戸田善紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戸田 善紀
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
生年月日 (1945-07-27) 1945年7月27日(77歳)
身長
体重
173 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1963年
初出場 1964年
最終出場 1981年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

戸田 善紀(とだ よしのり、1945年7月27日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

守口市立第三中学校時代から大阪府下の中学球界きっての好投手といわれ、高校進学の時にもかなり激しい争奪戦が演じられたほどで、その素質は当時から高く評価されていた。PL学園進学後も期待通りの成長ぶりで、2年次の1962年には控え投手として夏の甲子園に出場。2回戦では先発として起用されるが、日大三高に敗れた。2年生ながらエースをよく助け、PLの甲子園初出場の原動力となった。この時から阪急をはじめ大毎南海近鉄阪神から誘われていたが、本人が進学を希望していたため、プロ入りの話は一時中断していた。

1963年には春の選抜にエースとして出場し、首里高との1回戦で21奪三振を記録する[1]。これは現在も選抜大会歴代最多記録であり、ネット裏につめかけたスカウト陣の注目をあつめた。選抜終了後には富田林PL教団本部や南区日本橋の自宅へ近鉄、大毎、阪神、大洋巨人のスカウト連が連日足を運んだが、前年から既に戸田の素質を見込んで、阪急・藤井スカウトが下地を固めていた。この大会では2回戦で北海高吉沢勝と投げ合い逆転負けを喫した。同年の夏は府予選準決勝で浪商のエース高田繁に投げ勝つが、決勝では和田徹のいた明星高に敗れ、明星は本大会で優勝する。高校の同期生に4番・一塁手中塚政幸がいた。

明星に敗れてからいち早く交渉を再開した阪急・藤井スカウトが、連日熱心に自宅を訪問。藤井は両親を説得し、家族会議で阪急入りに踏み切る。高校3年間に22勝5敗の好成績を収め、大会終了後に阪急ブレーブスへ入団。当時阪神の大エースで戸田が憧れていた、村山実が付けていた「11」の背番号を球団が与える程の期待度であったが、高校で通用したストレートも入団後は打撃投手扱いであった[2]。最初の5年間は一軍には帯同したものの、1日200球以上打者に投げ、試合前には風呂に入って一軍の試合を観戦する毎日であった[2]。かつて巨人でテスト生から這い上がり、シーズン19連勝の偉業を達成した評論家松田清の「腐ったらいかんで」という言葉を胸に投げ続け、戦力外通告の噂もちらほらあった7年目の1969年にはスライダーを覚え、敗戦処理ながら登板機会が増えると[2]初勝利を挙げる[3]。その後も雌伏の時がまたあったが[2]中継ぎで経験を積む。

1972年には8月26日東映戦(西宮)で初完投勝利を挙げるなど8勝をマーク。

1973年は開幕から先発陣に加わる。

1975年には初の2桁勝利を挙げて3年ぶりのリーグ優勝に貢献。広島との日本シリーズでも最終第6戦で勝利投手となり、日本一に貢献。

1976年には5月11日の南海戦(大阪)でノーヒットノーランを達成[4]するなど、2年連続2桁でキャリアハイの12勝でリーグ連覇に貢献。ノーヒットノーラン達成時には打球が左翼へ上がった瞬間、捕手は既にマウンドに小躍りしながら走っていた[2]。三塁側ベンチからもチームメートがダッシュでマウンドに向かっていたが、昔話金太郎に風貌が似ていることから「キンタ」と呼ばれた主役の戸田だけは信じられないといった表情で左翼方向を眺めていた[2]。飛球が左翼手のグラブに収まると、小さくガッツポーズをした[2]。スタンドからグラウンドに向かって投げ込まれる無数の座布団の中で、戸田はもみくしゃにされながら祝福を受けた[2]。前年には南海戦は5勝1敗と相性は良かったが、カーブとスライダーが生命線で、この頃には真っ直ぐが130kmそこそこの戸田が大記録を達成するとは、上田利治監督でさえ想像だにしなかった[2]。戸田自身も「いつかは打たれるだろうと思って投げていたらこんなことに…」と驚きを隠せなかった試合は、7回に野村克也選手兼任監督が左翼へ放った大ファールは「完全にホームランだと思った」が、僅かにポールの外側に切れていた[2]。最後の打者でもあった野村は悔しさを滲ませて「球が遅すぎたから打てなかった。いつかはと思っていたらズルズル。全然いい投球とは思わない」と憎まれ口を叩き、移籍1年目の江夏豊も僅か5安打でスクイズによる1点しか与えなかったが、完全に引き立て役になってしまった[2]。同年の巨人との日本シリーズでは第5戦に中継ぎとして登板し、チームは2年連続日本一を果たす。同年オフに大石弥太郎森本潔小松健二と共に稲葉光雄大隅正人島谷金二とのトレードで中日ドラゴンズへ移籍[5]。この大型トレードは阪急入団組が飛躍的に大活躍したため中日入団組への風当たりもあったが、中では戸田は最も息長く先発として勝ち星を挙げる。

