島谷金二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島谷 金二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県高松市
生年月日 (1945-01-23) 1945年1月23日(72歳)
身長
体重
183 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1968年 ドラフト9位
初出場 1969年4月12日
最終出場 1982年9月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 阪急ブレーブス (1983 - 1986)
  • 中日ドラゴンズ (1987 - 1989, 1993 - 1994, 1996 - 1997)

島谷 金二(しまたに きんじ、1945年1月23日 - )は、香川県高松市出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

高松商業高校では、三番打者、遊撃手として1962年全国高等学校野球選手権大会北四国予選決勝に進出。しかし西条高の石川洵投手(立大鐘紡)、村上公康捕手のバッテリーに抑えられ敗退、甲子園出場を逸する。卒業後は四国電力に進み、都市対抗野球大会に4年連続出場。四国電力在籍中に、サンケイスワローズ東映フライヤーズ東京オリオンズと3度ドラフト指名されながら入団拒否。4度目の指名となった1969年ドラフト9位で中日ドラゴンズへ入団。ドラフト4回指名された選手は藤沢公也の5回指名に次ぐ日本プロ野球歴代2位記録。

四国電力時代は二塁手だったが、高校の先輩である監督の水原茂に見出され、三塁手転向。1年目の1969年からレギュラーに抜擢され、125試合に出場。守備は優れていたが、三振が非常に多くとも度重なる起用に応え、打撃も向上し、1973年には21本塁打を記録。1974年には、中日の20年ぶり2度目となるセントラル・リーグ優勝に貢献。優勝を決めるウイニングボール(山下大輔のサードライナー)を捕球したのが島谷であった。ロッテ・オリオンズとの日本シリーズでは、三塁手、二塁手として全6試合に先発出場するが、17打数3安打2打点と大きな活躍はできなかった。

1975年には130試合フル出場、ダイヤモンドグラブ賞獲得。しかし、1976年オフ、阪急ブレーブス戸田善紀森本潔大石弥太郎小松健二との3対4の大型トレードにより、稲葉光雄大隅正人と共に阪急へ移籍。

4番を任され、1977年は打率.325でリーグ2位、1978年1979年はベストナイン、ダイヤモンドグラブ賞を受賞。1979年には.312、102打点を記録。ここでも1977年、1978年のリーグ優勝に貢献。しかし、松永浩美にサードのレギュラーを奪われるようになり、1982年オフ、チームの若返り方針により、引退勧告を受け現役引退。

引退後は1983年から1986年まで阪急の二軍野手総合コーチを務め[1]福良淳一は阪急入団1年目の秋季キャンプで、当時コーチだった島谷から指導を受けて打撃が向上、プロでやっていける自信がついたという[2]。その後、1987年に中日へ復帰。1989年まで一軍打撃コーチを務め、1988年のリーグ優勝に貢献。・1990年から1992年までスカウト1993年から1994年まで二軍監督、1995年調査役、1996年から1997年まで二軍打撃コーチ、その後は編成部スカウト部長、四国地区担当スカウトを経て、情報提供業務担当を務める。2016年2月からは明徳義塾高校野球部にてコーチを務めている[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 中日 125 473 428 38 90 13 2 8 131 25 4 4 4 1 35 0 5 107 11 .210 .278 .306 .584
1970 128 415 365 39 79 13 1 6 112 24 3 3 8 1 35 2 6 73 6 .216 .295 .307 .602
1971 129 487 436 45 112 20 2 17 187 50 7 8 9 2 34 3 6 73 13 .257 .318 .429 .747
1972 126 463 404 51 99 20 1 13 160 45 8 11 9 0 45 3 5 69 12 .245 .328 .396 .724
1973 119 432 374 41 99 16 1 21 180 58 8 4 10 4 41 4 3 54 14 .265 .339 .481 .820
1974 102 381 336 53 87 13 2 11 137 41 7 5 9 2 33 2 1 54 12 .259 .325 .408 .733
1975 130 498 432 60 121 27 2 20 212 76 9 8 8 3 47 3 8 73 11 .280 .359 .491 .850
1976 129 507 443 66 123 21 2 21 211 54 6 4 9 1 50 3 4 68 17 .278 .355 .476 .831
1977 阪急 130 521 477 62 155 25 1 22 248 74 3 4 0 4 35 0 5 45 14 .325 .374 .520 .894
1978 123 490 436 66 130 16 1 22 214 76 5 2 2 5 37 2 10 44 17 .298 .363 .491 .854
1979 127 553 490 81 153 31 3 27 271 102 4 2 3 8 46 3 6 48 10 .312 .373 .553 .926
1980 112 462 395 62 105 16 2 16 173 66 5 3 2 9 52 0 4 46 12 .266 .350 .438 .788
1981 114 429 383 57 108 14 1 23 193 64 3 2 6 2 37 3 1 49 11 .282 .345 .504 .849
1982 88 259 231 18 53 6 0 2 65 26 0 3 6 3 18 0 1 29 3 .229 .285 .281 .566
通算:14年 1682 6370 5630 739 1514 251 21 229 2494 781 72 63 85 45 545 28 65 832 163 .269 .338 .443 .781
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録

背番号[編集]

  • 30 (1969年 - 1970年)
  • 8 (1971年 - 1982年)
  • 68 (1983年 - 1986年)
  • 67 (1987年 - 1989年)
  • 91 (1993年 - 1994年)
  • 84 (1996年 - 1997年)

脚注[編集]

  1. ^ 『阪急ブレーブス黄金の歴史 [永久保存版] よみがえる勇者の記憶 1936-1988』ベースボール・マガジン社、2011年、P129
  2. ^ 元阪急の島谷氏が古巣オリ視察、打撃陣「振り鈍い」
  3. ^ “【野球】明徳義塾の4強進出支えた、元プロの打撃コーチ”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2016年8月23日). http://www.daily.co.jp/opinion-d/2016/08/23/0009416190.shtml 2016年10月8日閲覧。 

関連項目[編集]