杉浦竜太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉浦 竜太郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県
生年月日 1923年10月10日
没年月日 (1994-01-26) 1994年1月26日(満70歳没)
身長
体重
171 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1951年
初出場 1951年4月7日
最終出場 1955年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

杉浦 竜太郎(すぎうら りゅうたろう、1923年10月10日 - 1994年1月26日)は、茨城県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

経歴[編集]

水戸工業から山藤クラブ、社会人野球熊谷組を経て、1951年広島カープへ入団した。小柄だがコーナーワークがよく、サイドスローから繰り出すカーブシュートを使ってのチェンジオブペースを武器に活躍した。

入団した51年に長谷川良平中耳炎を患っていたこともあり、新人でありながら異例の開幕投手を任された。 杉浦は強力阪神打線をわずか7安打1点に抑えて完投勝利を挙げた。喜びに浸るのも束の間、杉浦は翌日も先発する。その2試合後に救援で登板すると翌日は再び先発するなど、苦しい台所事情の中で大車輪の活躍を見せた[1]

最終的に1年目はチーム99試合中34試合に登板。14完投、6勝14敗で防御率3.84の成績を挙げた。

2年目は初の完封勝利を被安打1で飾るなど、1年目を上回る好調さで、安定した投球を披露した。最終的には42試合に登板、7完投で投球回数は200回を越え、9勝12敗、防御率2.94の好成績を挙げた。11勝を挙げた長谷川と共に、チーム37勝の過半数をふたりで稼ぎ、チームの解散を防ぐ立役者の一人となった[2]。また、白石勝巳のビッグプレーが語り草となっている、8月12日に北海道夕張市で行われた巨人戦[3]では、3回から救援で登板し、9回途中までを投げ勝利投手となっている。

しかし、翌年は2勝7敗と振るわず、その次の年は未勝利に終わった。1955年には大洋ホエールズへ移籍し、登録名を「杉浦正幸」に改めた。しかしここでも2試合に登板しただけで未勝利に終わった。太平洋戦争の影響もあってプロ入りが27歳と遅く、年齢的にもピークを過ぎていたため、結局この年限りで引退した。

引退後は故郷の茨城県に戻り、日立市市議会議員などとして広く活躍した。

サイドスローでコントロールの良い投手だったが、そのことが窺えるのが与死球の数である。1952年には208回を投げて4つ死球を与えたが、死球を与えたのはこの年のみで、それ以外のシーズンでは計340回余りを投げ、与死球は0となっている。

記録[編集]

  • 1951年に新人で開幕投手を務めて完投勝利を挙げたが、新人が開幕投手を務めた例は1950年の成田敬二(国鉄スワローズ)以来、リーグ史上2人目である[4]。また新人開幕投手での完投、新人開幕投手での勝利はいずれもリーグ初の出来事であった。
  • 広島の開幕投手としても初の勝利投手であり、広島で開幕戦に完投を記録した初の投手となった。
  • 1952年には高卒新人の大田垣喜夫が開幕投手を務めたが、2年連続で新人が開幕投手を務めたのはリーグ史上唯一の例である[5]
  • 広島で初登板初勝利を挙げた選手は歴代で8人(杉浦、大田垣、佐々岡真司山内泰幸黒田博樹小林幹英齊藤悠葵福井優也)いるが、杉浦はその初の例であった[6]
  • 1951年の14完投は新人としてはリーグ歴代7位タイ、広島では長谷川に次いで球団歴代2位である。
  • 1951年の防御率3.84は広島の新人としては池田英俊、山内、佐々岡、澤崎俊和、長谷川に次ぐ歴代6位である。
  • 1952年には1安打完封を記録した[7]が、これはリーグ史上11人目、球団史上初の出来事だった。
  • 1952年には防御率2.92でリーグ9位を記録したが、これは広島の投手として史上初の防御率10傑入りであった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1951 広島 34 26 14 0 1 6 14 -- -- .300 818 191.1 198 12 63 -- 0 31 0 0 104 82 3.84 1.36
1952 42 21 7 1 0 9 12 -- -- .429 871 208.0 212 7 49 -- 4 36 0 2 98 68 2.94 1.25
1953 29 15 1 0 1 2 7 -- -- .222 496 111.0 159 8 16 -- 0 26 0 0 65 54 4.38 1.58
1954 13 6 0 0 0 0 3 -- -- .000 187 40.0 57 2 8 -- 0 12 1 0 26 23 5.18 1.63
1955 大洋 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 19 4.0 6 3 1 0 0 3 0 0 6 6 13.5 1.75
通算:5年 120 68 22 1 2 17 36 -- -- .321 2391 554.1 632 32 137 0 4 108 1 2 299 233 3.78 1.39

背番号[編集]

  • 17 (1951年 - 1952年)
  • 38 (1953年)
  • 4 (1954年)
  • 43 (1955年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『広島東洋カープ 猛者列伝』(文工舎、1999年)では『杉浦、杉浦、雨、杉浦』と形容されている。
  2. ^ 当時、勝率3割を切ったチームは解散か合併となる連盟規定が存在していた。この年の広島は37勝80敗3分の勝率.316で、辛うじて勝率3割越えを達成した。
  3. ^ 広島の試合が初めてNHKラジオで全国放送された試合だった。
  4. ^ 2009年までに通算で8人が務めた。
  5. ^ 大田垣も杉浦と同様に完投勝利を記録した。
  6. ^ 杉浦、大田垣、小林は開幕戦での勝利。杉浦、大田垣、佐々岡、黒田は完投勝利。小林以外は全て先発での勝利。 また、太田垣、齊藤は高卒新人。
  7. ^ 1安打を放った選手は小鶴誠であり、後に広島に移籍している。

関連項目[編集]