中日では1980年の7勝が最高で2桁勝利には届かなかった。同年に王貞治は、ある時の中日戦(後楽園)で先発した戸田の球が物凄く速く見えた。前の自分なら打てるはずの球が打てなくなった王は「ああ、俺ももう御仕舞いかなあ…」と思い、後に現役引退を決意した瞬間として語っている[6]

1982年には一軍での登板が無くなり、ロッテからの誘いも断って[2]、同年限りで現役を引退。

引退後は愛知県名古屋市名東区上菅で「焼肉ハウス戸田」を経営しており[7]愛知学院大学在学中のつぶやきシローがアルバイトをしていたこともあった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1964 阪急 8 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 57 13.0 16 2 4 0 0 15 0 0 9 8 5.54 1.54
1965 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 7 1.0 3 1 1 0 0 1 0 0 4 4 36.00 4.00
1966 2 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 14 3.1 3 0 2 0 0 1 0 0 2 2 6.00 1.50
1968 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 17 4.0 2 0 3 0 0 1 0 0 1 1 2.25 1.25
1969 15 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 112 27.1 26 3 6 1 0 21 0 0 10 8 2.67 1.17
1970 17 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 140 33.2 33 6 8 0 1 32 0 0 20 19 5.03 1.22
1971 12 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 68 16.0 15 3 6 0 1 12 1 0 6 6 3.38 1.31
1972 34 6 3 0 1 8 4 -- -- .667 414 103.1 89 17 24 0 2 72 2 0 40 38 3.32 1.09
1973 39 18 1 0 0 8 9 -- -- .471 572 138.2 131 19 45 2 1 71 2 2 55 47 3.04 1.27
1974 41 5 1 0 0 6 6 8 -- .500 493 120.1 101 13 44 4 3 69 1 2 51 46 3.45 1.20
1975 26 14 8 3 0 11 5 0 -- .688 522 125.1 113 17 43 2 1 57 0 0 51 44 3.17 1.24
1976 28 23 7 3 0 12 5 1 -- .706 639 152.1 139 19 60 2 2 76 0 0 68 66 3.91 1.31
1977 中日 26 22 1 0 0 6 7 0 -- .462 527 118.1 125 21 55 3 4 77 0 0 64 61 4.65 1.52
1978 29 18 2 1 0 5 6 0 -- .455 502 113.2 115 17 52 1 2 56 0 1 61 50 3.91 1.47
1979 16 8 1 0 0 2 3 0 -- .400 213 53.0 49 6 14 0 0 24 0 0 21 19 3.23 1.19
1980 29 22 1 0 0 7 6 1 -- .538 563 137.1 131 15 36 0 1 76 0 0 58 52 3.42 1.22
1981 7 4 0 0 0 0 3 0 -- .000 75 15.1 26 3 9 0 0 4 1 0 17 14 8.40 2.28
通算:17年 332 145 25 7 1 67 57 10 -- .540 4935 1176.0 1117 162 412 15 18 665 7 5 538 485 3.71 1.30

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 72 (1963年)
  • 11 (1964年 - 1976年)
  • 18 (1977年 - 1982年)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、1963年3月30日付朝刊 (13面)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 【5月11日】1976年(昭51) 打撃投手だった遅咲き右腕 戸田善紀 ノーヒットノーラン
  3. ^ 朝日新聞、1969年8月10日付朝刊 (12面)
  4. ^ 朝日新聞、1976年5月12日付朝刊 (17面)
  5. ^ 朝日新聞、1976年11月9日付朝刊 (17面)
  6. ^ 『昭和55年 写真生活』p28-29(2017年、ダイアプレス)
  7. ^ 焼肉戸田 - 上社/焼肉 食べログ

関連項目[編集]