戸田善紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戸田 善紀
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
生年月日 (1945-07-27) 1945年7月27日(72歳)
身長
体重
173 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1964年
初出場 1964年
最終出場 1981年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

戸田 善紀(とだ よしのり、1945年7月27日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

PL学園高校では2年の時、控え投手として1962年夏の甲子園に出場。2回戦では先発として起用されるが日大三高に敗れた。翌1963年春の選抜にエースとして出場し、1回戦の首里高戦で21奪三振を記録する[1]。これは現在も選抜大会歴代最多記録である。この大会では2回戦で北海高吉沢勝投手と投げ合い逆転負け。同年の夏は府予選準決勝で浪商のエース高田繁に投げ勝つが、決勝では和田徹のいた明星高に敗れる。明星高は甲子園で優勝。高校の同期生に四番打者、一塁手中塚政幸がいた。

1964年阪急ブレーブスへ入団。二軍暮らしが長かったが、6年目の1969年にプロ初勝利を挙げる[2]。その後も中継ぎで経験を積み、1973年から先発陣に加わる。1975年に初の二桁勝利を挙げ、チームもリーグ優勝。広島との日本シリーズでも最終第6戦で勝利投手となり、日本一に貢献した。翌1976年の5月11日の南海ホークス戦でノーヒットノーランを達成[3]。この年も12勝し、チームは日本シリーズ2連覇を果たす。

同年オフに大石弥太郎森本潔小松健二と共に稲葉光雄大隅正人島谷金二とのトレードで中日ドラゴンズへ移籍となった[4]。中日に移籍後も息長く先発投手として勝ち星を挙げるが、1980年の7勝が最高で、二桁勝利には届かなかった。1982年限りで現役を引退。

引退後は愛知県名古屋市で「焼肉ハウス戸田」を経営している。

エピソード[編集]

王貞治が現役引退を決意した瞬間について、「その年(1980年)の後楽園球場での中日との試合で、先発した戸田君の球がものすごく速く見えた。前の自分なら打てるはずの球が打てなくなったので、『ああ、俺ももう御仕舞いかなあ…』と思ったんだよ」[5]と語っている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1964 阪急 8 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 57 13.0 16 2 4 0 0 15 0 0 9 8 5.54 1.54
1965 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 7 1.0 3 1 1 0 0 1 0 0 4 4 36.00 4.00
1966 2 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 14 3.1 3 0 2 0 0 1 0 0 2 2 6.00 1.50
1968 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 17 4.0 2 0 3 0 0 1 0 0 1 1 2.25 1.25
1969 15 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 112 27.1 26 3 6 1 0 21 0 0 10 8 2.67 1.17
1970 17 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 140 33.2 33 6 8 0 1 32 0 0 20 19 5.03 1.22
1971 12 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 68 16.0 15 3 6 0 1 12 1 0 6 6 3.38 1.31
1972 34 6 3 0 1 8 4 -- -- .667 414 103.1 89 17 24 0 2 72 2 0 40 38 3.32 1.09
1973 39 18 1 0 0 8 9 -- -- .471 572 138.2 131 19 45 2 1 71 2 2 55 47 3.04 1.27
1974 41 5 1 0 0 6 6 8 -- .500 493 120.1 101 13 44 4 3 69 1 2 51 46 3.45 1.20
1975 26 14 8 3 0 11 5 0 -- .688 522 125.1 113 17 43 2 1 57 0 0 51 44 3.17 1.24
1976 28 23 7 3 0 12 5 1 -- .706 639 152.1 139 19 60 2 2 76 0 0 68 66 3.91 1.31
1977 中日 26 22 1 0 0 6 7 0 -- .462 527 118.1 125 21 55 3 4 77 0 0 64 61 4.65 1.52
1978 29 18 2 1 0 5 6 0 -- .455 502 113.2 115 17 52 1 2 56 0 1 61 50 3.91 1.47
1979 16 8 1 0 0 2 3 0 -- .400 213 53.0 49 6 14 0 0 24 0 0 21 19 3.23 1.19
1980 29 22 1 0 0 7 6 1 -- .538 563 137.1 131 15 36 0 1 76 0 0 58 52 3.42 1.22
1981 7 4 0 0 0 0 3 0 -- .000 75 15.1 26 3 9 0 0 4 1 0 17 14 8.40 2.28
通算:17年 332 145 25 7 1 67 57 10 -- .540 4935 1176.0 1117 162 412 15 18 665 7 5 538 485 3.71 1.30

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 11 (1964年 - 1976年)
  • 18 (1977年 - 1982年)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、1963年3月30日付朝刊 (13面)
  2. ^ 朝日新聞、1969年8月10日付朝刊 (12面)
  3. ^ 朝日新聞、1976年5月12日付朝刊 (17面)
  4. ^ 朝日新聞、1976年11月9日付朝刊 (17面)
  5. ^ 『昭和55年 写真生活』p28-29(2017年、ダイアプレス)

関連項目[編集]