渡辺弘基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡辺 弘基
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市小倉区
生年月日 (1947-10-26) 1947年10月26日(70歳)
身長
体重
176 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1971年 ドラフト1位
初出場 1972年
最終出場 1979年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

渡辺 弘基渡邊 弘基、わたなべ ひろき、1947年10月26日 - )は阪急ブレーブス広島東洋カープに所属したプロ野球選手投手)。福岡県出身。

来歴・人物[編集]

日立一高では、1965年にエースとして夏の甲子園東関東予選決勝に進出。銚子商木樽正明と投げ合うが0-9で大敗し、甲子園には出場できなかった。

亜細亜大学へ進学。東都大学リーグでは在学中に2度の優勝を経験。1年上に森永悦弘(日本楽器)、西尾敏征(電電中国)の両投手がおり、4年生時には山本和行が台頭したため、あまり登板機会には恵まれなかった。リーグ通算22試合に登板し3勝6敗。

1969年のドラフトで東映が3位指名するも拒否し、社会人の日産自動車に入社。1970年都市対抗本田技研の補強選手として出場する。準々決勝に進み住友金属と対戦。河本昭人をリリーフし山中正竹らと投げ合うが、延長11回裏にサヨナラ押し出し四球を与え惜敗した[1]

1971年、ドラフト1位で阪急に入団。監督の西本幸雄の期待が大きかったが、3年で3対2の交換トレード(大石弥太郎白石静生←→児玉好弘宮本幸信、渡辺弘基)で広島へ移籍。貴重な中継ぎ左腕として1975年には55試合に登板し広島初優勝に大きく貢献した[2]。特にオールスターゲーム明けの後半戦は28試合、50回1/3を投げ、防御率は0.55だった[2]古葉竹識監督は胴上げ後に「渡辺こそ、陰のMVPだ」と語った[2]。同年の日本シリーズでも3試合に登板。翌1976年も当時のセ・リーグ最多登板記録を更新する73試合に登板する等、タフな投手だった[2]。スリークォーターからの落差の大きいカーブが武器。その後は故障もあり成績は下降し、1979年現役引退[2]

1980年から1991年までは、広島ホームテレビ野球解説者として活動した。その一方で実業家・起業家としても名を馳せ、宝飾品関連会社を起業し、現在は広島市内でイベント企画の会社を経営している[2]。そのためか各地からの講演依頼も多い。

2006年10月6日 アマチュア指導者となるため27年ぶりに自由契約選手になった。2009年4月18日あっぱれ!熟年ファイターズ』にメインMCとして再び広島ホームテレビに出演。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1972 阪急 5 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 26 6.2 3 1 4 0 0 5 0 0 3 3 3.86 1.05
1974 35 2 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 225 54.0 42 2 28 1 2 29 3 0 20 16 2.67 1.30
1975 広島 55 0 0 0 0 3 3 1 -- .500 323 77.2 68 3 24 2 2 40 2 0 18 16 1.85 1.18
1976 73 2 0 0 0 2 3 5 -- .400 371 87.2 86 8 34 3 3 41 2 0 39 35 3.58 1.37
1977 39 0 0 0 0 0 2 1 -- .000 150 29.1 42 6 15 1 3 21 0 0 25 18 5.59 1.94
1978 33 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 157 35.1 32 6 17 0 1 20 1 0 23 22 5.66 1.39
1979 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 40 9.0 13 2 4 0 1 4 0 0 7 7 7.00 1.89
通算:7年 249 4 0 0 0 8 9 7 -- .471 1292 299.2 286 28 126 7 12 160 8 0 135 117 3.51 1.37
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

  • シーズン73試合登板:セ・リーグシーズン最多登板記録(当時)、1976年10月22日の対大洋戦ダブルヘッダー第2試合に73試合目の登板で達成[3]

背番号[編集]

  • 41 (1972年 - 1974年)
  • 24 (1975年 - 1979年)

出演番組[編集]

テレビ[編集]

過去

CM[編集]

  • 一般社団法人 人生安心サポートセンターきらり(2018年3月 - )

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ a b c d e f カープ50年 夢を追って、中国新聞社、1999年11月、P32
  3. ^ ベースボールマガジン社刊「広島東洋カープ60年史 HISTORY 1950-2009」53ページ

関連項目[編集]