大橋穣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大橋 穣
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都新宿区
生年月日 (1946-05-29) 1946年5月29日(71歳)
身長
体重
176 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1968年 ドラフト1位
初出場 1969年4月12日
最終出場 1982年10月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

大橋 穣(おおはし ゆたか、1946年5月29日 - )は、東京都新宿区出身(富山県氷見市生まれ)[1]の元プロ野球選手内野手)・コーチ監督

台湾における表記は大橋 穰

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

中学時代に野球を始めると同時に遊撃手となり、以後ずっと遊撃でプレーする[1]日大三高では1962年、1年生の時に、控え内野手として夏の甲子園に出場。準々決勝で村上公康のいた西条高に敗れる[2]1963年には同期のエース若宮秀雄(日大電電関東)を擁し秋季東京大会に優勝、1964年春の選抜への出場を決める。選抜では2回戦(初戦)で浪商に敗退している[3]。1年下のチームメートに捕手石塚雅二、控え投手の佐藤道郎がいた。卒業後は亜細亜大学に進学。東都大学リーグでは、東山親雄内田俊雄らとともに中心打者として活躍。同期のエース森永悦弘(日本楽器)を擁し、1966年秋季リーグで初優勝に貢献、最高殊勲選手となる。1967年秋季リーグでは、同じく同期の西尾敏征(電電中国)の好投もあって2回目の優勝を飾る。リーグ通算83試合出場、274打数69安打、打率.252、20本塁打、47打点。ベストナイン4回。通算20本塁打は当時の東都大学リーグ新記録[1]

現役時代[編集]

1968年のドラフト1位で東映フライヤーズに入団[1]。期待されていた長打力はプロでは通用せず、鳴りを潜め打率も低かったが、日本人離れした強肩と守備力が認められ、東映首脳陣は正遊撃手だった大下剛史二塁手コンバート、1年目から移籍するまでの3年間、大橋は遊撃手のレギュラーに定着する[4]。大下との二遊間コンビは後のボビー・マルカーノとのコンビに匹敵する完成度だった。大下がゴロを逆シングルで捕り、そのまま大橋にグラブトス、そして大橋が一塁に送球しアウトにする、「スイッチトス」と呼ばれるプレーを日本で初めて見せたのは、東映時代の大下 - 大橋だと言われている[5]1972年西本幸雄監督の目に留まり、阪本敏三との珍しいレギュラー遊撃手同士を含む交換トレードで、種茂雅之と共に阪急ブレーブスへ移籍。同年は初めて規定打席(30位、打率.216)に達し、翌1973年には自己最多の17本塁打を放ち長距離打者の片鱗を見せたが、相変わらず打率の低迷に悩む。しかし二塁手・マルカーノとの鉄壁の守備で、阪急黄金時代の不動の遊撃手として活躍、1975年からの4年連続リーグ優勝を成し遂げる。1975年の日本シリーズでは19打数7安打4打点を記録、打撃賞を獲得した。第3戦では9回表に試合を決める勝ち越し本塁打を放っている。同年から1977年までの3年連続日本一に貢献、1978年日本シリーズまで全試合に先発出場している。1972年から5年連続ベストナイン、7年連続ダイヤモンドグラブ賞に輝き、球界を代表する遊撃手となった。1980年まで定位置を守るが、翌年には新入団の弓岡敬二郎にポジションを譲る。1982年オフ、監督の上田利治の若手重視のチーム構想から外され、現役を引退[1]

引退後[編集]

引退後、阪急・オリックス(1983年 - 1985年二軍内野守備・走塁コーチ, 1986年 - 1990年一軍守備・走塁コーチ)、中日1991年一軍内野守備・走塁コーチ, 1992年一軍守備・走塁コーチ, 2001年二軍ヘッドコーチ, 2002年 - 2003年二軍監督)、ヤクルト1993年 - 1994年1999年 - 2000年一軍守備・走塁コーチ, 1995年二軍総合コーチ, 1996年 - 1997年二軍総合兼守備・走塁コーチ, 1998年二軍作戦守備コーチ)、統一2005年 - 2007年監督)SK2008年二軍守備コーチ)で監督・コーチを歴任[1]2009年2010年にはキャンプから5月までSKの臨時コーチを務めた。2015年にはハンファ・イーグルスの春季キャンプで内野守備の臨時インストラクターを務めた。

ゴールデングラブ賞(当時はダイヤモンドグラブ賞)は創設時から7年連続受賞。遊撃手での7年連続受賞はパ・リーグでは大橋のみで、セ・リーグでも山下大輔(8年連続)しか達成していない。規定打席到達は1度にも関わらず受賞しており、その評価の高さが伺える。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 東映 122 390 351 33 76 9 1 8 111 31 7 1 6 2 24 0 7 97 8 .217 .279 .316 .595
1970 112 321 279 26 51 5 1 7 79 20 6 8 11 1 22 1 8 93 3 .183 .261 .283 .544
1971 112 371 324 39 69 8 1 7 100 12 9 2 9 1 32 0 5 82 5 .213 .293 .309 .601
1972 阪急 112 405 352 40 76 10 2 15 135 42 6 5 9 2 37 1 5 77 8 .216 .298 .384 .682
1973 117 393 350 45 75 17 1 17 145 47 6 3 9 1 30 1 3 78 11 .214 .281 .414 .696
1974 110 341 301 43 63 9 2 10 106 28 3 3 8 2 23 0 7 74 5 .209 .279 .352 .631
1975 121 389 345 43 79 5 0 7 105 24 8 9 10 1 30 0 3 71 9 .229 .296 .304 .600
1976 116 306 267 30 51 7 0 2 64 15 6 6 17 1 17 0 4 61 7 .191 .249 .240 .489
1977 119 339 289 29 62 4 0 4 78 22 3 7 23 1 26 0 0 60 5 .215 .278 .270 .548
1978 106 254 220 31 48 10 0 6 76 23 12 3 15 1 14 2 4 44 2 .218 .276 .345 .622
1979 88 235 207 27 43 8 0 4 63 22 14 1 6 3 16 0 3 44 6 .208 .271 .304 .575
1980 85 213 187 30 41 9 0 9 77 22 6 1 6 2 16 0 2 46 5 .219 .285 .412 .697
1981 10 9 9 1 2 0 0 0 2 2 1 0 0 0 0 0 0 4 0 .222 .222 .222 .444
1982 42 38 31 4 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 6 0 1 8 0 .097 .263 .097 .360
通算:14年 1372 4004 3512 421 739 101 8 96 1144 311 87 49 129 18 293 5 52 839 74 .210 .280 .326 .605
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 3 (1969年 - 1971年)
  • 6 (1972年 - 1982年)
  • 66 (1983年 - 1990年)
  • 79 (1991年 - 2003年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、111ページ
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  4. ^ 東映時代には三塁手を二試合務めている。
  5. ^ 『週刊プロ野球データファイル』2011年25号、ベースボール・マガジン社、P25-P26

関連項目[編集]

外部リンク[編集]