上本孝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上本 孝一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府舞鶴市
生年月日 1963年4月29日
没年月日 (2006-05-05) 2006年5月5日(43歳没)
身長
体重
179 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1981年 ドラフト5位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

上本 孝一(うえもと こういち、1963年4月29日 - 2006年5月5日)は、京都府舞鶴市出身のプロ野球選手(捕手)、プロ野球審判員。審判員袖番号は31988年初採用から2006年死去まで。上本の死去後、審判員袖番号3は一時欠番となっていた)。

来歴・人物[編集]

西舞鶴高校を経て、1981年のドラフト5位で広島東洋カープに入団。達川光男の存在で出場機会に恵まれず1984年現役引退し、1985年からセ・リーグ審判員となる。同じセリーグ審判の橘高淳とは同期入局である。生涯通算試合出場数は1412試合、オールスターゲーム2回出場(1993年と2001年。2001年の第1戦で球審)。東京審判部の中堅であったが日本シリーズの出場はなかった。

1995年4月15日巨人VS阪神戦で巨人の落合博満が2000本安打を記録した試合と1996年8月11日の巨人VS中日戦で中日の野口茂樹ノーヒットノーランを記録した試合でそれぞれ球審を務めていた。

また、東京審判部所属でありながら愛知以西、関西審判部のエリアで行われるゲームでジャッジを務める事が多く「関西審判部所属」と勘違いされるほどであった。球審時は佐々木昌信と同じ黄色マスクを使っていたが、上本のマスクはスロートガード装着型だった。

2002年8月23日の巨人戦で阪神監督・星野仙一とコーチ・田淵幸一に生涯唯一の退場処分を下した審判でもあった。

在職中の2006年5月5日11時40分、埼玉県朝霞市の自宅で就寝中に心筋梗塞のため急死。43歳没。

亡くなる前日にはデーゲームで行われた公式戦、中日VS横浜ナゴヤドーム)に一塁塁審として出場していた。セ・リーグの審判では1966年1月5日に亡くなった野武貞次以来となる現職での死去であった。翌5月6日にはセ・リーグ公式戦3試合において半旗が掲げられ、試合前に全選手・審判員が黙祷が行われた。上本が付けていた袖番号「3」は一時欠番扱いとなった(2011年の審判員業務統合により失効。現在は袖番号「3」は敷田直人が付けている)。

厳重戒告処分[編集]

2005年9月3日の横浜vs阪神で、横浜の佐伯貴弘のボールカウントを間違えるミスジャッジを行った。

カウント2-3、阪神の安藤優也の投球がボールで四球となり、佐伯は一塁に行こうとしたが上本が呼び止めて打席に戻した。この後佐伯はレフト前にヒットを放ったが、セ・リーグは9月6日に上本へ厳重戒告処分を下した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 63 (1982年 - 1984年)

審判出場記録[編集]

  • 初出場:1987年9月19日、ヤクルト横浜大洋23回戦(神宮球場)、左翼外審。
  • 出場試合数:1412試合
  • オールスター出場:2回
  • 日本シリーズ出場:なし

(記録は2006年シーズン終了時)

関連項目[編集]