小松健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小松 健二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県高知市
生年月日 (1947-05-24) 1947年5月24日(71歳)
身長
体重
178 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1970年 ドラフト1位
初出場 1971年
最終出場 1979年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小松 健二(こまつ けんじ、1947年5月24日 - )は、高知県高知市出身の元プロ野球選手外野手)。プロ入り前の名前は、「小松 建二(読みは上記と同じ)」。

来歴・人物[編集]

高知高校では1964年、2年生の時にチームが夏の甲子園に出場。決勝で早鞆を下し初優勝を果たすが[1]、控え外野手の小松は出場できなかった。高校同期に光内数喜(芝工大鐘淵化学)、1期上に有藤通世がいる。翌1965年はエース光内を擁し、一塁手、五番打者として夏の南四国大会決勝まで進む。しかし利光高明(日本生命)、鵜飼克雄のいた徳島商に完封を喫し甲子園出場はならなかった。卒業後は有藤の後を追うように近畿大学に進学。関西六大学リーグでは在学中2度の優勝を経験。

大学卒業後は大昭和製紙に入社。1970年にはエース安田猛を擁し第41回都市対抗野球大会に出場。順調に勝ち進み、準決勝では山中正竹から先制本塁打、さらに満塁本塁打も放ち住友金属を降す。引き分け再試合となった三菱重工神戸との決勝でも、ダメ押しの本塁打を放ち優勝に大きく貢献[2]。安田以外のチームメートに小田義人加藤初らがいた。同年の社会人ベストナイン外野手部門で選出される。

1970年ドラフト1位指名で阪急ブレーブスに入団。強肩強打を誇る即戦力外野手として期待され、1971年10月には初の先発出場を果たす。1971年、1972年にはジュニアオールスターにも選出される。しかし三振の多い粗い打撃が祟って一軍ではあまり活躍できず、主に右の代打や守備固めとして起用された。

その後、1976年オフに戸田善紀大石弥太郎森本潔と共に、稲葉光雄島谷金二大隅正人との交換トレードで中日ドラゴンズに移籍。1978年には53試合に出場し、自己最多の68打席を記録。同年9月には左翼手として5試合に先発するが、その後は出場機会が減り1980年限りで現役引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1971 阪急 25 18 16 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 0 0 3 0 .063 .167 .063 .229
1972 32 25 22 2 6 1 0 0 7 1 3 0 0 0 3 0 0 3 2 .273 .360 .318 .678
1973 41 20 20 2 4 1 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .200 .200 .250 .450
1974 71 47 43 5 7 0 0 2 13 3 0 1 1 0 3 0 0 6 2 .163 .217 .302 .520
1975 7 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .200 .200 .200 .400
1976 10 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1978 中日 53 68 58 5 12 4 0 2 22 3 0 0 0 0 9 0 1 21 2 .207 .324 .379 .703
1979 7 8 7 1 1 0 0 1 4 2 0 0 0 1 0 0 0 1 1 .143 .125 .571 .696
通算:8年 246 195 175 16 32 6 0 5 53 10 3 1 1 1 17 0 1 41 7 .183 .258 .303 .561

背番号[編集]

  • 8 (1971年 - 1976年)
  • 36 (1977年 - 1980年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]