門岡信行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
門岡 信行
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県
生年月日 (1943-09-03) 1943年9月3日
没年月日 不明
身長
体重
180 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

門岡 信行(かどおか のぶゆき、1943年9月3日 - 没年不明[1])は、大分県[1]出身のプロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

大分高田高校では2年生でエースとなり、1960年夏の甲子園中九州予選決勝に進出するが、熊本商に敗退。翌1961年夏には中九州大会決勝で熊本工を降し、夏の甲子園に初出場[1]。結果は1回戦で高橋善正を擁する高知商業に5-0で敗れる[1]。敗戦後に帰路で乗っていたフェリーの中で門岡は中日ドラゴンズへの入団表明をした。しかし、プロスカウトとの接触・交渉は退部届提出後と規則で決まっており、これを破ったとして高野連佐伯達夫会長は高田高校に対して1年間の対外試合禁止処分を命じた。

中日へ入団した門岡は1年目に53試合に登板し、スライダーフォークを武器に10勝10敗と2桁勝利を記録した[1]。10勝は高卒新人としてはセ・リーグ歴代4位となる。2年目に右肩を負傷し、その後は主に中継ぎで起用されていたが、1967年に先発に復帰し、9勝9敗と1年目に次ぐ成績をマークしている[1]。翌年からは先発として結果を残せず、登板機会も減り、1970年限りで引退した。

兄の門岡良典1961年から2年間大毎オリオンズに在籍し、わずか1試合の出場に終わっているが、これは翌年卒業する弟の信行を獲得するためだったと言われている[2]

1969年には偵察要員として1試合だけ一塁手として先発出場した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 中日 53 23 5 3 2 10 10 -- -- .500 802 203.1 170 12 33 2 2 80 0 1 76 68 3.00 1.00
1963 12 4 0 0 0 0 4 -- -- .000 124 28.1 26 4 10 1 2 21 1 0 19 18 5.59 1.27
1964 27 10 0 0 0 3 6 -- -- .333 310 75.2 85 10 10 1 0 33 2 0 40 32 3.79 1.26
1965 25 1 0 0 0 2 1 -- -- .667 177 44.2 39 2 12 0 0 18 1 0 8 7 1.40 1.14
1966 14 4 0 0 0 1 2 -- -- .333 131 30.1 31 2 9 2 0 18 1 1 20 12 3.60 1.32
1967 30 25 7 1 3 9 9 -- -- .500 605 149.2 142 27 17 2 4 74 1 1 63 60 3.60 1.06
1968 24 10 1 0 1 3 6 -- -- .333 320 78.2 76 16 15 2 2 51 0 0 39 37 4.22 1.16
1969 27 8 0 0 0 2 3 -- -- .400 309 78.2 61 13 18 2 2 65 1 0 31 26 2.96 1.00
1970 14 4 0 0 0 0 1 -- -- .000 99 23.0 28 4 8 0 0 12 1 0 15 14 5.48 1.57
通算:9年 226 89 13 4 6 30 42 -- -- .417 2877 712.1 658 90 132 12 12 372 8 3 311 274 3.46 1.11
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 24 (1962年 - 1970年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、152ページ
  2. ^ 【4月17日】1958年(昭33) トンネル 暴走…最初で最後の1軍出場で大失態 スポーツニッポン 2011年4月17日

関連項目[編集]