初勝利を挙げ[4]1965年にはウエスタン・リーグで13勝を記録し投手部門のタイトルを総なめにするが、一軍では思うように成績は伸びなかった[1]1967年大石清との「大石交換」で広島カープへ移籍、これが大きな転機となる[1]長谷川良平監督に「そんな球投げていて、勝てないわけないだろう。ど真ん中狙って思い切り投げればいい」と言われ、大石は開眼[1]。「タコ踊り」と呼ばれた、大きな体を十分に使ったダイナミックなフォームから繰り出される直球で打者を抑え、先発・中継ぎとフル回転し、移籍1年目に初の2桁となる10勝を記録[1]1968年には自身初の開幕投手を務め、その後も1969年から1972年まで4年連続2桁勝利[1]を挙げた。2度目の開幕投手を務めた1971年にはシーズン最多無四球投球を記録し、オールスターにも4度出場(1967年, 1970年 - 1972年)。1975年白石静生と共に、児玉好弘宮本幸信渡辺弘基との交換トレードで、9年ぶりに古巣・阪急へ復帰。多彩な変化球で抑え役としての活躍を期待されたが、9試合登板で1敗1セーブと応えられずに終わる。1976年4月11日ロッテ戦(宮城)で村田兆治と投げ合い、2年ぶりの勝利(復帰後初勝利)を完封で飾った[5]。同年は2度の完封を含む4勝をマークし、その内の2勝を太平洋から挙げた[6] [7]1977年には戸田善紀森本潔小松健二と共に稲葉光雄島谷金二大隅正人との4対3の大型トレードで中日ドラゴンズへ移籍し、4月3日巨人戦(後楽園)で初登板。開幕カード2試合目の先発マウンドを任されたが、先発のクライド・ライト張本勲に1号本塁打を献上して敗戦[8]同7日阪神戦(ナゴヤ)ではハル・ブリーデンに2本の本塁打[9]同17日大洋戦(千葉天台)では田代富雄に2本の本塁打を献上して共に敗戦[10]。結局シーズン通して勝ち星を1個も挙げられず、防御率7.20と散々な成績に終わった。1978年はリリーフで2勝を挙げるが、1979年には南海ホークスへ移籍。チームの最下位脱出にリリーフで貢献し、防御率3.95と前年の5.35から大幅に改善。チーム防御率12球団最下位の投手陣において、佐々木宏一郎金城基泰に次ぐ好成績を挙げた。関西(阪急)→広島→関西(阪急)→名古屋→関西(南海)と渡り鳥の様な生活を送ったが、南海では2年連続未勝利に終わり、1980年に現役を引退[1]

引退後はスポルディング日本法人で勤務する傍ら、日本短波放送たんぱストレートナイター解説者を務めた。後にスポーツ玉澤へ転籍するが、1993年から台湾プロ野球統一ライオンズ投手コーチに就任。1994年からは監督に昇格し、王漢郭進興の活躍もあり、1995年に前後期優勝を果たす。同年11月アジア・パシフィックスーパーベースボールでは、台湾のプロ野球チームとして初の国際大会優勝を成し遂げる。1996年は後期優勝を果たし、台湾シリーズでは前期優勝の味全を倒す。大石自身も2年連続で最優秀監督(最佳総教練)に輝いた[11]。退団後の1998年より沖縄県名護市に移住し、沖縄フルーツランドの支配人を務める傍らで安仁屋ベースボールTRY名桜大学2010年 - 2014年)の投手コーチを歴任。2015年にはエナジックのヘッドコーチに就任し、2016年には監督を務めた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 阪急 15 4 0 0 0 0 0 -- -- ---- 138 35.0 30 2 3 1 0 12 0 0 13 11 2.83 0.94
1963 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 10 2.0 4 0 0 0 0 1 0 0 1 1 4.50 2.00
1964 25 1 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 186 43.2 48 5 6 0 1 18 0 0 28 22 4.50 1.24
1965 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 28 5.0 10 3 2 0 0 5 0 0 11 11 19.80 2.40
1966 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 15 2.2 6 2 1 0 0 2 0 0 4 4 12.00 2.63
1967 広島 52 15 5 1 2 10 14 -- -- .417 810 204.0 190 16 28 4 4 122 1 0 69 65 2.87 1.07
1968 20 11 3 1 1 6 5 -- -- .545 340 82.1 77 11 14 0 1 49 0 0 39 30 3.29 1.11
1969 39 7 3 2 1 11 8 -- -- .579 461 117.2 87 13 23 5 4 73 1 0 38 30 2.29 0.93
1970 47 25 10 5 4 13 9 -- -- .591 782 206.2 158 14 23 5 8 104 0 2 58 51 2.22 0.88
1971 46 26 11 3 6 13 10 -- -- .565 823 216.0 176 23 20 2 11 93 0 0 65 62 2.58 0.91
1972 38 19 8 0 1 11 15 -- -- .423 752 187.0 166 18 34 9 7 87 2 0 67 58 2.79 1.07
1973 35 7 0 0 0 5 8 -- -- .385 424 102.2 103 12 22 2 4 49 0 0 47 41 3.58 1.22
1974 27 9 2 1 0 3 5 0 -- .375 349 80.2 83 8 28 4 7 49 0 0 36 35 3.89 1.38
1975 阪急 9 1 0 0 0 0 1 1 -- .000 80 19.1 26 4 2 0 0 7 1 0 12 12 5.68 1.45
1976 13 8 4 2 0 4 3 0 -- .571 269 61.1 68 8 22 0 2 15 2 0 28 26 3.84 1.47
1977 中日 12 3 0 0 0 0 3 0 -- .000 124 24.2 37 7 11 2 1 13 1 0 25 20 7.20 1.95
1978 26 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 158 37.0 47 7 6 0 2 18 0 0 24 22 5.35 1.43
1979 南海 36 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 250 57.0 67 7 10 0 3 35 0 0 30 25 3.95 1.35
1980 15 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 114 24.0 34 7 9 1 0 6 0 0 17 13 4.88 1.79
通算:19年 462 136 46 15 15 79 81 1 -- .494 6113 1508.2 1417 167 264 35 55 758 8 2 612 539 3.21 1.11
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

CPBL
  • 最佳総教練(最優秀監督):2回 (1995年、1996年)

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 37 (1962年 - 1966年)
  • 19 (1967年 - 1978年)
  • 60 (1979年)
  • 53 (1980年)
  • 77 (1993年 - 1996年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、97ページ
  2. ^ 近鉄vs阪急 6回戦
  3. ^ 阪急vs近鉄 4回戦
  4. ^ 阪急vs近鉄 6回戦
  5. ^ ロッテvs阪急 前期3回戦
  6. ^ 太平洋vs阪急 前期11回戦
  7. ^ 阪急vs太平洋 前期13回戦
  8. ^ 巨人vs中日 2回戦
  9. ^ 中日vs阪神 2回戦
  10. ^ 大洋vs中日 3回戦
  11. ^ 1992年には森下正夫が、1993年1994年には山根俊英(共に兄弟)が受賞しており、実際には5年連続で日本人監督が受賞している。

関連項目[編集]