野田浩司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野田 浩司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県球磨郡多良木町
生年月日 (1968-02-09) 1968年2月9日(50歳)
身長
体重
186 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト1位
初出場 1988年4月10日
最終出場 1999年10月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • オリックス・ブルーウェーブ (2004)
  • ニチダイ

野田 浩司(のだ こうじ、1968年2月9日 - )は、熊本県球磨郡多良木町出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

多良木高校から社会人野球九州産交に進むも、入社2年目に同社野球部が廃部になったための特例措置としてドラフト指名対象となり(通常は、高卒での入社は3年目からドラフト対象)、1987年プロ野球ドラフト会議阪神タイガースから1位指名を受け入団。契約金は5000万円。大阪市営地下鉄の駅名に「野田阪神駅」が偶然にもあったことから、話題を呼び人気に繋がった。デイリースポーツが野田が勝利投手になった試合を報じた際「野田阪神、快速止まらない」と駄洒落の見出しが使われたこともあった。

サイドスローに近いスリークォーターから繰り出す150km/h近いストレートと「お化け」と称された視界から消えるように鋭いフォークボールを武器に、1年目の1988年から規定投球回に到達するなど先発・リリーフどちらもこなし、入団3年目の1990年に11勝を挙げ、翌1991年開幕投手に指名される。1992年はリーグ2位に貢献。阪神時代には、地元熊本にちなんで「火の国伝説」との愛称で親しまれていた。

1992年オフ、優勝を逃したのは長打力のある打者が不足していたためという補強により、松永浩美との大型トレードでオリックス・ブルーウェーブへ移籍する。当時、ヤクルトスワローズ監督の野村克也は、トレードで去る時に「フォークのお化けが消えた」と喜んでいた。 移籍の際に同僚の和田豊が餞別代わりに野田自身のフォームのクセを指摘、それが移籍後の飛躍へと繋がる。

移籍1年目の1993年に17勝を挙げ、最多勝を獲得。また4試合連続2桁奪三振も記録した。 オリックス移籍後、3年連続2桁勝利と200奪三振を記録する。同時期に野茂英雄伊良部秀輝が居たため最多奪三振のタイトルは獲得出来なかったが、1994年8月12日の対近鉄戦にて、プロ野球タイ記録となる1試合17奪三振を記録。更に1995年4月21日の対ロッテ戦では、1試合19奪三振の日本新記録を達成。もっとも、7回終了時に17奪三振に到達して当時の日本記録に並んでいたが、8回・9回とペースが落ちて1奪三振ずつに終わり、9回には同点に追いつかれて勝利投手にはなれなかった[1]。同年からはオリックスのV2にも貢献。しかし、その後はフォークを武器にする投手には宿命とも言える右肘の故障で、1998年以降は勝利なしに終わり、同年オフには右肘を手術するも状態は上がらず2000年に1軍未登板に終わりオフに戦力外通告を受け、現役引退。

引退後、野球解説者・コーチ、実業家として活動。

解説者としては、テレビ大阪(2006年 - 2007年)、ラジオ関西J SPORTS各局で放送されるオリックスの主催ゲーム中継に出演するほか、ラジオ関西からの派遣という形でラジオ日本制作の関西での巨人ビジターゲーム中継も担当する(2001年 - 2003年、2005年 - )。コーチとしては、2004年はオリックス、2005年途中から2008年までは社会人野球・ニチダイの投手コーチをそれぞれ務め、2006年にはニチダイを創部初の第77回都市対抗野球大会出場に導いた。

実業家としては、2005年11月より神戸市中央区三宮料理店「まる九」を経営している[2]。店名の由来は、九州産の素材を使っているので「まるごと九州」略して「まる九」[3]。この転身は、コーチ時代に「成功も失敗もすべて自己責任という、白黒ハッキリした世界が好きなんだ」と気付いたことが契機になったという[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1988 阪神 42 17 1 0 0 3 13 0 -- .188 577 138.0 136 19 44 5 7 69 2 1 67 61 3.98 1.30
1989 43 7 0 0 0 5 4 2 -- .556 377 91.1 86 5 27 0 1 54 3 0 39 34 3.35 1.24
1990 37 10 0 0 0 11 12 5 -- .478 488 108.1 127 15 48 5 2 81 5 0 60 59 4.90 1.62
1991 32 28 10 2 1 8 14 1 -- .364 900 212.2 206 24 75 7 5 143 10 1 95 90 3.81 1.32
1992 26 17 7 3 1 8 9 1 -- .471 512 123.2 115 14 34 4 3 102 4 0 45 41 2.98 1.20
1993 オリックス 26 26 17 4 1 17 5 0 -- .773 901 225.0 187 23 62 0 1 209 4 0 68 64 2.56 1.11
1994 27 27 11 2 0 12 11 0 -- .522 818 193.0 175 25 66 1 3 213 10 0 98 91 4.24 1.25
1995 26 25 6 1 0 10 7 0 -- .588 763 184.1 145 21 69 2 4 208 13 0 67 63 3.08 1.16
1996 27 27 7 2 1 8 7 0 -- .533 772 180.1 170 18 70 3 7 144 10 0 70 63 3.14 1.33
1997 24 24 0 0 0 7 5 0 -- .583 642 150.1 143 18 63 1 4 99 5 1 61 55 3.29 1.37
1998 4 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 31 6.1 10 2 3 0 0 2 0 0 5 5 7.11 2.05
1999 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 5 1.0 2 1 0 0 0 1 0 0 2 2 18.00 2.00
通算:12年 316 209 59 14 4 89 87 9 -- .506 6786 1614.1 1502 185 561 28 37 1325 66 3 677 628 3.50 1.28
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録
  • 1試合奪三振:19 (1995年4月21日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦〈千葉マリンスタジアム〉) ※NPB記録
  • 毎回奪三振:1991年7月30日、対読売ジャイアンツ戦(阪神甲子園球場)、12奪三振[注 1]
  • オールスターゲーム出場:1回 (1993年) ※1990年も選出されるも出場辞退[6]

背番号[編集]

  • 1 (1988年 - 1990年)
  • 18 (1991年 - 1992年)
  • 21 (1993年 - 2000年)
  • 88 (2004年)

出演番組[編集]

中継番組(いずれも、解説)
中継番組以外

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 9回表に達成時点では全員奪三振も記録していたが、巨人がその裏、守備要員に篠塚利夫を起用し、その直後にチームがサヨナラ勝ちしたため、こちらは達成出来ず。[5]

出典[編集]

  1. ^ 【4月21日】1995年(平7) 泣くな、野田 日本新19奪三振も勝ち星付かず”. スポーツニッポン (2008年4月21日). 2012年5月11日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ ありえへん∞世界、テレビ東京、2012年4月24日放送より
  3. ^ [1]
  4. ^ 縁の下の力持ち 玄人好みの選手たち
  5. ^ 講談社刊、宇佐美徹也著『日本プロ野球記録大鑑』671頁。
  6. ^ ベースボール・マガジン社刊『ベースボール・レコード・ブック1991』1990年12月発売、808頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]